フィンランド最も歴史的に重要なサウナ:タンミニエミサウナ(Tamminiemi Sauna)ウルホケッコネン博物館(Urho Kekkonen Museum)

公開日:2018年12月22日  関連分類:  

※12月中旬のヘルシンキでは海面にすでに凍結が始まっています。

 

人口550万のフィンランドにはサウナ300万個以上あります。

多くのフィンランド人が愛するフィンランドのサウナ。

 

 

その数百万個もあるサウナの中で、一つフィンランドの歴史や運命を左右したサウナがあります。

それが今回ご紹介するタンミニエミサウナTamminiemi Sauna)です。

 

冷戦時代のフィンランドの運命がこちらのサウナの中で決められたと言っても過言ではありません

 

 

果たしてこのサウナはどのようなサウナで、なぜこのサウナはフィンランドの国の運命と関係があるか、この記事にて説明していきたいと思います。

 

 

 

 

タンミニエミサウナとフィンランドの運命の関係とは?

「ウルホケッコネン」(Urho Kekkonen)というのはある元フィンランド大統領の名前です。

 

ウルホケッコネン元大統領は1956~1981年の期間中にフィンランドの大統領としてフィンランドをリードしてきました。

 

冷戦期間中にフィンランドはいかに中立を保ち、いかに独立と存続を維持し、発展を遂げるかがウルホケッコネン元大統領の大事な使命でした。

 

彼はこのタンミニエミサウナの中で東西、ヨーロッパ諸国の元首と面会し、様々な議論を行い、フィンランドの運命を決める重要な決定もこのサウナの中で下されていました

 

 

※こちらが伝説のフィンランドの運命を決めたサウナです。

 

 

そのため、このタンミニエミサウナがフィンランドの運命を決めたサウナといっても過言ではないというわけです。

 

タンミニエミサウナを含め、様々な施設を合わせて現在はウルホケッコネン博物館(Urho Kekkonen Museum)となっています。

 

 

※施設無料見学のこの日にはエルフがいました!

 

 

ウルホケッコネン博物館(Urho Kekkonen Museum)はどういう博物館なの?

ウルホケッコネン博物館(Urho Kekkonen Museum)はタンミニエミヴィラ(Tamminiemi Villa)という場所にあります。

※Tammiは木の種類のオークで、Niemiは岬の意味で、Villaはウールの意味です。

 

 

タンミニエミヴィラは海に面する場所で、ヘルシンキ市中心から6キロほど離れています。

近くにはセウラサーリ島やメイラフティ医療センターがあります。

 

 

 

 

タンミニエミヴィラという土地は実に19世紀からフィンランドの政治と深いかかわりがあります。

最初はある将軍がこの土地を買い、使い始めました。

 

その後、二次世界大戦以降はフィンランドの国家元首が使うエリアと変わりました

1940年から大統領官邸として、リュティエ元大統領、マンネルヘイム元大統領とウルホ元大統領が使用していました。

そのため、大統領官邸や関連施設の中で国家の運命にかかわる多くの議論や決定が決められていました。

 

 

※サウナに併設したラウンジです。

 

 

タンミニエミヴィラの各関連施設は1987年から2年半に渡る大規模復旧工事を経て、博物館として保存され、公開されるようになりました。

内部のインテリアや家具も当時のままもしくは当時の状況に近いように維持、復元されています。

 

ウルホケッコネン博物館に訪ねると、政治、歴史、1950~1970年代のフィンランドが見れます。

 

 

※プールも併設されています。

 

 

ちなみに、タンミニエミサウナは現在博物館の一部となっておりますが、レンタルしてプライベートで使うことも可能です。

価格が1回3500ユーロです。(約45万円)

 

その理由は、やはりサウナ施設をいい状態に保ちたいため、できるだけ使用されないように高い値段を設定したそうです。

 

 

営業情報

ヘルシンキ中央駅からのアクセスは中央駅横にあるSokos百貨店の前からバス24番に乗車し、約20分でSeurasaariバス停に下車すればすぐです。

 

  • 開館時間:
    冬期間2018年10月1日~12月31日:土日11:00~17:00
    夏期間2019年4月3日~9月30日:水~日11:00~17:00
  • 入場料:成人9ユーロ、17歳以下3ユーロ
  • セウラサーリ野外博物館共同入場券:成人14ユーロ、17歳以下4ユーロ
  • Tamminiemi Museum
  • 住所:Seurasaarentie 15, 00250 HELSINKI
  • 地図

 

 

※サウナからは海景色。

 

 

関連記事

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら