オーロラ観測に最高なホテル4選! フィンランド ロヴァニエミ 観光

公開日:2018年1月1日  関連分類:  

フィンランド北部の町ロヴァニエミ市近郊のオーロラ観測にベストで人生最低一度は泊まりたいホテルを4つ選出致しました!

 

アプッカ・オーロラ・キャビンス(Apukka Aurora Cabins)

アプッカオーロラキャビンスはロヴァニエミの郊外にあり、市街地の光害を受けず、市街地でオーロラを見るより断然条件がよい!

個別の部屋は小屋形式なので、お隣さんと離れてお互いに影響することもなし。ベッドの上の天井がガラス張りなので、暖かくベッドの上で横になってオーロラを待つことができます。(ただし、天井は全面ガラス張りではなく、ガラス張りの範囲は約120度です)

ロヴァニエミ市中心から車15分程度で近いですし、バスでも運行しています。バスの時刻表はこちらです。

※写真はApukka Aurora Cabinsウェブサイトより引用。

ちなみに、アプッカリゾートには「アイスキャビン」もあります。氷小屋の中で一晩過ごすという独特な体験もできますよ!

※写真はApukka Aurora Cabinsウェブサイトより引用。

アークティック・グラス・イグロース(Arctic Glass Igloos)

アークティック・グラス・イグロースはロヴァニエミから約30キロの郊外にあるため、オーロラ観測に全く光害を受けません!

しかも、部屋の小屋は天井全面ガラス張りです。オーロラの姿がどの方位を現れても見逃さずに見ることができます。

ホテルまでは公共交通手段がなく、タクシーかレンタカーを利用するか、ホテルに送迎バスをアレンジして頂くかしかありません。

※写真はArctic Glass Igloosウェブサイトより引用。

ちなみに、こちらでは非常に珍しい「スノーサウナ」に入ることができます。名前の通りに雪で作った小屋の中でサウナを浴びることです。(長期間だと雪が全部溶けてしまうので、恐らく時間制限があるかと思いますね)

※写真はArctic Glass Igloosウェブサイトより引用。

アークティック・トリーハウス・ホテル( Arctic TreeHouse Hotel)

オーロラ観測に特化したガラス全面張りのホテルではないが、筆者として是非お薦めしたいお部屋です。

アークティック・トリーハウス・ホテルの部屋は「森の中の斜面」で建てられてあり、一面ガラス張りの窓から外を見ると銀色の森に囲まれ、遠くまで眺めることができます。

天井がガラス張りではない点ではオーロラ観測にやや不向きですが、ほぼオール木造の部屋且つ森の中にあるという点では「北欧らしい・フィンランドらしい生活」を体験できるのが想像するだけでワクワクドキドキ!

ロヴァニエミ市中心からわずか8キロの距離で市バス8番(空港行きとサンタクロースの村行きと同じバスです)に乗ればホテルの前まで行けるため、交通は非常に便利です。(市街地に若干近い分、どのくらい光害の影響を受けるは不明ですが。。)

※市バス8番の詳細について、こちらの記事をご参考ください。

※写真はArctic TreeHouse Hotelウェブサイトより引用。

サンタズ・イグロース・アークティック・サークル(Santa’s Igloos Arctic Circle)

全面天井ガラス張りではないが、180度のガラス張りで十分大きいな範囲でオーロラを観測できます。

最も大きいなメリットは「サンタクロースの村の敷地内にある」とのことです。

昼間はサンタクロースに会い、様々なイベントをし、夜に移動することなくこのままオーロラ観測を始めることができます!

サンタクローズの村にあるということで交通の便もとても便利です!

参考記事:サンタークロスの村で必ずやる5つのこと!(フィンランド ロヴァニエミ観光)

※写真はSanta’s Igloos Arctic Circleウェブサイトより引用。

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら