北欧フィンランド観光・旅行:ヘルシンキ市内観光 主要交通手段:トラムとフェリー

公開日:2016年12月7日  更新日: 2018年06月09日 関連分類: 

ヘルシンキの町自体はコンパクトなので、徒歩でも十分回れます。

ヘルシンキ中央駅から遠くても片道徒歩30分ほどという感じです。

 

 

一日中歩くと疲れやすいかもしれませんので、うまく公共交通手段を使って体力を温存したいし、地元の人々が使うトラムや電車、バスを使ってみるのもローカル文化を楽しむ一つの方法とも言えるでしょう!

 

 

また、大雨、大雪、強風などの悪天候中でしたら、なおさらうまく公共交通機関を利用したほうがいいですね。

 

ヘルシンキでは地下鉄、電車、トラム(路面電車)、バス、フェリーなどの公共交通手段がありますが、ヘルシンキ観光でしたら、主にトラムとフェリーを使えば十分でしょう!

 

※地下鉄、電車、バスは主に郊外に移動するために使用する交通手段で観光には基本的に使いません。

トラム

全部の路線は9本あります。ヘルシンキ市内と近郊をほぼ全域カバーしてあり、主要な観光スポットにも繋がっています。

自動販売機またはトラベルカードを使用する場合は通常のバスや地下鉄チケットよりも若干安いし、市区の景色も車窓からゆっくり見れますのでお薦めです!!

※宿泊場所の近くにトラム駅があると便利でしょう。

 

最新のトラム路線図はこちら!

 

トラムのチケットは運転手さんから購入できませんので、事前に購入してください

 

券売機、またはモバイルアプリから購入できます。

  • モバイルアプリ:2.20ユーロ
  • 券売機:2.50ユーロ

アプリよりチケットを購入する場合、先にアプリをこちらからダウンロードしてください。

 

ヘルシンキ滞在中で計5回以上公共交通手段を使う予定がある方はやはり「トラベルカード」の購入がお薦めです。※トラベルカードの購入は5ユーロかかり、プリペイドの方式で事前に運賃をチャージしておく形です。

トラベルカードを使うと、トラムチケットの価格が1.70ユーロになります。

通常のバス、地下鉄、電車のチケットも2.20ユーロになります。

 

トラベルカートの使い方

 

 

1)エリア数を選択:ヘルシンキ内であれば「1」、ヴァンター空港からヘルシンキ市内であれば「2」、トラムのみ乗る場合は右上の緑トラムマークを押す。

(1ー2)もし複数人のチケットをまとめて購入したい場合、「+人」を押す。

(2)「OK」ボタンを押す。

(3)トラベルカードを下のセンサーに当ててチケットを購入します。

トラベルカードの残額が一瞬表示されますので、残額が気になる方は確認してください

 

※残高は装置のスクリーンに表示されます。

 

 

フェリー

 

ヘルシンキの世界遺産スオメンリンナ要塞(島)に行くにはフェリーしか方法がありません。

 

チケットはヘルシンキエリア内移動のチケット(通常の地下鉄、バスのチケット)で乗れます。

 

  • 運転手さん:3.20ユーロ(7~16歳のお子さんは1.60ユーロ)
  • モバイルアプリ:2.20ユーロ(7~16歳のお子さんは1.10ユーロ)
  • スオメンリンナ12時間チケット:5.00ユーロ(7~16歳のお子さんは2.50ユーロ)

 

※ヘルシンキで他にフェリー乗ることはありません。

 

ヘルシンキ市内の交通手段について

フィンランド 夜景
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む


5月から10月末まで利用可能なヘルシンキの最新公共交通手段、シティバイクのご紹介。事前登録すれば、基本料金のみで自転車を受け取ってから返却するまで毎回30分は乗り放題と便…...続きを読む


フィンランド、ヘルシンキ交通情報に続いて、旅行の際に安くてお得にチケットが買えるモバイルアプリのご紹介です。旅行前にダウンロードして使い方を知っておけばとても便利です…...続きを読む

 

 

スオメンリンナ要塞 観光情報

ヘルシンキ観光では外せないスポットのスオメンリンナは1991年に世界遺産に登録されました。スオメンリンナまでは海の景色を楽しめるフェリーで約15分で到着。島内でのガイド付き…...続きを読む


スオメンリンナの観光ポイント、今回はテーマの異なる6つの博物館の紹介です。歴史だけでなく、おもちゃや税関がテーマの博物館もあるんです。ヘルシンキカードを所持している方…...続きを読む


スオメンリンナにはレストランやカフェもたくさんあります。ディナーは少し高めですがランチは気軽に楽しめます。観光で歩き疲れた時など少し休憩するのにもちょうどいいですね。…...続きを読む

 

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら