【便利まとめ】フィンランド旅行の基本情報〜サウナ情報〜オーロラ情報

公開日:2020年6月3日  関連分類:

 

フィンランド旅行される方・フィンランドの国に興味がある方・サウナに興味がある方、そしてオーロラ旅行をお考えの方、

全ての人に分かりやすく項目ごとにまとめてみました。ご旅行の参考に!

 

目次:

 

 

 

フィンランド基本情報

正式国名:フィンランド共和国(フィンランド語:スオミ・Suomi)

首都:ヘルシンキ(Helsinki)

 

 

面積:338,431km2

人口:5,522,858(2018年調べ)

人口密度:16.3人/km2

 

*日本の面積は約378km2 人口密度は約335人/km2

(大体の目安として、北海道の人口だけで日本全国に住んでいるような感覚)

 

 

内陸水域:3,453,352km(10.2%)

湖・池の数:約187,888

湖の総面積:32,600km2

 

 

公用語:フィンランド語・スウェーデン語

その他、サーミ語を話す地域もあります。

 

 

通過:ユーロ(EUR)

*日本よりもカード社会です。主に使われるカード会社はVISAとMastercard 。

決済ではサインよりもカードのPINコードの方が必要性高いので覚えておきましょう。

 

チップ:なし!

 

 

タイムゾーン :UTC+2

サマータイム:UTC+3(3月の最終日曜日〜10月最終日曜日まで)

 

*夏時間:日本時間から−6時間・冬時間:日本時間から−7時間

 

 

国際電話:フィンランドの国番号・358

 

*日本からフィンランドへ:010+358+頭の0を取った電話番号

例)フィンランドの022222という電話番号へかけたい

→ 010(358)22222

 

*フィンランドから日本へ:00、990、994、999のいずれか一つ+81+頭の0を取った電話番号

例)フィンランドから日本へ033333という電話番号へかけたい

→ 00(81)33333

 

 

郵便:黄オレンジ色のPosti(ポスティ)と言われるのが郵便局。海外へ送るハガキや封書は1.60ユーロ〜(最大20gまで)。

 

 

電圧とプラグ:220/130V 50Hz・プラグはCタイプ

 

 

飲料水・水道水:そのまま飲めます!日本人にはとっても飲みやすい味

 

*ペットボトルで購入したい場合:炭酸水はKivennäisvesi・普通の水はLähdevesi。

見分け方はペットボトルの蓋が青いのはだいたい炭酸水が多い

 

 

フィンランドのスーパーと酒屋の情報と祝日の注意点

代表するフィンランドのスーパーマーケット

  • 「K」グループ:K-CitymarketK-SupermarketK-Market
  • 「S」グループ:S-MarketAlepa
  • その他:Lidl

 

営業時間:スーパーや地域によって違ってきます。

 

しかし、

大体が平日は8〜21・土曜18まで・日曜10〜18と覚えておくと無難でしょう。

 

規模が小さめなところはもっと遅い時間まで空いていることが多いです。

 

ちなみに、ヘルシンキ中央駅から一番近い24hスーパーはSokosホテルの端にあるS-Market。

 

お酒は21時以降は購入できません。

 

 

酒屋

Alko(アルコ)

 

営業時間:平日9〜21・土曜9〜18・日曜休業

 

写真付きの年齢確認ができるものを持参しておいた方が良いです。

 

参考:フィンランドのビールはどんなのがある?

 

 

フィンランドの天気と気温・服装

フィンランドにも春夏秋冬と季節が分かれています。

 

  • :3月〜5月
  • :6月〜8月
  • :9月〜11月
  • :12月〜2月

 

しかし、季節の変わり目は気温の差が激しいので服装には気をつけておいた方が良いでしょう。

 

旅行される前に、現地の体感温度を知っておくと服選びに困ることはありません。

 

フィンランドの天気・どんな服装がいいか毎日の体感温度を知る方法

 

 

特に冬は実際どんな服装準備をして良いかわからないことが多いもの。

 

事前に知っておくと便利です。

 

冬のフィンランドではどのような服装がいい?何を注意したほうがいい?

 

 

フィンランド・バスや電車などの交通手段

フィンランドでは時刻表通りに運行しているので、観光計画を立てやすいでしょう。

 

フィンランドでは

  • バス
  • 電車
  • 地下鉄
  • トラム
  • フェリー
  • レンタル自転車(シティーバイク)冬季以外
  • 電動スクーター・冬季以外

の交通手段があります。

 

乗車チケットの買い方〜それぞれの詳しい利用方法はこちらを参考に。

 

【便利まとめ】フィンランド旅行ヘルシンキ観光・バスやトラムなど交通すべての利用方法

 

 

フィンランドのサウナマナーやサウナグッズ

 

フィンランドにはサウナが3種類あります。

 

  • 電気サウナ
  • 薪サウナ
  • スモークサウナ

 

サウナの種類は3つ!本場フィンランドのサウナとは?

 

フィンランドの電気サウナ・薪サウナ・スモークサウナを比較評価

 

 

フィンランドのサウナでは、

 

サウナに入る前は必ずシャワーを浴びてから入るのがマナーです。

 

フィンランド式サウナに入る前に注意すべき5つのこと

 

サウナ室内に入るときにあると便利なものは、

 

  • お尻に引くタオル
  • サウナハット 

 

飲み物やタオル、サンダルなどは、持って入れない場合もあるので注意しましょう。

 

 

その他、サウナの場所によってはプライペートに入れたりもしますので、

色々なサウナグッズを使ってみても良いですね。

 

フィンランド式サウナでサウナハットを使う理由とは?

 

フィンランドのサウナで使う天然マッサージ器白樺のヴィヒタ(Vihta)とは?

 

フィンランドのサウナ お肌に気を使うならサウナハチミツ

 

 

サウナストーブに水を掛けるのは自分のタイミングで良いです。

 

気になる方は一緒に入られる人に一声かけても良いですが、それもフィンランドでは少ないでしょう。

 

逆に「もっとかけてくれ」と頼まれることもあるほど。

 

 

日本や海外のサウナとフィンランドのサウナの違い・サウナ豆知識

日本のサウナとはちょっと違うところがあるので比較してみてもいいかも知れません。

 

フィンランド式サウナ:ロウリュって? 本場フィンランドと日本の違い

 

 

日本では「ロウリュ」と「アウフグース」がごちゃ混ぜになっていることも多いので

入る前に豆知識として知っておくといいですね。

 

サウナのロウリュとアウフグース、フィンランド式サウナとドイツ式サウナの違い

 

 

フィンランドのパブリックサウナ・ヘルシンキ周辺

 

フィンランドにはたくさんの様々なパブリックサウナがあります。

 

どこがいいのか?探すのはとても大変なもの。事前にチェックしておきたいですね。

 

1)ヘルシンキ観光者がよく行く比較的新しいサウナ

北欧フィンランド・ヘルシンキのお薦め公衆サウナ:Löylyで混浴体験!

 

2)海沿いに建てられたシンプルですっきりとしたサウナ

フィンランド式サウナ:ヘルシンキKulttuurisauna公衆サウナ体験

 

3)地元感あふれる海沿いの薪サウナ(設備はありません・薪を持参推薦)

ヘルシンキのサウナ文化を忠実に再現した公衆サウナ:Sompasauna

 

4)ヘルシンキから船で行ける小さい島にあるサウナ

ヘルシンキお薦め観光地:Lonna(ロンナ島)で伝統的なサウナを楽しむ!

 

5)フィンランドで最も古いパブリックサウナ2件まとめて

ヘルシンキ市推薦の公衆サウナ4軒一挙大公開!(二)

 

 

フィンランド在住者がお勧めする「サウナリスト5選」は結構参考になります。

ヘルシンキサウナお薦めランキングトップ5 ヘルシンキ在住者がお薦め!

 

 

※キートスショップ主催ヘルシンキ現地ツアー・珍しいスモークサウナもあり!

せっかくフィンランドに旅行に来たのだから、首都ヘルシンキ以外も訪問したいという方におすすめのページです!ヘルシンキから行ける日帰りオプションツアーや、日帰りで訪れるこ…...続きを読む

 

 

フィンランド観光冬・オーロラ関連

 

北極圏であるラップランドは毎年冬になるとオーロラが。

一生に一回は見ておきたい!!

 

しかし、北極圏に行けば必ずオーロラが出現するとは限りません。

 

極寒の野外でじっとオーロラが出てくるのを待つのはナンセンス。

 

事前にチェックしておくことをお薦めします。

 

北欧フィンランドでオーロラ出現の確率

 

オーロラ状況!フィンランド気象庁のサイトもチェックしよう!!

 

オーロラ予報お薦めアプリMy Aurora Forecast

 

 

フィンランド首都ヘルシンキからオーロラ観測地までの長距離移動手段と所要時間の目安は、

 

  • 電車:VR(約12時間)
  • バス:Onnibus・Matkahuolto(約12時間)
  • 飛行機:Finnair など(約1時間半)

 

 

北極圏ラップランドのオーロラ観光地で人気が高いは一箇所だけではありません。

 

  • ロヴァニエミ
  • サーリセルカ
  • イナリ
  • レヴィ

 

街それぞれの特徴と行き方はこちらで

フィンランドのお勧めオーロラ観光地

 

 

その中でもロヴァニエミという街は一番オーロラ観光に人気の場所。

 

サンタクロース村があることで有名です。

 

オーロラ観測に最高なホテル4選! フィンランド ロヴァニエミ 観光

 

オーロラ観測時の防寒服は現地でレンタル! フィンランド ロヴァニエミ 観光

 

 

 

 

フィンランド観光旅行の注意点・治安

フィンランドの治安は多くの国と比べるととても良いですが、

 

必ずしも100%安全とは限りません。

 

 

特に気をつけたいのが、観光シーズンの夏。

 

実はスリ出稼ぎとして国外からやってくる人も。

 

かなり混み合ったトラム内では気をつけて。

 

普段から最低限の注意は払っておきましょう。

 

せっかくのフィンランド観光旅行、トラブル無しで快適に楽しんでくださいね。

 

関連記事

4都市(ヘルシンキ、タンペレ、オウル、ロヴァニエミ)の各月の一日の日の出、日の入時間と日照時間をまとめました。北にあるロヴァニエミでは白夜が6月頃から1ヶ月ほど続くんです…...続きを読む
フィンランドでは「待つ」ということに心広いです。日本とフィンランドの生活文化の違いが少し見えるかもしれません。「待つ余裕のある生活」は「心の余裕のある生活」につながる…...続きを読む
フィンランドでは英語が通じるのか?通じます!ヘルシンキや観光都市では英語でも普通に通じます。しかし、英語表記は少ないです。フィンランド在住の筆者が生活中でどのくらい英…...続きを読む
フィンランド旅行に何を持って行くべき?持ち物いっぱいでもできるだけ少なく!現地調達できる物できない物、知っていて損はありません。今回は女性なら気になるフィンランドの基…...続きを読む
今回は、ヘルシンキでトランジットがある場合の宿泊におすすめの空港近くのホテルを一気に5つまとめて紹介します。アクセスや価格などはもちろん、気になる口コミの評価も一緒に…...続きを読む
フィンランドの大手通信キャリア会社DNAが販売するプリペードシムカードをご紹介。4Gデータ通信し放題が1日わずか130円です。事前にネットで予約・購入すればフィンランドか…...続きを読む

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら