フィンランド式サウナ:ヘルシンキKulttuurisauna公衆サウナ体験

フィンランドのヘルシンキでは昔に100箇所以上の公衆サウナがありましたが、現在はわずかしか残っていません。

その理由は日本の銭湯に似ています。戦後に自宅にサウナがほとんどなかった時代には多くのフィンランド人は公衆サウナに通っていました。

しかし、経済の成長により、人々は自宅にサウナ室を設置し、自宅でサウナに入るようになり、公衆サウナに行かなくなっています。

それで今回筆者はヘルシンキのハカニエミというヘルシンキ中央駅から徒歩約30分、地下鉄2駅の場所にある公衆サウナKulttuurisaunaに行ってきました。

写真撮影禁止とのことで暗い夜の外観しか写真がありません。。。

Kulttuurisaunaについて

ヘルシンキの公衆サウナが少ないので、ちょっとネットで調べると出てくるでしょう。

しかし、Kulttuurisaunaのホームページは非常に簡単です。簡単すぎでよくわからないという感じです。

わずか1ページのみで、ルールと料金しか書いていません。

しかも、フィンランド語と英語のみです。

ルールは下記のとおりです。

  • サウナ室には水着着用やタオルの持ち込みは禁止
  • 写真撮影禁止
  • アルコール飲用禁止
  • 3人を超えたグループの来場はご遠慮ください
  • タオルは持参してください

やはりこれだけでは状況はよくわからないので、詳細をご紹介します。

※サウナに行く途中に通りかかった建物です。

Kulttuurisaunaの実体験

建物の外観はすごくシンプルで、まさに白い箱という感じです。その上に「Sauna」と看板が掲げられています。

入ったら、左にカウンター、右側にドアが三つあります。

2013年開業とのことで、内部はまだ結構新しい感じがします。

靴を脱いで入室し、カウンターで料金を支払い、サウナシートを受け取ります。

右側の手前のドアは女性、真ん中は男性、一番奥はテラスと海へのドアです。

男性と女性のサウナ室は日によって交代するかもしれません。

とりあえずサウナの部屋に入ります。

中にはまた三つの部屋があります。

手前はトイレ、更衣室とロッカーで、真ん中はシャワー室で、一番奥がサウナ室です。

サウナ室の構造は面白いです。

階段のような段差が4つほどあり、席は一番上の列しかありません。

「L」の形になっていて全部約15人しか同時に入れません。

サウナのストーブが非常に大きく見えるが、木材式か電気式かよくわかりません。

ストーブの上に20センチ平方の穴があってそこに水を注ぐ感じです。

壁に小さな窓があり、覗けば外の海と向こう側の市街地が見れます。

室内でフィンランド人が多く、みんなお互いのことを知らなくても普通に雑談します。

しかし、すべてフィンランド語なのでよくわかりません。(笑)

外国人も何人かいますが、黙り込む傾向があります。(笑)

※サウナ近くの海岸夜景です。

熱くなって体を冷やしたい時に、カウンターの奥にある休憩エリアもしくはテラスか海に行きたい時にタオルで体を巻いていくか、水着着ていく必要があります。(結局水着はあったほうがいいです)

テラスから海に入って泳ぐことができますので、寒中水泳を試してみたい方は是非チャンスを見逃さないように!

カウンターから水を無料でもらうことができ、コーヒーや軽食は購入できます。

ちなみに、サウナ室でストーブに水をかける人は大体ひしゃくの近くに座っている人がやります。

筆者も何回かやりました。なんか緊張しますよね(笑)

また、サウナの経営はフィンランド人と日本人の夫婦ですので、奥さんのほうが見えたら日本語で声をかけてみてくださいね。

詳細

  • 営業時間:水~日16:00~21:00、最終入室20:00
  • 料金:成人15ユーロ、学生12ユーロ、10回券70ユーロ
  • ウェブサイトはこちら
  • 住所:Hakaniemenranta 17, 00530 Helsinki
  • 地図

関連記事

フィンランド式サウナ関連の記事はこちらです。

お薦め3D木製蝶ネクタイ

ちょっとしたオシャレをしたい時に是非参考にご覧ください。

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら