【フィンランドのニュース】フィンランド初、男性国会議員が長期育児休暇取得を取得

公開日:2023年1月10日  関連分類: 

写真引用:https://www.helsinkitimes.fi/finland/finland-news/politics/22675-stt-kaikkonen-to-make-history-by-taking-long-paternity-leave.html

 

2022年12月13日、クリスマスを目前にヘルシンキで開かれた、国防情報諮問委員会 (MTS) による外交・安全保障政策セミナー。

 

なんだか難しそうな漢字がずらりですが、メインのトピックはというと、、、

 

出席した国防大臣Antti Kaikkonen(アンッティ カイッコネン)が、フィンランドでは初となる、「父親の長期育児休暇」を取得すると発表しました。

 

その期間は、2023年1月5日〜2月28日までの2ヶ月弱。つい先日から今まさに育児休暇中のAnttiさん。

 

福祉の国、幸せの国フィンランド。しかしながらまだ、法律では国会議員の長期育児休暇取得が認められていないフィンランド。

 

その法律を変えようと、今1人の父親国会議員が立ち上がりました。

 

この経緯と内容をみていきましょう。

 

 

 

 

フィンランド国会議員の長期育児休暇取得の実態

 

当事者の国防大臣Antti Kaikkonen(アンッティ カイッコネン)には、2歳の息子と、生まれてから6ヶ月目の息子がいます。

 

上でも述べた通り、フィンランドの国内法では国会議や閣僚の育児休暇は認められていません。

 

そのため、今回のAntti Kaikkonen(アンッティ カイッコネン)の長期育児休暇取得は、一度退職する扱いになります。

 

しかしながら、「私にとって大臣の職務はとても大切であるが、それと同時に、家族を一番に行動できなくてはならない。また、そうしたいという私の意思です。」

 

また、国防大臣という仕事は、実に長い労働時間と多くの出張を要します。そのため、「子供というのは本当に成長が早い。その一瞬一瞬を写真の中だけでなくこの目で見て、できるだけ覚えていられるようにしたい。」と述べました。

 

彼の育児休暇中は、Mikko Savolaが防衛大臣として一人二役をこなすとのこと。

 

そして、国会議員の財務大臣 Annika Saarikko(アンニッカ サアリッコ)もニュースに対して、「政治は日々進行するしその進行役には替えが効くが、彼の子供達にとって父親は彼だけなのです。」と、Anttiさんの考えを支持しています。

 

また、フィンランド政府のツイッターも彼らの決定を支持するツイートをしています。(参考:https://twitter.com/valtioneuvosto/status/1610992884005720064

 

彼と政府の挑戦により、フィンランドに、そして世界に、新たな風が起こることに期待したいですね。

 

参考:https://www.helsinkitimes.fi/finland/finland-news/politics/22675-stt-kaikkonen-to-make-history-by-taking-long-paternity-leave.html

関連記事

フィンランドも日本と同じように「生活保護」の社会制度があります。フィンランドで生活保護をもらう条件は?お金はどのくらいもらえるのでしょうか?日本の生活保護制度と比べた…...続きを読む
フィンランドが赤ちゃんがこれから生まれるもしくは赤ちゃんの養子を持つ親や家庭に提供するベイビーボックスには赤ちゃんが生活する時や赤ちゃんを養育する時に必要最低限のもの…...続きを読む
日本では雇用保険法に基づき、失業した人への経済的な援助である「失業給付金」はありますが、フィンランドにも同じような失業補助金があります。フィンランド在住の筆者は友人か…...続きを読む
  日本では今消費税増税、年金以外の老後生活費に2千万の貯金が必要などの話題が人々に注目され、日本での老後生活に関し、とても不安に感じるでしょう。     比…...続きを読む
  北欧社会福祉国家のフィンランドでは生活の面において様々な補助金が提供され、社会の弱者を多くサポートしています。   その中で、出産、育休、子育てに関し、フィ…...続きを読む
  フィンランドは典型的な北欧高福祉社会国家の一つで、高い税率や国民負担率を背景に様々な公共サービスが充実しています。   例えば、教育費は完全無料、医療一次診…...続きを読む

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら