フィンランド文化・生活・料理関連記事







  北欧社会福祉国家であるフィンランドでは高い税金を国民に負担させる代わりに様々な社会福祉制度が設けられています。 その中では教育、健康、住宅、交通など様々な分野に…...続きを読む
  日本の年金があとどのくらい持つか誰もわからず、日本の人々が不安を抱えながら国民年金と厚生年金を払い続けるのが現状です。 そのような日本の状況を見ると、フィンラン…...続きを読む
  フィンランド年金センター(Finnish Centre for Pensions/Eläketurvakeskus)では年金に関することを定期的に調査を行っており、「年金気圧計」(Pension Barometer)と呼…...続きを読む
  フィンランドは典型的な北欧高福祉社会国家の一つで、高い税率や国民負担率を背景に様々な公共サービスが充実しています。   例えば、教育費は完全無料、医療一次診…...続きを読む
人口わずか550万人でとても小さい国かつ位置的にも遠いフィンランド。そのためフィンランド語を聞いたことのある、馴染みのある方は少ないのではないでしょうか?どんな言語な…...続きを読む
  フィンランドに旅行に来られるとよく気付くのですが、フィンランドの町で高級ブランド車がよく目にするのです。   タクシーでもMercedes-BenzやBMWなどの高級ブラン…...続きを読む
  北欧高社会福祉国家であるフィンランドでは社会的に比較的に弱い人々に様々な援助や経済補助サービスが用意されています。 それが女性であったり、シングルマザー、シング…...続きを読む
  フィンランド人はどんな性格をしているかは色々なネット情報から知ることができ、ある程度把握することができるでしょう。     今回はフィンランド観光局の記事…...続きを読む
  筆者がふっと思ったのですが、フィンランドには様々な社会福利制度があります。 住宅手当、失業手当、育児手当、大学生の勉学手当、起業補助金など色々あります。   …...続きを読む
  少子高齢化がどんどん進んでいる日本では年金制度の維持や財源の捻出は常に政府にとって大きいな課題になっています。     実にフィンランドでも同じ問題に直面…...続きを読む
  フィンランドに住んでいると気付くのですが、お酒が高いです。 ちなみに、筆者はたまにお酒を楽しむ程度で、毎日飲んでいません(笑)     例えば、ビール。 &n…...続きを読む
  フィンランドは北欧高福祉国家の一つであり、税金や社会保険料の負担が高いというイメージがあります。 前回の記事ではフィンランドの消費税についてご紹介させて頂き、消…...続きを読む
  フィンランドの税金種類はかなり日本の税金種類に似ています。 主に所得税、住民税、消費税が税収の主要財源です。   しかし、北欧高福祉国家であるフィンランドに対…...続きを読む
  2018年のデータに基づいて算出された世界政府汚職・腐敗指数(Corruption Perceptions Index)とランキングが先月に組織「Transparency International 2019」によって…...続きを読む
  フィンランドの国土面積は338,424平方キロメートルです。 日本の国土面積は377,973平方キロメートルです。   フィンランドの国土面積は約日本の9割程…...続きを読む
  もしフィンランドで観光する際、もしくはフィンランドに何か郵送する際に使うフィンランドの住所ですが、実に日本の住所システムと全然違うのです。   今回の記事で…...続きを読む
4都市(ヘルシンキ、タンペレ、オウル、ロヴァニエミ)の各月の一日の日の出、日の入時間と日照時間をまとめました。北にあるロヴァニエミでは白夜が6月頃から1ヶ月ほど続くんです…...続きを読む
車を持つと税金、保険、駐車場やガソリン代など色々な維持費がかかるイメージがあると思います。 日本もそうですが、しかしフィンランドはどうでしょう?   関連する情報も…...続きを読む
フィンランドといえば税金が高いイメージがあるかと思いますが実際のところどうなのか気になりますよね。わかりやすい消費税から様々な税金の国民負担率の国際比較のデータも使っ…...続きを読む
北欧諸国の首都はどこでしょうか?フィンランドの首都の答えはタイトルにありますが、市中心の様子や人口、どこに位置しているのかなど、おすすめの観光プランも合わせてご紹介し…...続きを読む
フィンランドの教育は世界著名です。それは小学校、中学、高等教育のみならず、実に幼児教育にも良いシステムができています。今回はフィンランドにおける用事教育のシステムや子…...続きを読む
筆者が今日フィンエアーに乗っていて機上食に添付された小さなカードを見て気付いた話ですが、「世界初の義務教育学校給食完全無料化」についてです。正式に始まったのは二次大戦…...続きを読む
今回は保育教育の次にフィンランドの子供たちが小学校入学前に受ける「就学前教育(Preschool)」についてご紹介したいと思います。就学前教育はフィンランドでは子供が約6歳に…...続きを読む
フィンランドの教育は世界有名ですが、その中で特に注目を集めているのは「基礎教育」の部分です。フィンランドの基礎教育/小中一貫校の教育をいくつかの角度に分けてみていきま…...続きを読む
日本では雇用保険法に基づき、失業した人への経済的な援助である「失業給付金」はありますが、フィンランドにも同じような失業補助金があります。筆者友人から失業補助金だけで生…...続きを読む
日本で車を運転する際にスピード違反すると一般的に罰金が数万円程度になるでしょう。 しかし、フィンランドでは「誰でも同じ痛みを感じてもらう」ため、罰金は「収入によって変…...続きを読む
生活の中で使用する様々なサービスについて、フィンランドと日本の違いは2つの記事にまとめていますが、今回は生活の中で使う「サービス」ではなく、「住居環境」に関する違いを…...続きを読む
フィンランドでは1960年代から使用されているマイナンバー制度はフィンランドで生活する上では欠かせないです。具体的にどのように利用されているか、セキュリティの面はどうだろ…...続きを読む
フィンランドの生活で何回か面白い瞬間に出会ったので、その時の体験をご紹介させていただきたいと思います!多くのことは日本でなかなか目にすることもないことで是非想像を膨ら…...続きを読む
フィンランドと日本の生活における違い「第二弾」では美容院サービス、ネットショッピングサービス、スーパーやコンビニについてご紹介しております。意外と知らなかった一般的な…...続きを読む
文化の面、社会環境の面、社会保障の面、教育の面などから見ると日本とフィンランドの間には多くの違いが存在していますが、最も一般的な生活の面はどうでしょうか?まずは携帯通…...続きを読む
フィンランドの子育て支援の一角を担うのが補助金と手当で様々な形で存在しているので、産休に入った日から子供が17歳になるまで、何らかの形でフィンランド社会福利局から手当…...続きを読む
教育大国として名高いフィンランド。   学部生、修士学生であれば、学費無料、生活費を国からもらえる、学生寮、学生ランチなど国から多くの補助や支援をもらえます。(私立…...続きを読む
人間の社会生活の基本需要の一つ:「住」。フィンランド政府(社会福利局Kela)は国民に対し、住宅の補助を手厚く行っています。極寒のフィンランドでは冬に住む場所がないと一晩…...続きを読む
フィンランドが赤ちゃんがこれから生まれるもしくは赤ちゃんの養子を持つ親や家庭に提供するベイビーボックスには赤ちゃんが生活する時や赤ちゃんを養育する時に必要最低限のもの…...続きを読む
様々な違いがある日本とフィンランドですが、今回は筆者が感じた「え!?こんなところで違いを感じるの?」という細かい部分をご紹介したいと思います。内容はタイトルにもあるよ…...続きを読む
フィンランドの国旗は青と白の2色で非常にシンプルです。フィンランド語では「Siniristilippu」と言い、青十字の旗」という意味をしています。なぜこの2色なのか、また違う種類…...続きを読む
海外にいくと食事をしたり、飲み物を買ったり、ローカルのスーパーに買い物に行ったりすることである程度物価もわかるでしょう。しかし、気になるのになかなか聞けないのはローカ…...続きを読む
キリスト系宗教国家のフィンランドでは、他の大多数の西洋国家と同じく、クリスマスが一年で最も重要な節日です。人々は出身地に戻り、家族で団らんし、一緒にいる時間を大切にし…...続きを読む
フィンランドと言えば、「森と湖」の国です。 夏には緑いっぱいで冬には真っ白になる世界です。 もしフィンランド人に「フィンランドを楽しむなら何をすべきか」と聞いてみたら、…...続きを読む
え?日本のスーパーは遊園地!? それはどういうこと? 色んなものがあって色んなことができそうだから? もしかしたらなかなか気づかれにくいかもしれませんが、実に日本のスー…...続きを読む
給料があれば、もらう時に所得税が天引きされ、住民税は年度末に(日本は次年度に)支払う仕組みで、その中で年末調整が行われ、自己申告などをするのはフィンランドも同じです。…...続きを読む
給料明細を毎月見ているとよくわかると思いますが、様々な項目によって給料が天引きされていますよね。フィンランドでも日本と同じように天引き項目があるので、その天引き率は果…...続きを読む

  政治の話題は結構敏感で立場も対立しやすいため、通常は避けられるテーマです。   今回はフィンランドの政治をテーマにフィンランドの中央政府と政治について簡単に…...続きを読む
  日本の政治界と正反対のように、フィンランドの政治界には女性、しかも若い女性がどんどん中心的なポジションにつき、フィンランドの政治に大きいな影響力を発揮していま…...続きを読む
  筆者はフィンランドに住んで今年の夏で満5年で6年目に入ります。   キートスショップのツアーガイドの仕事を始めて2年目です。     ツアーをやってフィ…...続きを読む
  日本では考えられないことですが、フィンランドでは当たり前のように効率的に行われているのです。     例えば、引っ越しです。   「住所変更」の手続き、…...続きを読む
  日本で8年間生活し、フィンランドで5年間生活した筆者は、フィンランドと日本の一つ大きいな違いを感じました。特に最近に。     「フィンランド社会は合理性…...続きを読む
  フィンランドに日本文化の浸透は様々な場所で覗くことができます。   一般的にフィンランド人(特に若い人)が日本文化に対して最も興味を持ちやすいのが「漫画、ア…...続きを読む
  フィンランド在住約5年(8月から6年目に突入!)の筆者は多くの人からフィンランドのことを尋ねられたことがあります。 ※5年のうち、2年間はユヴァスキュラ、3年間…...続きを読む
  海外の国には違う文化、違う習慣がたくさん存在しています。 同じくフィンランドの文化や習慣も日本と異なることが多いです。   今回は外国人(日本人も)にとって信…...続きを読む
  フィンランド文化は結構日本文化に似ていると言われます。 参考記事:フィンランドと日本が共通している5つの特徴   しかし、フィンランドはやはり西洋世界であり、…...続きを読む
  海外というと、日本と全然違い世界というイメージが浮かび上がりませんか?   もちろん、南アメリカやアフリカなどの国々になると、文化も慣習も言語も全然違います…...続きを読む
フィンランドはかなり女性にとって優しい国ではないかと思う男性である筆者が見てきて感じてきたことを踏まえて、フィンランドは女性にとって住みやすいのかを「自由なフィンラン…...続きを読む
  地球温暖化問題、エネルギー問題、資源問題など様々な問題が起きている現代の社会ではいかに資源を有効に利用し、無駄をなくし、ごみをリサイクルして再利用するかが大き…...続きを読む
ぜ日本はこんなに残業が多くてフィンランドには少ないのかという質問に対し、多くの角度から考えることができます。今回は「不安」という角度から両国の間での「社会福利制度の充…...続きを読む
  フィンランドでの生活はどのような感じで、どのような雰囲気の中で日々どのように過ごしているのでしょうか。 これは多くの読者が気になるトピックかもしれません。  …...続きを読む
  日本の東京で8年間生活し、フィンランドのユヴァスキュラで2年間、ヘルシンキで2年間生活した筆者にとって日本(東京)の生活とフィンランド(ヘルシンキ)の生活の一…...続きを読む
  もし海外旅行もしくは北米やヨーロッパへの旅行にあまり経験がない方でしたら、もしかしたら現地に行かれた後に気づかれるかもしれません。   「あれ、数字や日付が…...続きを読む
読者の皆様はどのような場所に座って勉強されていましたか?日本とフィンランドにあるお勉強スペースもしくはお仕事スペースは「座り方」に関して違いがとても大きいです。特に「…...続きを読む
みなさんフィンランド「人」のイメージは思いつきますか?「フィンランド人と日本人は似ている」とご紹介したことがありますが、文化も共通点があるのか、全く違うのか気になりま…...続きを読む
日本に住んでいたら、「無」を楽しむことはなかなか想像もつかないでしょう。 「日常の一瞬に立ち留まる」「空気と森で楽しむ」「静かに過ごす」「なにもしない」といったゆっく…...続きを読む
フィンランドと日本での生活で気づいたことですが、実にフィンランド人の心に大きく余裕を持っている理由は社会福利制度以外に、「広い国土」も関係するのではないかと思います。…...続きを読む
時刻は夕方7時。 ヘルシンキの市中心公園エスプラナディ公園(Esplanadi)の北側に数百メートルに渡る長いテーブルとその上に真っ白のテーブルクロスが敷かれています。   …...続きを読む
寒い国、サンタクロースが住んでいる国などフィンランドに対してイメージはあると思いますが、フィンランド人のイメージはどうでしょうか? あまりイメージがわかない方もこの記…...続きを読む
フィンランド人の恋愛事情ってなかなか知るチャンスがないですよね。   フィンランド人ってどのように赤の他人から友達になり、そして恋人になるのでしょうか。   この…...続きを読む
フィンランドで生活していると、たまにすごく違和感を覚えます。   その感覚はどういうことかをずっと言葉にできないまま過ごしていました。     最近なんとなく…...続きを読む
え?何々?何が違うの?   ものは普通に買って使うだけじゃない?     ※友人宅のダイニングテーブル。   正式な統計がないので厳密に正しく言えないが、いく…...続きを読む
フィンランドと日本の残業事情の違いシリーズ記事もここで最終回になります。筆者の個人的意見にはなりますが、「幸せ」の定義また「幸せと収入の関係性」からフィンランドと日本…...続きを読む
日本ではなぜ残業が長いのかフィンランド社会と比べて様々な要素を考えていきたいと思います。「幸せの定義が違う」ことか、「雇用形態が違う」ことか、「社会福利制度が違う」こ…...続きを読む
日本での残業が長い理由について、今回は「雇用形態」の側面からフィンランドと違いを含めて観察していきたいと思います。あくまでも筆者一個人の見解であり、文献や調査による考…...続きを読む
日本とフィンランドの残業事情についてフィンランド人は自分や家族の時間が大事、フィンランドは仕事時間中にきっちり仕事をやるなどが理由として見られます。しかし、本当にそう…...続きを読む

    フィンランドで有名なスポーツと言えばアイスホッケーのイメージが強いかと思いますが、サッカーもとても人気です!   6月19日にヘルシンキのTelia 5Gスタ…...続きを読む
※後ろが工事現場であるグランド(笑)   通常野球でいうと日本にプロリーグやアメリカのメジャーリーグなどの野球を指しますが、実にフィンランドにも野球があります。 &nbs…...続きを読む
  今回筆者がインタビューしたのはフィンランドに住んでいる、日本人の母親とフィンランド人の父親を持つハーフの方です。   近年国間や大陸間の移動がとても便利且つ…...続きを読む
  人の人生の話を聞くと、それは一冊の本を読んでいるような感覚になります。   昭和時代を語る本なのか、世界を跨ぐ冒険を描く本なのか、人生における大きいな決断と…...続きを読む
  年を重ねていくと人生の決断が徐々にしにくくなると感じませんか?   社会に存在しているレールもそうですが、親、兄弟、友人、知り合いからも目線も気になり、未知…...続きを読む
  筆者が今日ご紹介したい方は若齢22歳でありながら、一人で異国のフィンランドで自分の夢を探し求めているある日本人女性のお話です。   彼女のことをCさんと言いま…...続きを読む
  今回ご紹介したいのは筆者がとても尊敬する大先輩の一人のお話です。   彼は40代にして日本でのキャリアーを手放し、フィンランドへの移住を決意し、困難を乗り越…...続きを読む
今回はフィンランド・ヘルシンキ在住11年の日本人女性友人Aさんにお願いし、なぜフィンランド!?なぜここに住む!?などの質問についてインタービューした物をまとめました。…...続きを読む
フィンランド オーロラ
  フィンランドへ1ヶ月出張をしていた仕事仲間が日本へ帰ってきました。 (仕事仲間って相手は社長ですが仲間呼ばわりw)     フィンランドではオーロラと遭遇し…...続きを読む
  現在フィンランドの多くの大学は日本の多くの大学と交換留学協定を結んでおり、日本には多くのフィンランド学生が留学し、フィンランドにも毎年多くの日本人留学生が来て…...続きを読む
  北欧の氷の大地フィンランドではアイスホッケーが国内最も人気の高いスポーツの一つです。 人口わずか550万のフィンランドではプロアイスホッケーチームが15チームも…...続きを読む
  フィンランドへ移住するのは多くの方々の人生の夢かもしれません。   フィンランドへ移住することは決して簡単なことではありません。 もちろん、英語やフィンランド…...続きを読む
  フィンランドは日本よりも少し物価が高い国です。 その一つ大きいな要因は「消費税が高い」です。   そのため、フィンランドへ旅行、留学、移住する際にどのくらい資…...続きを読む
  筆者は2014年に日本からフィンランドに移住し、既に4年間住んでいます。   最初は修士課程留学という形でフィンランドに渡り、在学中に起業し、起業ビザに切り…...続きを読む
フィンランド人の間では「冬はビタミンDを飲む」「ビタミンDを飲むとうつ症状を予防できる」という「うわさ」をよく聞いていますし、スーパーや薬局にはとても巨大なビタミンD陳…...続きを読む
  そういえば、来週の週末に今年のサマータイムが終わります。。。暗闇の冬が再び来てしまいました。。。   最近のビックニュースは、ヨーロッパやフィンランドですで…...続きを読む
まだヘルシンキでキノコ狩りしたことないなと思った矢先に、友人からの誘いがあって先日友人数名と一緒にヘルシンキ近辺の森にキノコ狩りに出かけました。 参考:ヘルシンキ・フ…...続きを読む
日本でも昔実施されたことあるシステムだと思いますが、空き缶とペットボトルをリサイクルするとちょっとお金が返ってくるシステムは今でもフィンランドで実施されています。この…...続きを読む
学生、就労でもないこの留学制度について実際にオペアを通してフィンランドに滞在した女性のインタビュー形式でご紹介している記事の続きです。フィンランド生活でよかったこと、…...続きを読む
「Au Pair」という制度は聞いたことがありますか?学生、就労でもないこの留学制度について実際にオペアを通してフィンランドに滞在した女性のインタビュー形式でご紹介していま…...続きを読む
税金負担が高く、社会福利制度が整っていると思われているフィンランドですが、果たしてフィンランドで生活する人々は医薬品費用の自己負担がどのくらいあるのでしょうか。日本と…...続きを読む
高税率高福祉の北欧国家であるフィンランドに住んでいる人は病院に行くときにどのくらい費用かかるって気になりませんか?お金がかからないところもあれば、意外と安くない部分も…...続きを読む
日本の離婚率が4割に対し、あまり知られていないですがフィンランドの離婚率はなんと6割ととても高いです。なぜこんなに離婚率が高いかには諸説ありますが、今回の記事でフィン…...続きを読む
近年国際結婚のケースが増えていますが、フィンランドでもフィンランド人と日本人のカップルも継続的に増えています。そこで結婚となるとするとどのような手続きが必要なのか、簡…...続きを読む
SUOMI PERKELEより内容を掲載しています。今回はフィンランドで就職するための移住者向けの情報として筆者の経験と合わせて、移住者の基本的な就職までの流れの説明しています。…...続きを読む
物質的な欲求があまり重視されず、「シンプルに楽しく生活する」ことが人々に求められています。そのようなバリューが北欧デザイン・フィンランドデザインの製品に表現されていま…...続きを読む
フィンランドで欠かせないアウトドアアクティビティ、バーベキューの様子をお届けしています。夏は日が長いので、夜までバーベキューができちゃうんです。レンタル庭という場所か…...続きを読む
台湾人の先輩友人のお誘いで今日は彼女と彼女のご主人の船を訪ねました。船が停泊している場所はなんとこ前回訪ねた海浜公園の近くの島ではないか、そして陸地から超近い島にも行…...続きを読む
フィンランドの冬は寒い!と言いますが、実際どのくらい寒いのかなかなか想像つかないですよね。「気温」と「光と暗闇」という点からフィンランドの冬は独特なんですが、その理由…...続きを読む
湖が多いフィンランドで人気のアクティビティ「釣り」のご紹介です。ヘルシンキ市中心から徒歩30分のRuoholahti地域の北側海岸での釣りの様子を写真とともにお届けしています。…...続きを読む
郵便物はぺら紙一枚であろうか、巨大段ボール箱であろうか、25キロほども重いものであろうか、すべて家の玄関まで届けてくれます。しかしフィンランドの郵便物は、「手紙サイズ…...続きを読む
北欧やフィンランドと聞くと税金が高いイメージがありますよね。そのため物価水準も高いだろうと思われるかもしれません。そこで!!今日は実際にスーパーで買った基本的な食料品…...続きを読む
皆様、こんにちは!   キートスショップ店長のケンです。 キートスショップを始めてまだ10ヶ月ですが、フィンランドに来てからは既に3年間が経ちました。   なかな…...続きを読む
フィンランドの冬は夜が長くと言われています。そんな冬にフィンランドで生活する上での影響や注意点、それらを乗り越えるための工夫について実体験を元にお話しています。また暗…...続きを読む
フィンランドのヘルシンキは5月に入ってから晴れた日が続き、最高気温も20~28度くらいに上がり、いるだけで幸せと言えるほど気持ちのいい夏になってきました。   そん…...続きを読む
フィンランドの美容院を少なくとも一度経験してみたいということで、家の近くのショッピングモールにある小さい美容室に行ってきた初めての美容院体験談からヘルシンキの格安学生…...続きを読む
今回はフィンランドで映画を見たいときのオススメの映画館情報をSUOMI PERKELE筆者がお伝えいたします!映画の上映の待ち時間は退屈するかと思いますがフィンランドではむしろ楽…...続きを読む
1週間ほどインフルエンザにかかっていたSUOMI PERKELEの筆者。日本で体調を崩すと仕事の合間を縫って病院へGO!!ですが、噂には聞いていましたがフィンランドはなかなか病院に行き…...続きを読む
『ハグする』事は異性、同性問わずめっちゃいいやん!と最近感じているSUOMI PERKELEの筆者。フィンランドに移住して一年近く経ちますが、最初にどうしても慣れる事が出来なかっ…...続きを読む
SUOMI PERKELEの筆者が日本での恐怖体験を交えて『フィンランドがいかに素晴らしい国か!!』ということを、全力で皆様にお伝えしています。一言でいうと虫が、そしてある特定の…...続きを読む
こそまだ本格的には積もってませんが、11月の29日現在、気温は0℃あたりをさまよってます。そんな中怖い体験をしたSUOMI PERKELEの筆者。冬の間、暗いフィンランドでは気をつける…...続きを読む

  サウナは様々な面において健康に良いというふうに言われています。   サウナの本場フィンランドでは「もしサウナ、アルコールとタル(樹脂の一種)が役に立たないな…...続きを読む
  サウナ入浴はフィンランドの伝統文化の重要な一部で、現在でもフィンランド家庭の中で日常的に行われています。 あまりサウナに入らない人は週に1回や2週間に1回ほどで…...続きを読む
※フィンランドの隠れ公衆サウナ:Tykkimäen Sauna(Kouvola)   サウナに頻繁に且つ定期的にサウナに入浴することは心血管病気の予防に効果があると様々な研究報告で確認さ…...続きを読む
※フィンランド最も歴史的に重要なサウナ:タンミニエミサウナ(Tamminiemi Sauna)ウルホケッコネン博物館(Urho Kekkonen Museum)   定期的に且つ頻繁的にフィンランド式…...続きを読む
  フィンランド式サウナに頻繁に且つ定期的に入浴すると体がより健康的になります。     特に心臓や全身血管系の疾患に罹る確率が大幅に減少します。   例え…...続きを読む
  フィンランド式サウナに定期的に入浴することは体に様々なメリットをもたらすことが既に科学的に証明されています。 例えば、風邪を引きにくくなったり、抗酸化効果が高ま…...続きを読む
  日本の温泉やお風呂のように、フィンランドのサウナはフィンランド人の生活の中に深く根付く文化や慣習で、多くのフィンランド人は毎月、毎週、もしくは毎日のようにサウ…...続きを読む
  別の記事「フィンランド式サウナによく入ると心血管疾患の発生率を下げられる?」にてサウナによく入ることと心血管疾患の発生率の関係性が調査されました。 しかし、この…...続きを読む
  日本のサウナと違い、フィンランド式サウナは一般的に高温です。 低いときは80~90度で、高いときは100度や110度に達することもあります。   そのため、サ…...続きを読む
  フィンランド式サウナに定期的にかつ頻繁的に入浴することは心血管を強くし、心血管疾患にかかる確率が大きく下がることが近年に発表された研究報告で明らかになりました…...続きを読む
  サウナと心血管疾患の発生率に関する研究は既に2015年に発表されていました。 その研究は2000名以上の対象者が含まれ、フォローアップの期間も20年間と長かった…...続きを読む
  テレビでもよく見かけますが、フィンランド式サウナに入り、体が熱々になった状態で凍った湖に開けられた穴に飛び込む「寒中水泳」というアクティブティです。   &nb…...続きを読む
  なかなか想像のつかないことですが、実にサウナはアンチエイジングに関係があるのです!   それは運動直後のサウナ入浴に意味があります。     ポーランド…...続きを読む
ご存知の方もいるかも?しれませんが「サウナ」は実はフィンランド語なんですね。フィンランドでは日本のお風呂みたいに、自宅にサウナのある家庭も結構あるそうです。フィンラン…...続きを読む
  サウナによく入ると痩せるの? その答えは明確です。 痩せません!   それはなぜでしょうか?   サウナに定期的に入ると、長期的に痩せる体質を作れるでしょう…...続きを読む
    サウナ未経験の方にとってなかなか難しいですが、サウナの温度って何度くらいなのか、サウナに入るときは何分くらいサウナの中にいるべきか、わからないですよね。…...続きを読む
  サウナに入ることでストレスの軽減に役立つとよく言われています。 しかし、関連する科学研究や臨床研究は皆無です。   つまり、サウナによく入ることで本当にストレ…...続きを読む
  サウナによく入ると痩せるとか、肌にいいとか、健康にいいとか様々なうわさがあると思います。 しかし、その多くは研究データに基づかず、正しくないことが多いです。 &nb…...続きを読む
  ネットで調べると、サウナは美肌、美容効果があると言われることが多いです。 その多くは間違っています!   最新の研究報告によると、サウナは「心血管に良い」「血…...続きを読む
※ヘルシンキのサウナ文化を忠実に再現した公衆サウナ:Sompasauna   サウナに定期的に入浴することで様々な健康効果が期待されています。   その中の一つは「高血圧の…...続きを読む
  サウナは現在世界中に広がり、日本でも様々な様式に進化、発展しています。   しかし、サウナの本場フィンランドでは、サウナにはどんな種類があってどのように違う…...続きを読む
  日本では温泉に入ることがレジャー活動の一大イベントでしょう。 温泉旅行したり、様々な泉質の温泉に入ったり、真っ白の雪に囲まれて温泉に入ったりするのが楽しみでしょ…...続きを読む
  10月末に向け、フィンランドの気温も徐々に下がってきました。 夏の気分はもう8月末に終わり、9月から気温が20度を切り、10月から気温が10度を切り、10月末現…...続きを読む
地下鉄Kalasatama駅から徒歩約20分のところにありヘルシンキで人気爆発中のソンパサウナをご紹介!ソンパサウナは最低限の設備しかないですが、誰でも使うことができ、1セント…...続きを読む
ヘルシンキのサウナ文化を忠実に再現した公衆サウナ:Sompasaunaで紹介しましたが、今回はヘルシンキの都市発展及びサウナ文化の変化について少し筆者の考えを共有させて頂きたい…...続きを読む
リラックス効果があり、血の巡りが良くなるといったサウナに良いイメージを持っている方は多いかと思います。もちろん健康に与える良い影響もありますが、サウナを使用する上で注…...続きを読む
フィンランドではサウナに関することわざがたくさんあり、フィンランド人にとってのサウナには特別な意味があります。今回の記事で「フィンランド人が思うサウナ」と「筆者の実体…...続きを読む
フィンランド文化といえばサウナですが、高温の場所に入るのにためらいのある方、どのような文化かよくわからない方に向けて10つのヒントをご紹介しています。この記事を通してフ…...続きを読む
フィンランド文化にかかせないサウナ。今回は3種類のサウナとその特徴、またあるフィンランド人女性のお気に入りのサウナやフィンランドサウナ協会の方の話とともに紹介しています。
フィンランドのサウナについて英国放送協会BBCの記事に基づいて紹介しています。サウナの昔の驚くべき使われ方からサウナがなぜ神聖たる場所かなど様々な角度で紹介しているので…...続きを読む
マイナス20度の極寒のフィンランドでの楽しみといえばサウナです。フィンランドのサウナ事情について、SUOMI PERKELEの筆者が語っております。フィンランド人のサウナの楽しみ…...続きを読む
フィンランドといえばサウナじゃないでしょうか?フィンランドに移住してからサウナにはまっている、ブログSUOMI PERKELEの筆者が自宅のサウナを使用する様子を細かくレポートし…...続きを読む
フィンランド文化といえば、サウナを忘れてはいけません。 (実に「Sauna」はフィンランド語の中で唯一英語になった言葉ですよ)   フィンランド人がサウナを楽しむ仕方はた…...続きを読む
フィンランドでは、国会議事堂にもあるというほど愛されているサウナ。 日本にとっての銭湯のように、フィンランドでは公衆サウナがあるのだそうです。 フィンランド式サウナ:ロ…...続きを読む

  フィンランドもしくはヘルシンキに旅に来るとよく気付かれるのですが。。。「あれ?喫煙者多いな。。。」   その理由の一つは、フィンランドで「歩きたばこ」自体が…...続きを読む
  フィンランド料理までとは言えないものですが、伝統的で面白い食感がする「Leipäjuusto」(レイパユースト)というチーズを食べたことありますか?     「Leipä…...続きを読む
  我々が日常で使っている電力を発電するにどれくらい地球温暖化ガスを排出しているか、どのくらい再生エネルギーが占めているかはご存知でしょうか。     日本の…...続きを読む
※Glutenアレルギーの方は小麦製品すべて食べれません。   日本には花粉症など様々なアレルギーが存在していますが、食べ物や飲み物に関するアレルギーはかなり少ないです。 …...続きを読む
食文化の発展が遅かったため、世界著名な料理も若干欠けていますが、筆者としてすごくお薦めしたいのは「ブルーベリーパイ」です。ブルーベリーは毎年7~8月にフィンランドほぼ…...続きを読む
  フィンランドは気候厳寒でほうれん草や小松菜などの野菜は作れませんが、牧畜業は非常に発達しています。 (ニンジンやジャガイモなどの根菜類でしたらフィンランド国内で…...続きを読む
  「世界一番まずい飴」というものを聞いたことありませんか? 実にフィンランドにはそのようなものが存在しており、フィンランドのことを多少知っている方は必ず知っている…...続きを読む
  「オーツ麦」(OATS)は聞いたことありますか?   日本ではなじみのない「オーツ麦」ですが、フィンランドではひそやかに流行っています。       &nb…...続きを読む
  社会制度がとても進んでいるフィンランドでは通常の婚姻制度以外に、事実婚も同性婚も合法的に認められています。     このような社会や制度背景があるからこそ…...続きを読む
  今日はフィンランドのなかなか知られない一面:「自殺と自殺率」からフィンランドを知りたいと思います。     ご存知の通り、フィンランドは北欧高福祉国家の一…...続きを読む
  日本の北海道にもある、見た目がとてもきれいで上品な白樺(Silver Birch)ですが、森の国フィンランドでは森の中で一つ重要な樹種です。     白樺はフィンラン…...続きを読む
  日本で起きている「少子高齢化」はもはやニュースではなくなってきています。   少子高齢化によって浮上する問題は、国にとって税金収入の減少と社会福祉、年金シス…...続きを読む
  今回はもう少しフィンランドの宗教分野に踏み込んでみたいと思います。 宗教に関して少し敏感に感じる方もいるかもしれませんが、あくまでもフィンランドの社会における宗…...続きを読む
  フィンランドはヨーロッパ国家として、長い歴史からキリスト教からの影響を強く受けています。   現在フィンランドの国教として定められているのは二つの教会です。 …...続きを読む
※スーパーで120円程度で購入できるタルトの生地。   寒い土地で食材が少ないせいか(そもそもおいしく食べるよりは生き残るために食べるほうが重要なんで)、フィンラン…...続きを読む
  クリスマスは終わりましたが、ジンジャークッキーを作るのはフィンランドのクリスマスの伝統的な慣習の一つです。   筆者も今回のクリスマス前にフィンランド人の友…...続きを読む
  フィンランドは大自然、教育、幸福度もしくは北欧デザインなどで世界著名であり、旅行者にとってフィンランドを色々な側面から見るのは楽しいでしょう。   しかし、…...続きを読む
フィンランドのシナモンロールが世界一おいしい!という情報を得て、シナモンロールについて調べてみました。ちなみにフィンランドではコルヴァプースティ(Korvapuusti)と呼ばれ…...続きを読む
フィンランド語ではKORVAPUUSTI(コルヴァプースティ)と呼ばれているシナモンロール。今回はフィンランド流のレシピを使って、シナモンロールの作り方をご紹介したいと思います…...続きを読む
今ではフィンランド人がサウナで飲んだり、ピックニックで飲んだりし、様々な場でロングドリンクを楽しんでいますが、この「ロングドリンク」とはどういう飲み物かご紹介していま…...続きを読む
意外と?知らないフィンランドの美味しいものを10こご紹介します。またフィンランドでは欠かせないある食べ物を追加であるんです。聞いたことのある食べ物から、ある意味身近にあ…...続きを読む
フィンランドでよくみるお魚の1つ「モトコクチマス」を使った、フィンランドのフィッシュアンドチップスのレシピをご紹介します。作り方だけでなく、ヘルシンキのどこで食べれる…...続きを読む
フィンランドのオーツ食品について、既に2品をご紹介させて頂きました。 フィンランドのオーツチップス? フィンランド食品探検記 奇妙なフィンランドデザートOATTISを食べてみ…...続きを読む
北欧キッチン雑貨 フィンランドのケーキサーバー
フィンランド生まれのユニークなケーキサーバーをご紹介!美しいフォルムでケーキサーバーとは思えない見た目。ナイフの機能もあり、ケーキをカットしながらお皿に盛りつけできま…...続きを読む
トナカイ料理
みなさま、トナカイを食べたことはありますか?   トナカイって、あのトナカイですよ。 サンタクロースのソリを引くクリクリお目々のトナカイさんです。   トナカイ料…...続きを読む
フィンランド最近虫で作られたお菓子が発売されました。今回人生で初めて試すのはコオロギのチョコレートバー。味はなんとナッツとチョコ、イチゴとヨーグルト、オレンジとカカオ…...続きを読む
ある日、筆者はフィンランドのスーパーで怪しげなものを発見!怪しげな黒いパンケーキ。。。名前はVeriokukainenでそのまま血のパンケーキの意味です。血というとイメージはあま…...続きを読む
フィンランド食品探検記」シリーズはその「謎」のような食材や食料品を試食し、味をレポートし、謎を解明していく記事シリーズです。今回は「オーツチップス」のご紹介です。自分…...続きを読む
今回ご紹介したいのはフィンランドでごく一般的なお菓子で、多くのフィンランド人が好んで食べる「リコリス」お菓子です。サルミアッキという世界一番まずい飴と呼ばれるフィンラ…...続きを読む
フィンランドの最も代表的な食品として選ばれるほど、フィンランドには欠かせない「ライ麦パン」。何だこの硬くてすっぱくてあまり味のしない黒いパン!」と思う方もいるかもしれ…...続きを読む
フィンランドにある「よくわからない食べ物」を食べてみて、フィンランドの謎的な食べ物を解明し、その実態をご紹介していきます。(フィンランドの謎的な食べ物というより、筆者…...続きを読む
クレフトシ―ヴァ ザリガニパーティー!
  スウェーデン人と結婚した友達の話によると、スウェーデンでは大晦日にロブスターを食べる方が多いそうです。   ちなみに、友達はスウェーデン在住。     …...続きを読む
フィンランドで人気の「オーツ食品」、ムーミンの小説を読んだことがある方にはわかると思いますが、ムーミンたちもよくオートミールを食べるのです。今回筆者がスーパーで見つけ…...続きを読む
フィンランドのサーモンスープ(Lohikeitto、ロヒケイット)!平凡な見た目を完全に裏切った驚異的な旨さ!材料さえ揃えればあとは切って煮込むだけと、とても簡単に作れちゃいます…...続きを読む
日本は大晦日におそばを食べますが、フィンランドでは何を食べると思いますか? また食べ物に関連して少し前に友人がフィンランドへ行ってまして、向こうで食べた料理写真をドサ…...続きを読む
フィンランドのスープ&パン
フィンランド在住の友人が帰国していまして会ってきました!「フィンランドでおいしいものは?!」という質問をしたところ意外な答えが返ってきました。それは、なんと「新じゃが…...続きを読む

  フィンランドに移住するにはいくつかの方法があります。   フィンランド人と結婚したり、フィンランドで仕事探したり、日本の会社経由でフィンランドへ転勤したり、…...続きを読む
  近年フィンランド教育は世界で名高く、毎年海外から多くの教育関係者がフィンランドの学校、教育現場を視察に来られます。 日本からも多くの方々が毎年フィンランドの学校…...続きを読む
  学位を目指す人、短期交換留学を目的とする人など、毎年多くの外国人留学生がフィンランドにやって来て勉強しています。   EU内の学生であればビザ(在留許可、在留…...続きを読む
  ※本記事は「アールエスコンポーネンツ株式会社」とのタイアップ記事です。   2020年日本でも小学校でのプログラミング教育が必修化されることが決まり、「AI教育…...続きを読む
  フィンランドに移住したい方が考える選択肢の一つは「まずフィンランドに留学してみる」ということがあるでしょう。   筆者自身も最初にフィンランドに来る方法とし…...続きを読む
  大学院の修士課程や博士課程を海外で留学すると思う人も少なくない中で、留学先を選ぶ際にやはり基本的に英語圏の国々が主要対象国になるでしょう。 例えば、アメリカ、イ…...続きを読む
  フィンランドの教育のクォリティーが高いことは世界有名です。   フィンランドの教育が一体他の国の教育とどう違うかという部分に関しても世界各国の教育者が遥々フ…...続きを読む
  2000年前後以来、様々な評価結果で高い結果を残しただけではなく、独特な特徴を持つフィンランドの教育は世界で名高く、日本でもよく耳にします。     しか…...続きを読む
    フィンランドへの留学を考えていますでしょうか?   筆者はフィンランドの大学でビジネス系の修士課程及びコンピューターサイエンス系の学士課程を経験したこ…...続きを読む
  フィンランドの大学に入ったことがある筆者にとって数々のシーンで驚かさせられています。   フィンランドの教育はとてもフレキシブルで形式にこだわらないのが特徴…...続きを読む
フィンランドの教育は世界有名で、学生のパフォーマンスが高い割に塾がなく、宿題も少なく、学生にストレスが少ないことが一時話題になっていました。果たしてなぜそれができるの…...続きを読む
  今までフィンランドと日本の教育を比較する多くの記事も新聞、雑誌やネット記事の形で存在していると思いますが、実際にフィンランドの大学教育を受けたことがあり、フィ…...続きを読む
さて、前回は交換留学したときの話を中心にフィンランドでの大学生活についてお話しました。 参考:フィンランドの大学教育はどんな感じ?(1)驚くほどの高い自由度! 参考:フ…...続きを読む
日本ではバイトやサークルなどがありますが、フィンランドの大学生や大学院生は授業以外に何をやっているかは気になりませんか?今回はフィンランドの大学院生活で勉強すること以…...続きを読む
フィンランドの大学について学習面の次は、留学生活は楽しいのかどうか紹介しています。夏に行われるサマースクールについて、友達作りについて、またフィンランドで1年過ごして…...続きを読む
フィンランドでの大学生活についてちょっとした説明から、感じたこと、体験したことなどを実体験を基にご紹介しています。まずは学習面においてフィンランドと日本の学期制度の違…...続きを読む
フィンランドはその教育と福祉社会が有名ということは言うまでもないでしょう。しかし、フィンランドの高等教育現場の色々な状況がほとんど知られていないのも事実です。留年する…...続きを読む
日本人スタッフのYです。こんにちは。   多くのフィンランド人が英語ペラペラという話を聞いたことがありますか?     あまりにも英語を使う人が多いのでフィンラ…...続きを読む
フィンランド 教育
国により教育事情は大きく異なります。日本では塾に通う子供たちがたくさんいますが、フィンランドではどうでしょうか?その違いについて、納得の理由とともに説明しています。そ…...続きを読む
こういう情報はほとんど知られていないかもしれません。   フィンランドの大学生は本当に幸せです(筆者から見ると)   何と大学生、修士の院生は学食で一食わずか34…...続きを読む
フィンランドと言えば、教育が世界著名です。英語がかなり通じること、比較的に安全な社会環境、先進的な社会などの理由からも多くの人々はフィンランドを留学先に選んでいます。…...続きを読む
フィンランドの教育は学生のストレスが少ないことで有名です。   塾も予備校もなく、宿題も少なく、試験やテストも少ないなどはよく聞きます。   では、大学に入るとき…...続きを読む
スウェーデン風景
私、今さっき知ったのですが、   東海大学の文学部に北欧学科があるのですね。     これはかなり異色!北欧史や北欧の語学を学べる大学はありますが、一学科とし…...続きを読む
フィンランド おすすめの本
今回はフィンランドに関する本をご紹介します。 フィンランド旅行・留学をされる方に是非読んでいただきたい一冊。 フィンランドのことを事前に知っておくと、現地へ行った時に親…...続きを読む

  フィンランドのブルーベリー(ビルベリー)には強い抗酸化効果があり、様々な病気の予防につながると期待されています。   この部分は前回の記事でご紹介させて頂き…...続きを読む
  ベリー類、もしくはブルーベリーは「健康に良さそう」という感覚を持つ方が多いと思います。 しかし、具体的にどのように体に良いのかを知る方はそれほど多くないかもしれ…...続きを読む
※北米品種のブルーベリーです(High bush, low bush blueberry)   ブルーベリーを含む様々なベリーは体に良く、健康を保つ効果があるとよく言われます。   しかし、そ…...続きを読む
  我々がスーパーでよく見かけるブルーベリーは実にフィンランドのブルーベリーと違うのです!   「え?違うの?同じブルーベリーなのに?」   そうです。 スーパ…...続きを読む
  フィンランドは北欧小国ですが、実に環境に対する意識はとても高いです。 それは日常生活の中だけではなく、観光各所にも半永久的に持続運営が可能なスタイルが応用、実用…...続きを読む
クリスマスに次ぐフィンランド最も重要な節日である夏至祭(ユハンヌス)。人々の夏至祭の過ごし方や祝い方、また様々なイベントについて紹介しておりあます。また花を集める習慣も…...続きを読む
  2019年4月4日にフィンランド社会福利局KELAからベーシックインカムに関する研究結果の第2弾が発表されました。     今回はベーシックインカムをもらった…...続きを読む
  フィンランドには一年の中に多くの祝日がありますが、5月1日の「ヴァップ」(Vappu)は間違いなく重要性が最も高い祝日の一つです。   他の重要な祝日と言えば夏至…...続きを読む
  「ベリー」を聞くとなんとなく体に良さそうなイメージはありますよね。 しかし、具体的にどのように体にいいのか今一つ分からないですし、日本でベリーを買うと結構いい値…...続きを読む
    日本の社会福祉制度は世界から見るとかなり高い水準と内容を有していると筆者は思いますね。 特に自己負担額が少ない医療サービスは世界各国からも多くの視察者や…...続きを読む
  フィンランドにある都市伝説や驚く事実はまだまだあります!   宜しければ前回の記事も是非ご参考ください。 参考記事:フィンランドの国土面積は毎年7平方キロも増…...続きを読む
  世界各地には様々な信じがたい都市伝説が存在していたりします。 その中で一部がただの伝説ですが、一部が知られざる驚きの事実なのです。 フィンランドにもこのような様…...続きを読む
  日本にも世界にも様々な都市伝説が存在しています。 その中の多くは真実ではないかもしれませんが、聞くだけで面白いです♪     また、知られざる驚く真実もたく…...続きを読む
  2018年の世界幸福度ランキングではフィンランドが堂々の第一位に輝いています。   その理由について、下記の記事でもご紹介させて頂きました。 参考記事:北欧・…...続きを読む
最近よく耳にする世界幸福度ランキング、最新ランキングの2018年ではフィンランドは1位!この記事では2017年の結果を受けて、筆者が日本(東京)に8年間とフィンランド(ユヴァ…...続きを読む
  フィンランド人は一般的に無口で口数が少ないというイメージがありますが、今回はあるイギリスの記者の視点からフィンランド人は本当に無口なのか、それはなぜなのかなど…...続きを読む
  フィンランドが2019年2月8日に試験的に導入したベーシックインカムの試験結果を発表しました! まだ一部の分析しか終わっていないですが、どのような結果が出たかが…...続きを読む
  4月に控えるフィンランド選挙に向け、フィンランドの国務長官たちは連名で次期政府にフィンランドの未来とチャレンジに関連するレポートを発表しました。     …...続きを読む
  「北欧」という言い方や認識は日本でかなり浸透しているが、「スカンジナビア」という名前はあまり知られていないように感じます。     地理上、北欧には「スカ…...続きを読む
  今年はフィンランド独立100周年です。そのため、フィンランド内にも様々なイベントが開催されます。   その中でフィンランド観光局が本日フィンランド独立100…...続きを読む
※ヘルシンキ市内にある発電所。   地球温暖化問題はもう遠い未来の話ではなくなってきています。 いかに地球温暖化ガスである二酸化炭素の排出量を減らすかを世界各国で大幅…...続きを読む
二つの歴史が長い大国であるスウェーデンとロシアの間に挟まれる小国のフィンランド。二つの大国に統治された長い歴史背景がある中で、フィンランドはどのように自分の言語を維持…...続きを読む
2017年12月6日に独立100周年を迎えたフィンランド。その歴史について4つの時代「先史時代(12世紀まで)、スウェーデン時代(12~19世紀)、ロシア時代(19~20世紀)…...続きを読む
  フィンランド在住歴4年の筆者ですが、様々なフィンランド女性と知り合うチャンスがあり、筆者(男性)の角度からフィンランド女性の性格及び特徴を紹介してみたいと思い…...続きを読む
※ヘルシンキ市内にある発電所。   北欧は世界で最も環境が良いエリアの一つと言われています。 フィンランドもその例外ではありません。   どこまでも続く森、世界トッ…...続きを読む
ヨーロッパのことを少し知っている方もしくはヨーロッパに行かれたことのある方は恐らくシェンゲン協定もしくはEU、ユーロなどをご存知でしょう。 偶にEEAやEFTAというものも聞く…...続きを読む
実はフィンランドは一人当たりのコーヒー消費量がなんと世界一位です!フィンランド文化に深く根付いているのコーヒー事情とコーヒー文化をご紹介していきたいと思います。またヘ…...続きを読む
気候厳寒のフィンランドにある動物はとても種類豊富とはあまり言えませんが、いくつか日本ではなかなか見れない種類の動物がいます。大型哺乳類から小さくてかわいい動物、「ユー…...続きを読む
ユーロ
最低限所得保障のひとつであるユニバーサル・ベーシックインカムの取り組みがフィンランドで新たに開始されました。生活に必要とされる最低限のお金を国から支給しますよ!といっ…...続きを読む
日本の国土面積の約9割という広さを持つフィンランドにはなんと18万個以上の湖があります。そして、フィンランドの国土面積の10%が水域なのです!フィンランドのバルト海沿…...続きを読む
タイトルを見て「???」となる方もいるかもしれませんが、フィンランドに来られたことのある方でしたらすぐに気づくであろう、岩だらけのフィンランド!少し気になって調べてみ…...続きを読む
北欧とはどこの国のことかご存じですか?疑問に思っていたので調べてみると広範囲なものから狭い範囲のものまでいろいろな定義があることが判明しました。すこし複雑なところもあ…...続きを読む
いやぁ、北欧の英語力に脱帽!2016年英語能力ランキングのニュースを読んで、私一人で感心していましたのでその結果と乾燥をお届けしたいと思います。以前はバックパッカーでアジ…...続きを読む
フィンランドにも多くの祝日(国の定休日)があります。それぞれの祝日はどのような意味があるか、フィンランド人はどのようにお祝いするかを8つの祝日に通じてフィンランドの様…...続きを読む
それぞれの国は自国のイメージに近く、自国を代表する動物、植物などがあります。フィンランドのイメージはどうでしょうか?実に自然環境からフィンランドを代表するシンボルが7…...続きを読む
フィンランド人の性格を総じて言えば、「恥ずかしがり屋」で「無口」の人が多いと感じます。しかし、フィンランド人の中で、男性と女性の性格はまたはっきりした異なる傾向がある…...続きを読む
なぜ日本から8000キロも離れたフィンランドに住んでいる女子大学生が日本を好きになったでしょうか。   話のはじめは筆者と彼女がヘルシンキ大学での出会いでした。 &nb…...続きを読む
昨日国連より発表された「世界幸福ランキング」では、フィンランドが前回の第5位から一気に1位に躍進し、世界で最も幸せな国となりました。   その理由を考察する下記の記…...続きを読む
フィンランド近代から現代まで様々な分野で世界有名な方々を輩出しています。 今回はフィンランド各分野の有名人を4名リストアップし、簡単な説明を加えてご紹介します。  …...続きを読む
もうすぐ西洋の世界は4月1日にイースターを迎えます。 イースター(復活祭)を言うとどのようなイメージが浮かぶでしょうか。   キリスト教のイベント?卵の色塗り?エッ…...続きを読む
海外旅行や、海外の方にお土産を選ぶ時、とても迷いますよね?国はもちろん地域や気候、食文化など、考え出したらキリがありません。SUOMI PERKELEの筆者がフィンランドに一年住…...続きを読む
フィンランド独立100周年を記念し、フィンランド銀行は100周年記念2ユーロコインを発行しました。デザインはすごく特別で綺麗です!5月15日に製造開始、2017年6月…...続きを読む


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら