北欧フィンランド観光・旅行:ヘルシンキの観光スポットをシティバイク(チャリ)で回る!

公開日:2017年7月14日  更新日: 2018年06月21日 関連分類: 

ヘルシンキ最新の公共交通手段:「シティーバイク」です。

アメリカ、ヨーロッパ、アジアには既に多くの都市が導入している公共自転車というシステムです。

 

公共自転車が止まっている駐輪場から自転車を受け取り、行きたい場所まで乗って行き、目的地の近くにある公共駐輪場に返却するというシステムです。

 

せっかく海外の町に来ているから、最も生活感のある交通手段の一つとして自転車に乗りながら観光するのはいかがでしょうか。

 

天気が良ければ非常に気持ちいいですよ!

クレジットカードやデビットカードで支払うことができれば、外国人でも利用可能です!

 

 

 

シティーバイクの駐輪場マップ

ヘルシンキのシティーバイク駐輪場はヘルシンキ中心部から近郊まで140箇所あり、ほとんどの観光地や公園をカバーしています。

 

シティーバイク駐輪場マップはこちらへ

  • 緑マークは自転車受け取り可能
  • オレンジ時計マークは受け取り可能自転車残りわずか
  • 赤バツマークは受け取る可能自転車なし

リアルタイムで更新されているので、いつ確認しても最新状態ですよ!

 

 

料金システム

料金は「基本料金」と「使用料金」の2段階になります。

基本料金は使用期間の長さによって3種類あります。

  • 1日中(24時間):5ユーロ
  • 7日間:10ユーロ
  • 当日から10月31日まで(フールシーズン):30ユーロ

もし一日だけヘルシンキをたくさんチャリで回るなら1日中5ユーロのプランがいいですし、1週間とかの滞在であれば10ユーロのプランが良さそうで、長期滞在なら30ユーロのフールシーズンプランがいいでしょうね。

 

 

使用料金は自転車を「受け取ってから返却するまで」の時間の長さによって支払う料金です。

受け取ってから返却するまでが30分以内であれば無料です。

 

30分を越えたら、30分ごとに1ユーロの料金が発生し、登録したクレジットカードやデビットカードから引き落とされます。

 

例えば、自転車を受け取ってから返却するまで50分かかったら、使用料金は1ユーロです。自転車を受け取ってから返却するまで1時間20分かかったら、使用料金は2ユーロです。

 

※一回受け取ってから返却するまでの使用最長時間は5時間まで(使用料金は9ユーロ)です。5時間超えてしまうと80ユーロの罰金が課されますのでご注意ください。

 

つまり、7日間プランで10ユーロを払えば、毎回30分間内でシティーバイクを利用すればいくら使っても10ユーロ以上の費用は発生しません!

 

では、30分以上の移動があると、使えないじゃないか?と思う方もいらっしゃると思いますが、それは簡単です!

 

途中で一回ルート上にあるシティーバイク駐輪場に立ち寄って一回返却して再度受け取れば30分のカウントがゼロに戻るので、使用時間を無料で何回も延長できます。

 

 

 

使用方法:事前登録

初めての使用に登録が必要です。登録後クレジットカードやデビットカードから基本料金を支払います。

IDコードをもらえて、ピンコードを設定できるので、IDコードとピンコードを用いて自転車の受け取りと返却ができるようになります。

 

まずHSL(ヘルシンキ市交通局)アカウントをこちらから登録します

  1. メールアドレスとパスワードを入力
  2. メールボックスを開いて届いたタイトルが「Your HSL account is nearly completed. Activate your account.」のメールにあるリンクをクリック
  3. これでHSLアカウント登録完成

次にシティーバイクの利用をこちらから登録します。

  1. 「Register as a user」(ユーザー登録)をクリック
  2. 基本料金プランを選択してクリック(1日、7日間、フールシーズン)
  3. 始めてシティーバイクを使う場合はYesをクリック
  4. ピンコードを自分で設定し、連絡情報、クレジットカードやデビットカードの情報を入力すれば完了
  5. IDコードとピンコードを忘れずに覚えてください。

 

HSLアカウントは事前登録できますが、シティーバイクの利用登録は事前登録できないので、支払った瞬間から時間計算が始まりるので1日や7日プランは使用当日に登録してください。

 

もちろんフールシーズンプランでしたら、いつ登録しても料金は変わらないので使用前に登録することもできます。

 

 

 

自転車の受け取りと返却

超簡単です!

シティーバイク駐輪場に止まっている自転車のハンドルにパネルがあります。

  1. 「緑色のEnter」を押します。
  2. 指示通りにIDコードとピンコードを入力します。
  3. 「ビー」の音が出たらチャリを取り出せます。
  4. 椅子の高さを調整し、ブレーキを確認したら出発です!

 

返却はもっと簡単!

  1. 駐輪場にある前輪を固定するラックに前輪を押し込みます。
  2. 一回「ビ」の音が出たらOKです。三回「ビ」の音が出たらエラーでやり直しです。

すごく簡単でしょう!

 

 

 

ヘルシンキの自転車運転ルール

ルールは多くないですが、慣れてない町なので気を付けたほうがいいですね。

 

  • ヘルメットの使用は推奨されていますが、必須ではありません。
  • 自転車専用道があれば自転車専用道を走ります。

 

※自転車専用道の標示

 

  • 自転車と歩行者共用道があれば共用道の右側を走ります。

※この標示のある道は右側通行

 

 

※この標示のある道は右側通行

 

 

※この標示のある道は左側通行

 

  • 自転車専用道でも歩行者共用道でもなければ車道の一番右側を走ります。(バス専用道でもチャリは走れます)

 

ヘルシンキ市内の交通手段について

フィンランド 夜景
運賃はいくら?どう支払うの?と心配な方に向けて不安を解消するためにヘルシンキ都市圏の交通手段と乗り方をまとめてご紹介します!チケット購入方法によって値段も変わるので自…...続きを読む


5月から10月末まで利用可能なヘルシンキの最新公共交通手段、シティバイクのご紹介。事前登録すれば、基本料金のみで自転車を受け取ってから返却するまで毎回30分は乗り放題と便…...続きを読む


フィンランド、ヘルシンキ交通情報に続いて、旅行の際に安くてお得にチケットが買えるモバイルアプリのご紹介です。旅行前にダウンロードして使い方を知っておけばとても便利です…...続きを読む

 

ヘルシンキ中心街の観光地情報

ヘルシンキに来たら、やはり「ヘルシンキ大聖堂」は外せない場所ですよね。そんなヘルシンキ大聖堂の建物について歴史や建築様式などを紹介していますので訪問前に読んでいただきたい記事です。


ヘルシンキ大聖堂とセットで見る観光スポットと言っていいほど有名な場所はこちら「ウスペンスキー寺院」です。   西ヨーロッパ全体に最大な正教会(Orthodox Church)と言…...続きを読む


オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む


周辺にたくさん観光地のあるカウッパトリマーケット広場。早朝から店が立ち並ぶので早起きしてみるのも良し、観光途中で小腹が空いた時に立ち寄るにも便利ですね。


ヘルシンキの二大繁華街エリアであるヘルシンキ中央駅の駅前エリアとカンッピエリアの間にあるにもかかわらず、中はとても静かな礼拝堂。観光地巡りで疲れた時などに是非立ち寄っ…...続きを読む

 

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら