【博物館・美術館】の関連ブログ記事

フィンランドの絶対おすすめ美術館・博物館!-Wee Gee-ヘルシンキ近郊
更新日:2019年11月30日 
フィンランド在住者がこっそり教えるオススメ美術館・博物館!お子様連れでも心配ナシ!ヘルシンキ中央駅周辺だけなんてもったいない!ヘルシンキカードも使えますよ。ヘルシンキ...続きを読む
ヘルシンキ美術館(Helsinki Art Museum) ヘルシンキ観光スポット
更新日:2019年11月30日 
  ヘルシンキには多くの博物館や美術館があります。   美術館の中でも「現代美術館」と「伝統美術館」などのスタイルによって分かれます。     現代美術館と...続きを読む
Amos Rexヘルシンキ最新現代美術館 ヘルシンキ観光のお薦め
公開日:2019年9月2日 
  ヘルシンキ最新の現代美術館と言えばヘルシンキ中央駅から徒歩わずか3分の「Amos Rex」でしょう。   Amos Rex(アモス・レックス)はカンッピエリアにあり、ちょうど...続きを読む
ヘルシンキの博物館・美術館・ミュージアムを無料で入場できる!?
公開日:2019年8月26日 
  ヘルシンキの主な観光地といえばヘルシンキ大聖堂、ウスペンスキー寺院、スオメンリンナなどが挙げられると思います。   またヘルシンキにはたくさんのミュージアムも...続きを読む
ホテルとレストラン博物館(The Hotel and Restaurant Museum)ヘルシンキ観光のお薦め!
公開日:2019年8月8日 
  ヘルシンキには緑地、公園がたくさんあり、散策スタイルの観光にはとても適しています。 また、有名な観光地としてヘルシンキ大聖堂、ウスペンスキー寺院、石の教会、スオ...続きを読む
フィンランド演劇博物館(Theatre Museum)ヘルシンキ観光のお薦め!
公開日:2019年8月7日 
  ヘルシンキには多くの博物館、美術館、見学施設、建築施設などがあります。   建築に興味ある方はフィンランド屈指の建築家・デザイナー【アルヴァ・アールト】の自邸...続きを読む
フィンランド写真撮影博物館(The Finnish Museum of Photography)ヘルシンキ観光のお薦め!
公開日:2019年8月6日 
  ヘルシンキには多くの博物館、美術館があります。   例えば、フィンランドの自然、文化と歴史を知りたいならフィンランド国立博物館、美術、絵画、芸術品を見たいなら...続きを読む
ヘルシンキのお薦め観光スポット:アテネウム美術館 (Ateneum Art Museum)
公開日:2019年6月17日 
  アテネウム美術館はフィンランドとヘルシンキの美術の中心であり、18世紀から20世紀にわたりフィンランドの重要な美術作品を多く収蔵し、年間40万人も訪ねるフィンラ...続きを読む
スオメンリンナ海上要塞で博物館めぐり:エーレンスヴァルド博物館、税関博物館
公開日:2019年6月15日 
  ヘルシンキのスオメンリンナ海上要塞はフィンランド著名な世界遺産だけではなく、島に6つもの博物館があり、見所満載です。 今回筆者はスオメンリンナ博物館無料観覧日を...続きを読む
スオメンリンナ海上要塞で博物館めぐり:潜水艦「ヴェシッコ」、軍事博物館マネーシ
公開日:2019年6月14日 
  ヘルシンキ南岸から直線距離僅か1000メートル離れる海上要塞である世界遺産スオメンリンナには6つもの博物館が島のあっちこっちに点在しています。   ちょうど先...続きを読む
スオメンリンナ海上要塞で博物館めぐり:スオメンリンナ博物館、スオメンリンナおもちゃ博物館
公開日:2019年6月13日 
※スオメンリンナ博物館正面。     ヘルシンキにある世界遺産である海上要塞スオメンリンナはヘルシンキの一つ有名な観光地であり、歴史的な遺産や景観を楽しみながら、...続きを読む
フィンランド最も歴史的に重要なサウナ:タンミニエミサウナ(Tamminiemi Sauna)ウルホケッコネン博物館(Urho Kekkonen Museum)
更新日:2019年11月30日 
※12月中旬のヘルシンキでは海面にすでに凍結が始まっています。   人口550万のフィンランドにはサウナ300万個以上あります。 多くのフィンランド人が愛するフィンラ...続きを読む
ヘルシンキにあるデザイン博物館アラビアを陶磁器、ガラス製品好きは見逃せません!
更新日:2019年12月4日 
フィンランドの陶磁器製品もしくはガラス製品に興味ある方におすすめのデザイン博物館のアラビア分館をご紹介します。なんと入場料は無料です。アラビアブランドの発展及び年代別...続きを読む
フィンランドのミュージアムカード:博物館好き、美術館好き必見!
更新日:2019年11月30日 
博物館好き、美術館好きであれば絶対見逃せない「ミュージアム・ウィーク・カード」!フィンランド全土250箇所以上、ヘルシンキ内では40箇所以上の博物館、美術館が入場無料なりま...続きを読む
アルクティクム博物館 (Arktikum)は見逃せない! フィンランド ロヴァニエミ 観光
更新日:2019年11月30日 
フィンランド北部、北極圏近くのロヴァニエミまで来たら、主な目的は「オーロラ観測」と「サンタさんに会う」ことでしょう。その次に最も人気のある観光地「アルクティクム博物館...続きを読む
ヘルシンキのお薦め観光スポット:フィンランド国立博物館
更新日:2019年11月30日 
ヘルシンキ中央駅から徒歩約10分でフィンランドを代表するナショナルロマンチック様式建築です。常設展ではフィンランドのことを1万年前から学ぶことができます。その他にも短期で...続きを読む
ヘルシンキ デザイン博物館(Design Museum)その二 フィンランド お薦め 観光
更新日:2019年11月30日 
ヘルシンキのデザイン博物館でフィンランド独立100周年特別展示「過去100年と未来100年のフィンランド」が開催されました。過去のフィンランドデザイン作品や工業デザイ...続きを読む
ヘルシンキのお薦め観光スポット:ヘルシンキ現代美術館(Kiasma)
更新日:2019年11月30日 
中央駅からは徒歩5分圏内! 毎月第一金曜日は無料で入れるヘルシンキ現代美術館(Kiasma)を訪問。写真撮影可能でしたので、写真と共に作品をいくつか紹介しています。写真でもわ...続きを読む
ヘルシンキのお薦め観光スポット:「フィンランドの村」セウラサーリ野外博物館(三)
更新日:2019年11月30日 
5月中旬から9月中旬までしか営業していないセウラサーリ野外博物館。その中でも最も大きい複合施設、アンッティ農場について沿革や建物の形についてなど詳しく紹介しています。そ...続きを読む
ヘルシンキのお薦め観光スポット:「フィンランドの村」セウラサーリ野外博物館(二)
更新日:2019年11月30日 
5月中旬から9月中旬までしか営業していないセウラサーリ野外博物館。建物の歴史と共に、中がどんな風になっているのか紹介しています。建物以外にも昔の機械を織物をしている様子...続きを読む
ヘルシンキのお薦め観光スポット:「フィンランドの村」セウラサーリ野外博物館(一)
更新日:2019年11月30日 
5月中旬から9月中旬までしか営業していないセウラサーリ野外博物館。昔ながらの建物や生活様式がフィンランド全土から集まっており過去にタイムスリップしたかのように感じられる...続きを読む
タンペレお薦めの観光地:ムーミン美術館(Moomin Museum)
更新日:2019年12月4日 
2017年6月にリニューアルオープンした、世界に一つしかないムーミン美術館がフィンランドのタンペレにあります。写真撮影可能な範囲で内部の様子を紹介しています。またヘルシンキ...続きを読む
ヘルシンキ デザイン博物館(Design Museum) 生きるデザインを知ろう!
更新日:2019年11月30日 
主要な観光地と比べあまり知られていないヘルシンキ デザイン博物館。常設展示がほとんどないこの博物館では家具、インテリア、雑貨以外にもフィンランドデザインを色々な角度から...続きを読む
ムーミン美術館が2017年夏にオープン!!(フィンランド・タンペレにて)
更新日:2019年12月4日 
ムーミンを愛する人々にこれは絶対に見逃せない「ムーミン博物館」のご紹介です。2016年10月30日を持って閉館しましたが、2017年6月17日に「ムーミン美術館」としてフィンランドの...続きを読む
ロヴァニエミ北極博物館アルクティクム(Arktikum)フィンランド観光・旅行!
更新日:2019年11月30日 
ラップランドのロヴァニエミに行ったら、サンタクロースの村には必ず行くし、夜は必ずオーロラを見にいきますが、昼にできることは結構少ないですよね。そこで、見るものや学ぶも...続きを読む

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら