ヘルシンキ デザイン博物館(Design Museum) 生きるデザインを知ろう!

公開日:2017年1月1日  更新日: 2019年11月30日 関連分類:

ヘルシンキの著名な観光地としてはヘルシンキのシンボルである「ヘルシンキ大聖堂」、「ウスペンスキー寺院」、もしくは世界遺産である「スオメンリンナ島」などが挙げられます。

 

しかし、あまり知られていないが、行く価値が高くて面白い穴場観光地はヘルシンキにもまだあります。

その一つは「ヘルシンキ デザイン博物館(Design Museo)」です。

 

 

 

 

 

フィンランドのデザインは世界的に有名で、特にその北欧・フィンランドのスタイリッシュな表現の仕方に多くの方々が高い魅力を感じているでしょう。

 

家具、インテリア、雑貨やファッション、アクセサリー以外にもフィンランドデザインを色々な角度から見るチャンスがヘルシンキデザイン博物館にあります。

 

 

 

他の多くの博物館と異なり、ヘルシンキデザイン博物館には「常設展示がほとんどありません」。

 

約1か月~6か月の期間で常に展示テーマや展示品が変わり、更新されます。

 

テーマさえ変われば、感触、感想や得る知識も変わり、いつもフレッシュな気持ちで行くことができます。

 

筆者が今回訪ねてみたのはフィンランドで有名なデザイナーである「Kirsti Rantanen」の生涯、キャリア、作品及び考え方に関する内容でした。

 

 

Kirstiはフィンランド編み物デザインの先駆者であり、1930年生まれの彼女はフィンランドの編み物デザインを二次元から三次元に進化させただけではなく、その編み物デザインや芸術の知識と経験を数十年に渡り多くの学生たちに教え続けてきました。

 

彼女こそフィンランドの若きデザイナー志望者の模範であり、特に女性デザイナーたちには多大な影響を及ぼしたとも言えるでしょう。

 

 

館内写真撮影は可能なので少しだけ彼女の作品写真を掲載します!

 

これから一番期待する新テーマは何といっても「フィンランドデザインのスートリー」です。

 

フィンランド独立100周年に合わせた記念テーマで2017年1月28日にオープンする本企画は、五つのサブテーマに分かれ、生活にある実例を用いてフィンランドデザインの進化や変化を表現します。

 

豊富な内容は観客に独特な印象を与えるでしょう。

 

ヘルシンキに度に来られた方は是非少し時間があれば訪ねてみてください!

 

 

ヘルシンキデザイン博物館概要

  • 公式ウェブサイトはこちらです
  • 開館時間:
    冬季9月~5月:月曜閉館、火曜 11:00〜20:00、水~日曜 11:00〜18:00
    夏季6月~8月:月~日曜 11:00〜18:00
    その他閉館日や開館時間変更のお知らせはこちらから
  • 入場料:成人12ユーロ、学生6ユーロ
  • 住所:Korkeavuorenkatu 23, Helsinki

 

 

 

※ヘルシンキデザイン博物館のロビーに飾られている木製のヘルシンキ地図。

 

デザイン博物館についてさらに知りたいかたはこちらもご参加ください。

ヘルシンキのデザイン博物館でフィンランド独立100周年特別展示「過去100年と未来100年のフィンランド」が開催されました。過去のフィンランドデザイン作品や工業デザイ…...続きを読む

 

 

ヘルシンキ観光関連記事

 

関連記事

5月中旬から9月中旬までしか営業していないセウラサーリ野外博物館。建物の歴史と共に、中がどんな風になっているのか紹介しています。建物以外にも昔の機械を織物をしている様子…...続きを読む
  ヘルシンキには多くの博物館、美術館があります。   例えば、フィンランドの自然、文化と歴史を知りたいならフィンランド国立博物館、美術、絵画、芸術品を見たいな…...続きを読む
  ヘルシンキの主な観光地といえばヘルシンキ大聖堂、ウスペンスキー寺院、スオメンリンナなどが挙げられると思います。   またヘルシンキにはたくさんのミュージアム…...続きを読む
ヘルシンキ市立博物館の正面ドア
ヘルシンキには多くの素晴らしい美術館と博物館があります。しかし、その多くは有料で入場料が高い場所もあります。今回はヘルシンキの無料博物館ヘルシンキ市立博物館をご紹介し…...続きを読む
ヘルシンキのデザイン博物館でフィンランド独立100周年特別展示「過去100年と未来100年のフィンランド」が開催されました。過去のフィンランドデザイン作品や工業デザイ…...続きを読む
博物館好き、美術館好きであれば絶対見逃せない「ミュージアム・ウィーク・カード」!フィンランド全土250箇所以上、ヘルシンキ内では40箇所以上の博物館、美術館が入場無料なり…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら