ムーミンの秘密:ムーミンママは当初はエプロンを着ていなかった!?

公開日:2017年10月15日  更新日: 2019年11月30日 関連分類:

ほとんど知られていない話ですが、実はムーミンママは最初はエプロンを着ていなかったのです。

 

というか、ムーミンママというキャラクターにはエプロンが付いていなかったです。

 

では、なぜ今のムーミンママは常にエプロンを着ているようになったのでしょうか。

 

その話は遡って70年も前になります。

 

 

写真出典:Moomin.com

 

 

最初のムーミンママ

ムーミンの物語の1冊目に登場したムーミンママにはエプロンがなく、ハンドバッグしか持っていませんでした。

 

緊急時に必要なものが全て入っているハンドバッグです。

 

1952年にムーミンはイギリスで徐々に知られるようになり、1950年に「楽しいムーミン一家」の小説、1951年に「ムーミン谷の彗星」の小説がイギリスで出版されました。

 

写真出典:Moomin.com

 

ムーミンママがエプロンを着るきっかけ

当時イギリスで新聞記事や新聞使用漫画を配給する組織のリーダーであるスットンという方がトーベに手紙を書きました。

 

「ムーミンの物語を漫画シリーズにしませんか?」とのことでした。

 

スットンの仕事は漫画を各新聞社に売り込むことで、ムーミンの物語がお気に入りだったためトーベとコンタクトを取りました。

 

1952年の秋に、スットンはトーベに「ムーミンママにエプロンを付けてみるのはどうでしょうか」と打診してみました。

 

その理由はムーミントロールとムーミンパパとより識別しやすくするためだそうです。

 

写真出典:Moomin.com

 

その手紙以降、ムーミンママは常にエプロンを着るようになりました。

 

それより2年後の1954年9月20日に世界最大の新聞社である「ザ・イブニング・ニュース」にムーミン漫画シリーズが連載することとなり、千2百万の読者に毎日ムーミンの漫画が届けられるようになりました。

 

 

最後に

いかがでしょうか。

 

なぜムーミンママはいつもエプロンを着ているのかと考えたことないでしょう。

 

実はこんな理由とこんなきっかけがあったとは!ですね。

 

関連記事

昔の日本で放送されていた初期ムーミン、実はトーベ・ヤンソンはよく思いませんでした。どう言うところが彼女に許されなかったのか、そしてフィンランドではどのように感じられる…...続きを読む
最初はエプロンをしていなかったムーミンママ、いつからするようになったのでしょうか。きっかけはムーミンを漫画にするにあたって、ムーミンパパやムーミントロールと識別しやす…...続きを読む
今回はムーミンとフローレンの恋模様についてご紹介します。実はムーミンはフローレンに振り回されている?! 彼らの物語を性格と共に考えると、何か奥深いものが見えてくるかも…...続きを読む
北欧フィンランド生まれのムーミンとムーミンの世界はフィンランドから深く影響を受けています。それはもちろんフィンランド人の原作者トーベ・ヤンソン本人がフィンランドの環境…...続きを読む
ムーミンパパが海に出て航海し、未知の島に上陸して探検するシーンは覚えていますか?未知の島にある知らぬもの、生物、物語が秘めていたりします。話のモデルになったヘルシンキ…...続きを読む
アラビアムーミンマグカップコレクターの方は、マグカップのデザインがよくムーミンコミックから選ばれていることをご存知かと思います。そのムーミンコミックですが、ムーミン小…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら