5分で読むムーミン小説:小さなトロールと大きな洪水(2)

公開日:2017年12月3日  更新日: 2018年06月21日 関連分類:  

港にいる赤い髪の男の子とチューリッパに別れを告げ、ムーミン、ムーミンママ、スニフの3人は再びムーミンパパを探す旅を続けました。

 

連続の大雨で洪水

南に向けて歩き続けていると、雨が降ってきました。しかもどんどん強くなり、3日間も降り続いた末、川が溢れ、洪水になりました。

 

全ての景色が灰色になりました。

※原作書籍より撮影して引用しています。

 

進むことができず、3人は小さな岩に上り、避難していました。となると、籐椅子に乗った水に流されている猫たちを見かけ、ムーミンたちは彼らを助けました。

 

その後、雨が止み、少し水が引いたところ、3人はその籐椅子に乗って旅を続けました。

 

 

流れてきた瓶の中の手紙

籐椅子に乗っていると様々なものが水に流されているのが見られます。その中に瓶に入っている手紙を見つけました。

 

「助けてください!私の家が流され、寒くてお腹が空いてどうしようもないです!不運なムーミントロールより」

 

※ここでわかったのは、「ムーミントロール」はこの時点でムーミンの名前ではなく、ムーミン一族の名前ですね。

※原作書籍より撮影して引用します。

コウノトリからのお助け

籐椅子の所有者に出会い、籐椅子を返すと、大きいなコウノトリに出会いました。彼はメガネをなくして困っていました。

 

ムーミンはメガネを探し戻してくれたので、コウノトリは3人を乗せてパパを探しやすくするように助けてくれました。

 

※原作書籍より撮影して引用しています。

 

※ここでよくわかったのは、この時点でムーミンはとても小さい生き物ですね。

 

一日中水面や森を探し続け、日が徐々に暮れてきました。

 

 

ムーミンパパとの再会

そして、ようやく木の上にいるムーミンパパを見つけました!

こうやって家族3人がようやく再会できました!

 

ムーミンパパもムーミンに会うのがお久しぶりのようで「息子よ!ずいぶん大きくなったな!」

と言っていました。

 

コウノトリは4人を木の上から岸辺に運んでくれました。岸辺に多くの人々が避難しています。着いた4人に食事を準備しているアンコウからスープをくれました。

 

ムーミン谷とムーミン屋敷

落ち着くと、ムーミンパパは自分の作った家の話を始めました。

とても素晴らしい家で三つも部屋もあったが、あいにく洪水に流されたそうです。

 

翌日4人は出かけました。水が引き、花が咲き、大地は一面の緑に戻り、景色がすごくきれいになりました。

 

歩いていると、とても美しい小さい谷に辿り着きました。

「私の家だ!」とムーミンパパが叫び出します!

 

※原作書籍より撮影して引用しています。

 

ムーミンパパの作った家が洪水によってここまで流されたようです。

 

スニフは家の屋上にかかっているキラキラした真珠のネックレスを見つけ、すぐ取りに行きました。

 

※原作書籍より撮影して引用しています。

 

※ムーミン小説シリーズの1作目である本作が出版されたのは1945年です。幻ムーミンシートは1950年代に製作されていました。ムーミンシートにあるスニフのデザインはまさに本作のイラストを採用していますね。

 

 

※写真中の製品:幻の ムーミン シート: スニフ / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

ムーミンママはムーミンの手を取り、家に入りました。

こうしてムーミン一家とスニフはこの谷に住み着き、この家に住み続けています。

 

 

ムーミンママのハンドバックに何でも入っているのか?

旅の始まりに、ムーミンは草むらの間に歩いていると全て沼に落ち、足が濡れました。その時、ムーミンママはハンドバッグから乾いた靴下を出しました。

 

ハンドバッグに「靴下」を常備!?

 

また、年の取った男のところにいた時に取っておいたチョコレートもハンドバッグに入れてありましたね。旅でお腹を空かしたムーミンとスニフのためにハンドバッグからチョコレートを出しました。

 

『たのしいムーミン一家』の中ではムーミンママがハンドバッグをなくしたことがあり、その際にムーミンママが話したハンドバッグの中身は「乾いた靴下とか、甘いものとか、糸切れとか、ポンぽに着けるおしろいとか」と言っていました。

 

他にどんなものが出てくるでしょうね。気になりますね。

 

※参考書籍(写真引用を含み):「小さなトロールと大きな洪水」講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、冨原眞弓/訳、2015年発行(新装版)

 

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


小さなトロールと大きな洪水のダイジェスト記事、第二弾です。ムーミン、ムーミンママ、スニフの3人のムーミンパパを探す旅はどうなるのでしょうか?ムーミンママのハンドバック…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ダイジェスト記事ムーミン谷の彗星、第二弾!ヘムレンさんはこの場所がどこか、天文台がどこにあるか、彗星は何かも知らず、昆虫にしか興味がありません。珍しい昆虫を捕まえよう…...続きを読む


5分で読むムーミン小説「ムーミン谷の彗星」の第3弾です。一緒にムーミン谷の洞窟に隠れて避難しないかとヘムルを誘い、ヘムルはムーミン谷への旅に加わりました。しかし、ムー…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミン谷の彗星もいよいよ最後になりました。彗星の衝突時間(夜8時42分)を知ったムーミンパパ、ムーミンママは急いでスニフの見つけた洞窟へ避難する準備…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら