北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦めカフェ:「空と海」Cafe Ursula

フィンランド・ヘルシンキにある空と海に囲まれているカフェ:Cafe Ursula。

一見ヘルシンキにある他のカフェと特に変わりのないカフェウルスラには実に特別な物語があります。

映画カモメ食堂のロケ地

ヘルシンキの最南端に位置するカフェウルスラは映画カモメ食堂のラストシーンに登場した場所です。

そのシーンには主人公たちがカフェのテラス席に座り、サングラスをかけて日を浴びています。

フィンランドの夏日にカフェのテラスに座り、サングラスかけてコーヒーを飲みながら、海と空を眺めて雑談するのはまさにフィンランドらしい生活です。

※天気がいいときれいですが、あいにく訪ねた今日は雨です。。。

景色最高な場所

南の海に面するカフェウルスラの海を挟んだ向こう側には世界遺産海上要塞のスオメンリンナが見えます。

後ろには緑いっぱいのKaivopuisto公園ですね。

天気が良ければ是非訪ねてほしいカフェの一つです。

ついでに近くのきれいな公園も散策できます。

参考記事:北欧フィンランド・ヘルシンキでのお散歩♬ :Meri Puisto海浜公園、Kaivo Puisto公園

実はカフェウルスラはトリップアドバイザーでも高く評価されており、ヘルシンキのベストカフェランキングには6位に入っています。

訪問者から下記のコメントがあります。

「2回目のヘルシンキ訪問で始めて行ってきました。眺めがいいですし、カフェの雰囲気もよく、頂いたスープとパンも美味しかったです。 隣接している公園もいい感じです。カフェからマーケット広場までの道もとても良い散歩道です。」

座席は三つのエリアがあります。

一つは室外のテラス席です。基本は夏にしか使用しません。

もう一つはメインビルの室内です。

更にもう一つはメインビル繋がっている円形状の部屋があります。

この円形状の部屋は海に面しているため、眺めは最高です。

様々な飲食物が提供され、コーヒーはもちろん、パン、サンドイッチやランチまでもあります。

筆者は今日フェリー待ちでこちらのカフェを利用しました。

コーヒーはリフィール(おかわり)無料で助かりました(笑)

社会貢献の意義が含まれたCafe Ursula

実はカフェウルスラには昔から色々な物語がありました。

1900年前から人々は既にヘルシンキの南岸にカフェやスパを建設し、使っていましたが、第二次世界大戦で壊されてしまいました。

その後、Terttu SainioとAnu Karvinenという二人がこの場所にもう一度カフェを作ろうと考えました。

しかも、その資金の集め方は非常に特別で、社会に有意義なことをやるということで「瓶と新聞紙をリサイクルする」ことで集められたそうです。

最初は1952年ヘルシンキオリンピックに合わせて一回の夏のみ営業する予定の臨時カフェが大成功で、カフェの営業を毎年の夏に継続することになりました。

更に1986年にカフェだけではなく、レストランも併設し、夏から通年営業とさらに営業を拡大しました。

「Ursula」という名前は実にイギリスにいた他人のために自分を犠牲する偉大な人の名前を借りて名付けました。

現在でもカフェウルスラの所有者(株主)は全て子供、女性、年長者のために運営されている6つの組織によって構成されています。

そのため、このカフェからの利益も基本的に社会の人々、特にサポートを必要としている方々に還元されます。

非常に社会的な意義が大きいなカフェですね。

Cafe Ursula詳細

お薦めグッズ

オシャレなカフェでお仕事やお勉強をするときにオシャレなノートブックをご一緒にいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られていますが、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品の発掘に力を注ぎ、まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら