ヘルシンキカードは買うべきか? 内容 料金 詳細 解説 ヘルシンキ 観光

「ヘルシンキカード」はご存知でしょうか?

一言で言いますと、ヘルシンキカードは「ヘルシンキ観光用のパッケージカード(周遊券みたい)」です。

様々な有料施設もしくは観光サービスが無料になったり、割引になったりするカードです。

ヘルインキカードっていくら?

ヘルシンキカードの使用期間は1日、2日間、3日間の3種類で、使用者は大人と子供(7~16歳)で分かれます。

ぱっと見るとすごく高いですよね。果たしてお得になるだろうか?その分析を後程します!

  • 1日券:大人48ユーロ、子供24ユーロ
  • 2日券:大人58ユーロ、子供29ユーロ
  • 3日券:大人68ユーロ、子供34ユーロ

空港からヘルシンキ市中心の公共交通機関、ヘルシンキ市内の公共交通機関の使い放題付きヘルシンキカードもあります。※初めて電車やバスで使用すると、使用可能期間のカウントが始まりますので、ご注意ください。

  • 1日券:大人52ユーロ、子供26ユーロ
  • 2日券:大人64ユーロ、子供32ユーロ
  • 3日券:大人74ユーロ、子供37ユーロ

参考記事:ヘルシンキ市内交通手段をわかりやすく解説!まずは運賃とチケット購入から!

参考記事:ヘルシンキ市内観光交通の要:トラムとフェリー

参考記事:ヘルシンキの観光スポットをシティバイク(チャリ)で回る!

ヘルシンキカードって何ができる?

観光パッケージとなっているヘルシンキカードを持っていれば様々な施設の入場料が無料もしくは割引きになります!

ヘルシンキ市内交通

  • 循環観光バス乗り放題(Panorama Sightseeing Bus Tour):32ユーロ → 無料
  • 循環観光バス乗り放題(City Sightseeing Hop On Hop Off Bus Tour):30ユーロ → 無料

※上記循環観光バスは異なる2社が運営しており、ルートも若干違うが、ヘルシンキカード所持でどちらも無料で乗れます。ルートの確認はこちら:Panorama SightseeingCity Sightseeing

博物館、美術館、水族館など

スオメンリンナ

  • ガイドツアー:11ユーロ → 無料
  • スオメンリンナ博物館(Suomenlinna-museo):8ユーロ → 無料
  • エーレンスヴァルド博物館(Ehrensvärd-museo):5ユーロ → 無料
  • 軍事博物館:潜水艦「ヴェシッコ」(Sukellusvene Vesikko):7ユーロ → 無料
  • 軍事博物館:展示館(Sotamuseon Maneesi):7ユーロ → 無料
  • おもちゃ博物館(Suomenlinna Toy Museum):6ユーロ → 4ユーロ

スオメンリンナについては下記の記事をご参照ください。

アクティブティ

  • ヘルシンキ沿岸遊覧船(Beautiful Canal Route Cruise):25ユーロ → 無料(5月~9月のみ運行)(詳細はこちらです
  • ヘルシンキ4Dシアター(Flytour Helsinki):12ユーロ → 9.5ユーロ
  • スカイフィールヘルシンキ(SkyWheel Helsinki、観覧車):12ユーロ → 10ユーロ

ヘルシンキカードは買うべきか?

あくまでもヘルシンキ在住の筆者個人の観点から分析しますので、参考程度に読んで頂ければ幸いです。

ずばり、ヘルシンキカードに含まれている内容の中で、最も価値が高いのは「市街地循環バス」「ヘルシンキ沿岸遊覧船」と「大量な博物館、美術館」です。

とりあえず市街地循環バスとヘルシンキ沿岸遊覧船に乗れば、ほぼ元は取れます。

しかし、値段と期間について、1日用カードで48ユーロ、2日間用カードで58ユーロ、3日間用カードで68ユーロです。

(ポイント1)最低でも2日用カードを買わないと割に合わないでしょう。

1日のみの場合、遊覧船と博物館2箇所行けば、ヘルシンキカードの費用の元は取れるかもしれませんが、乗り放題循環バスが1日しか使えないのがもったいないです。

そして、(ポイント2)博物館好き、美術館好きでなければ2日間用カードで十分博物館好き、美術館好きであれば3日間用カードがお薦めです。

二日間のモデルプランとして、ヘルシンキ沿岸遊覧船、市内博物館や美術館2箇所と翌日はスオメンリンナ(無料になる博物館は全て見学)で移動は循環観光バス。これでざっくり110ユーロの費用が58ユーロで済みます。

三日間のモデルプランは上記二日間プランに他の博物館や美術館を追加する形になります。三日目に4施設も回れたら、ざっくり150ユーロの費用が68ユーロで済みます。

最後は、(ポイント3)5~9月に使うほうがお得です。ヘルシンキ沿岸遊覧船はこの時期にしか運航しませんし、スオメンリンナのいくつかの博物館も冬期間に営業しませんので、ヘルシンキカードは夏期間のほうがお得に使用できますね。

ヘルシンキカードはどこで買えるの?

購入はオンライン(こちらです)でできます。

Eメール印刷などによってヘルシンキ空港もしくはヘルシンキ市中心でヘルシンキカードに引き換えることができます。

送料追加で海外発送もしていますが、日本へは送料18ユーロかかります。

詳細はこちらをご覧ください(英文)

最後に

いかがでしょうか。

ヘルシンキ沿岸遊覧船には是非乗ってみてほしいと思いますが、ヘルシンキカードを使うと他の部分は博物館や美術館中心の利用になります。

博物館や美術館がすごく好きでもないのに、元を取るため無理してたくさんの博物館や美術館を回っていくと本末転倒になってしまいますのでご注意くださいね。

ヘルシンキをたっぷり楽しみましょう!!

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら