フィンランドのホテル・ヌークシオで自然とトナカイに触れる宿泊施設

公開日:2020年10月9日  関連分類: 

写真引用:https://www.booking.com

 

フィンランドには色々な宿泊施設やホテルがありますが、ちょっと変わったユニークな宿泊施設に泊まってみるのも良い経験。

 

首都ヘルシンキの街も楽しみたい!

でも、フィンランドの自然も体験したい!

更にフィンランドのトナカイとも触れ合いたい!

 

そんな欲張りな方にはぴったりな宿泊施設を今回はご紹介します。

 

 

 

 

ヘルシンキからバス電車で行ける距離の自然宿泊施設

フィンランドの自然体験を得るために、わざわざ北極圏のラップランドまで行く必要はありません。

 

フィンランドの首都ヘルシンキ近郊でも簡単アクセスで素敵な自然を体験することができます。

 

フィンランドにはどこにでも森があり、春夏秋冬その季節ごとの自然を身近に体験する事ができるのです。

 

 

フィンランド南部でとても有名なヌークシオ国立公園。

 

ここはガイドブックにも載るようなところですが、その自然は素晴らしく日本で有名映画「かもめ食堂」でも撮影が行われた場所でもあります。

 

そんなヌークシオ国立公園の広い敷地内にはもちろん、宿泊施設がありますがこれが松林の真ん中にある、ホテルというよりもロッジのようなところ。

 

まさかの!このロッジ小屋からトナカイに餌をあげたり写真を撮ったりもできる場所なのです。

 

もちろん、周りは自然に囲まれていて、宿泊施設自体もとっても綺麗な場所です。

 

 

ヌークシオ国立公園の宿泊施設 Igluhut

写真引用:https://www.booking.com

 

  • 宿泊先住所:Nuukusiontie 83 Iglut HT1, 02820 Espoo
  • ホームページhttps://www.nuuksioreindeerpark.fi/
  • 連絡先オフィス:Sea&Mountain Adventures Oy
    P.O.Box 62、02701 Kauniainen FINLAND
    電話:+358 9 595550(月〜金 9〜17)
    メール:info@NuuksioReindeerPark.fi
  • 宿泊料金:日程などによって異なるのでオンラインにて要確認
  • 予約方法:オンライン予約(https://smashop.johku.com/en_US/categories/2-unique-accommodation)英語
  • チェックイン:15:00から
  • チェックアウト:11:00まで

設備

理念を含むダブルベッド(2名様用の宿泊施設の場合)

エコトイレ

サマーシャワー

ミニ冷蔵庫

電気ケトル

コーヒー/紅茶/水

トナカイに餌を与える用の餌とバケツ

野外テラスにバーベキュー設備・テーブルと椅子

 

写真引用:https://www.booking.com

 

追加オプション:

この宿泊施設では食事を追加オプションとして予約することもできます。

2名用のVIPディナー、1人からの朝食バスケットやイブニングバスケットもあります。

 

その他、レンタルサイクリング

夜のツアーとしてトナカイ飼育者と一緒にトナカイの餌やり体験など(所要時間:1時間半)

 

 

 

 

アクセス方法は難しくない?

ヘルシンキ中央駅からエスポーンケスクス(Espoon keskus)という駅まで電車で行くことをおすすめします。

U・L・Eいずれかの電車で行く事ができます。

 

乗車チケットを買う場合はABCゾーンのチケットを購入しましょう。

 

電車を降りたらヌークシオ国立公園行きのバス停がすぐあります。

 

245番のバスに乗り、27駅先のPUNJONSUOというバス停で下車しましょう。

 

Karhunpesäという場所を目指して少し歩くと大きなトナカイの広告が出てきますので庭まで歩いてフェンスで囲まれたトナカイエリアが右側にあります。

 

 

 

 

実はこのロッジ小屋は手作りの天然素材で作られています。

 

デザインは何世紀も前の技術と現代の工芸品の技術を組み合わせて作られたデザイン。トウヒの木で作られた外装が特徴的なロッジです。

 

写真引用:https://www.booking.com

 

トナカイに窓辺から餌をあげる事ができる宿泊施設はいくら自然豊かなフィンランドでもなかなかの珍しさです。

 

もちろん、家族で宿泊も大丈夫。

 

小さなお子様を連れて宿泊は大歓迎なのだそうです。

 

ヌークシオでは、春は芽吹く木々と動物、夏は湖で泳ぐことができバーベキューも楽しめます。

 

秋はキノコ狩りと紅葉、冬は綺麗な雪景色が楽しめ、どんな季節でも飽きを来させない楽しみがあります。

 

ヘルシンキ近郊で自然の中の宿泊施設を探しているならここはおすすめの場所ですよ。

 

 

情報・参考:https://www.nuuksioreindeerpark.fi/fi/

 

関連記事

リエスヤルヴィ国立公園(Liesjärvi National Park)はヘルシンキから3番目近い国立公園で、フィンランドの伝統的な農場を見学することもでき日帰りで行ける国立公園です。面積…...続きを読む
さて、レポヴェシ国立公園へハイキングに訪れたレポートの2回目ですが、キノコ狩りを終え、ランチをして、キャンプ地へついてバーベキューをしてその日を終えたところまで話を進めていきます。
レポヴェシ国立公園へハイキングに訪れたレポートの最終回ですが、朝の目覚めから始めます。2日目のハイキングコースもたくさんの絶景に出会いました。最後に参考までに持ち物の…...続きを読む
ヌークシオ国立公園入口への道途中の景色
ヌークシオ国立公園はフィンランド最も人気の高い国立公園で、毎年の春から秋に渡って多くの人々で賑わっています。初めてのフィンランド且つ初めての森でしたら、準備がわからな…...続きを読む
ヌークシオ国立公園
ヌークシオ国立公園のルートを一周回ってさあ帰ろうかと思ったところ案内所やお手洗い場があるこの一角の端の方に、どこかへ続く道があったので、その先へ行ってみることにしまし…...続きを読む
ヘルシンキ近郊でも自然を満喫しながら泊まれる宿泊施設があります。しかも窓辺からトナカイに餌をあげることだってできるロッジ施設。首都の街も楽しみたいし、自然も楽しみたい…...続きを読む

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら