5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(4)

公開日:2018年4月24日  関連分類:  

フィリフヨンカがベランダに行ったら、スナフキン以外のみんなはベランダでコーヒーを飲んでいました。

フィリフヨンカはいきなり台所から薪を取って応接間のストーブに入れて火をつけました。

みんなを温めてあげたいと思ったからです。

 

スクルッタおじいさんはテントに行ってご先祖様は危うく焼け死にになるところだったとスナフキンに話しました。

スクルッタおじいさんは頑固で自分の考え方を何度も話しました。

 

テントの中にいたスナフキンはうんざりしました。

しかし、みんなのことがどうしても浮かび上がり、みんなのところに行かないといけないと思いました。

 

ムーミンたちもよく話すし、たまにはうるさいと思いますが、ムーミンたちと一緒にいるほうが一人になれるとスナフキンは思いました。

 

商品ページ:スマホクリーナー :スナフキン / ISOISÄN PUULELUT / フィンランド 北欧

 

ホムサは電気虫の本をどんどん読み進めました。

 

スクルッタおじいさんは網で魚を獲ろうと続けていました。

ミムラ姉さんはそばで寝そべっていました。

 

ヘムレンさんはどっか座り込んでベニヤ板に「ムーミン谷」と書いていました。

ミムラ姉さんと話してこれはここにいるみんなのために書いたとヘムレンさんは説明しました。

 

しかし、後に来たスナフキンはベニヤ板を見て激怒しました

スナフキンは看板が大嫌いです。

ヘムレンさんは急いでベニヤ板を川に流しました。

 

スナフキンは何かを探している様子で薪小屋に行ったり、楓の木の洞穴を見に行ったり、ムーミン屋敷の二階に上がったりしていました。

ムーミンの手紙を探していたのです。

お別れの手紙はいつも書いていたのです。

しかし、どこにもありませんでした。

 

スクルッタおじいさんはスナフキンを捕まえて自分の探し物の話を延々と続けていました。

 

フィリフヨンカは探し物だったらカギのかかった洋服たんすだよと言いました。

ムーミンたちはカギをかけることはないと2回も繰り返して言ったスナフキンはたんすを開けてみました。

 

 

洋服たんすから色んな虫が這い出てきてフィリフヨンカは大驚きで叫びました。

ホムサ!来て頂戴!」

 

ホムサに虫たちを外に出してもらいました。

 

ホムサはすぐに屋根裏部屋に戻り、本を開き、こう思いました。

「来たんだ。あの動物は谷に来たんだ」

 

雷、稲妻、風と雨がやってきました。

 

その時、「魚だ!魚だ!」とスクルッタおじいさんは叫びました。

「魚料理ができるのはフィリフヨンカだけさ」とスナフキンは言いました。

 

その時、外はすごく激しい雷が鳴っていました。

 

ホムサは屋根裏部屋で空を見上げ、自分が雷を作り出したと思いました。

そして、自分が雷を作り出した話をちび電気虫に話そうと思いました。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

下からヘムレンさんの声が聞こえました。

「おい、ホムサ!ちょっと手を貸してくれや!」

 

フィリフヨンカの魚料理

午後2時ごろ、料理が出来上がり、フィリフヨンカはムーミン屋敷にあるどらを鳴らし、みんなが集まってきました。

 

1匹の魚から作った素晴らしい6人分の料理です。

 

ちょうど父の日なので、スクルッタおじいさんに祝おうとしたが、スクルッタおじいさんが記念の日が嫌いで断られました。

しかも、スクルッタおじいさんはなぜ魚が1匹ごと料理されなかったことに文句を言いました。

 

食事後、スナフキンはゆっくり海辺に行き、海を見ながら今夜はちょっとハーモニカを吹こうと思いました。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

ムーミンパパに木の上の家を

誰もムーミンパパムーミンママの部屋に入ったことがありませんでした。

 

ある日の日暮れ時、ヘムレンさんはムーミンパパの部屋に入りました。

難破船の絵が付いたカレンダーが飾り、ウィスキーはベッドの上の板だなに置かれてあり、鏡の下に灯台の模型がありました。

 

そうだ!ムーミンパパのために楓の大木の上に家を作ろう!とヘムレンさんが思いつきました。

 

ヘムレンさんはすぐにホムサを呼びつけ、作業を始めました。

ホムサは釘抜きが好きじゃないけど、釘抜きをやっていました。

 

ミムラ姉さんフィリフヨンカの部屋になっている台所に入り、言いました。

「今なら、前とちっとも変わらないみたいね」

 

ムーミンママがいた時と一緒かとフィリフヨンカが聞き返したら、そうではなく、かまどだけは昔と同じ感じだとミムラ姉さんが答えました。

 

それから、洋服たんすの中から何か怖いものが出てきたとフィリフヨンカは怯えながら話しました。

「ここは私たちより悪い者はいないわ」とミムラ姉さんが言って台所から出ていきました。

 

スクルッタおじいさんはフィリフヨンカの怯えている洋服たんすを開き、ご先祖様が中にいるのに気づきました。

声かけてみましたが、返事もらえませんでした。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む


ムーミン谷の十一月ダイジェスト版、第二弾です。フィリフヨンカが屋根で四つ這いの状態で体を少しずつずらしながら窓のほうに近づこうとしているとき、急に風が吹きつけて窓が閉…...続きを読む


ムーミン谷の十一月のダイジェスト版も第三弾です。なんでも忘れてしまうスクルッタおじいさん、電気を食べるちびちび虫、ムーミン谷に訪ねてきたたまねぎまげのミムラ姉さん、冬…...続きを読む


いろいろなキャラクターが集まった、ムーミン谷の十一月の第4弾。ムーミン一家はいません。スナフキンはムーミンたちもよく話すし、たまにはうるさいと思いますが、ムーミンたち…...続きを読む


どんどん日が短くなり、寒さも増してきたダイジェスト版5弾目のムーミン谷の十一月。フィリフヨンカに変化が起きたり、お話を自分で作るホムサの想像力が膨らんだり、みんなでパ…...続きを読む


ムーミン谷の十一月、ダイジェスト版も残すところあ2つになりました。ムーミン谷に集まった6人のパーティーで行われる余興が始まります。ホムサは本を読みました。クルッタおじ…...続きを読む


ムーミン谷の十一月、ダイジェスト版もいよいよ最後になりました。ご先祖様としゃべりたくてスクルッタおじいさんなどみんなそれぞれ自分の思うような時を過ごしていました。スナ…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら