ヘルシンキ大聖堂 北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦め観光スポット

公開日:2016年12月10日  更新日: 2018年05月20日 関連分類:  

ヘルシンキの市中心にあり、ヘルシンキのシンボルと言えば「ヘルシンキ大聖堂

 

西にはヘルシンキの繁華街に通じてヘルシンキ中央駅に通じ、東にはウスペンスキ寺院、南にはエテラ港に囲まれ、周辺には大統領官邸など多くの重要政治施設があります。

 

 

ヘルシンキ大聖堂の沿革

ヘルシンキ大聖堂はフィンランド福音ルーテル教会に属しています。

 

フィンランド福音ルーテル教会はフィンランド最大の教会で、フィンランド人の約7割はこの教会の所属しているそうです。

 

 

ヘルシンキ大聖堂はスウェーデン女王に所属する「元ウルリカ・エレオノラ教会(1727年建造)」の撤去場所に作られ、ロシア帝国統治時代の1830年から1852年に渡って建設が続けられ、フィンランドが独立するまでの名前は「セントニコラスの教会」でした。

 

 

ヘルシンキ大聖堂の建築様式

建築のスタイルは新古典様式(Neoclassic)で建築家のCarl Ludvig Engelにデザインされました。

 

隣にある元老院広場が最も低い場所とし、周囲の建物よりも高く、大聖堂が周囲エリアでもっとも高い建築物になるようにデザインされました。

 

外観本来は周囲の建物と同じ黄色でしたが、現在の色合いになったのは19世紀末から薄い灰色と白の装飾にされたからです。

 

ヘルシンキ大聖堂の建築自体は「ギリシャ十字」をデザインの基盤とし、中央には四角形の広場を置き、四つの辺に全く同じ外観を持つ柱列と三角形の屋根を有する入り口を置きました。

 

そのため、他に多くの教会とは異なり、ヘルシンキ大聖堂はどの面からみてもほぼ同じ形をしています。

 

上部にある四つの小さなドームはヘルシンキ大聖堂の建築モデルとなったサンクトペテルブルクにあるサントイサーク大聖堂との関係性を示すために作られたのです。

 

 

ヘルシンキ大聖堂概要

フィンランド語では「Helsingin Tuomiokirkko」で、英語では「Helsinki Cathedral」と言います。

 

ヘルシンキ大聖堂は年間35万人もの観光客が訪れ、大変人気な観光スポットです。

 

特に地元のヘルシンキ住民でも夏になると多くの人々が元老院広場で賑わい、夏の空気と太陽とゆっくり流れる時間を楽しむので非常に気持ちのいい場所です。

 

是非訪れてみてくださいね!

 

 

 

場所はヘルシンキ市中心にあり、ヘルシンキ中央駅から徒歩約10分です。

  • 開館時間:9:00~18:00(6~8月は24:00まで)
  • 住所:Unioninkatu 29, 00170 Helsinki
  • 地図

 

関連記事

ヘルシンキ大聖堂とセットで見る観光スポットと言っていいほど有名な場所はこちら「ウスペンスキー寺院」です。   西ヨーロッパ全体に最大な正教会(Orthodox Church)と言…...続きを読む

1857年から営業しているチョコレート専門店はヘルシンキ大聖堂から徒歩1分とアクセスも良好です。とても可愛らしい雰囲気のカフェにはリーズナブルな飲み物やケーキ、チョコレー…...続きを読む

今日皆様にご紹介したいのはフィンランド・ヘルシンキにある非常に特別なバーです。   ヘルシンキ大聖堂から徒歩2分のところにあり、市中心のど真ん中でありながら、看板も…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら