5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(4)

公開日:2018年2月7日  関連分類:  

浅瀬に乗って傾いている劇場の家のほうではムーミンパパは家具を固定するために釘を打っていました。

 

傾いた床で掃除がうまくいかないエンマにムーミンママが声をかけ、話を始めました。

エンマのご主人フィリフヨンクはすでに亡くなり、彼のおいであるフィリフヨンカから毎年夏まつりの招待状は来るけど面白くないから行っていないそうです。

 

芝居のこと

それから、ムーミンママはエンマに劇場のことを教えてもらうようにお願いしました。

エンマは迷いの末、教えることにしました。

 

劇場の構造を絵に描き、それぞれの装置の意味を説明してくれました。

話しているうちにみんなが寄ってきました。

 

※絵は原作書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の夏まつり』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、1990年発行

 

ミムラ姉さんもホムサもミーサも興味津々に話を聞きながら質問もしました。

そう話しているうちに、話が盛り上がり、みんなで芝居をすることになり、ムーミンパパが芝居を書くことになりました。

 

ムーミンパパは書いて書いて書きまくりました。

途中にエンマから指摘を受けたり、ミムラ姉さんから口を挟んだり、ムーミンママから質問されたり、ミーサからコメントされたりして大変でした。

 

スナフキンと24人の子供

24人の子供を連れて森に逃げたスナフキンは雨が降るので一時しのぎのもみの小屋を作り、みんなそこで寝ました。

 

雨が天井から零れ落ちてきてスナフキンの目が覚めました。

食べ物もなければゆっくりいられる場所もないことでスナフキンは悩んでいました。

 

「雨が降ってる」「お腹がすいたよ」とか何人の子供は言いました。

 

リトルミイから教えてもらった対処法は役立たないので、子供全員を呼び起こして森の中へ進めることにしました。

スナフキンの帽子に一人、肩に二人、両手にも二人抱え、他のみんなは後ろからついてきた感じで進めました。

 

 

みんな、歩きに歩きました。

雨は、降りに降りました。

 

みんなの悲しみが最高になったちょうどその時、目の前に空き地がぽかりと開けたのです。

空き地の真ん中には小さな家が立っています。

 

ノックしても返事がありません。スナフキンは入ってみました。

誰もいないので、食べ物を探すと豆の樽を見つけました。

 

子供たちに豆を食べてもらい、スナフキンはストーブに火をつけて濡れた服を乾かし、ようやく一息できます。

牢屋に入れられたフィリフヨンカは自分の家にお客様が来たことを知ることもないでしょう。

 

※絵は原作書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の夏まつり』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、1990年発行

 

芝居の仕上げ

ムーミンパパの芝居の仕上げの練習の日が来ました。

 

非常に散々な感じでした。

 

ムーミンパパは一生懸命芝居を書き直しました。

ミーサとミムラ姉さんはまだ芝居の内容に口を出しています。

ムーミンママもまだ質問をしています。

ホムサも自分の意見を言っています。

照明も全然間違っていましたが、とりあえずリハーサルを始めることにしました。

 

リハーサルが何とか終わり、みんなが作った宣伝ビラは鳥に運ばれ、もみの木湾の色んなところに配られました。

 

※商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

牢屋入りのムーミン

その一枚が牢屋の上に飛んできてお巡りさん(牢屋見張り)のヘムルの前に落ちました。

ヘムルが芝居のビラを見ると自分の子供の頃の懐かしい芝居を思い出して芝居に行きたくてしょうがなくなりました。

 

しかし、牢屋に入れられた3人を見張る人がいないことに困り、ムーミンたちからのアドバイスでおいの小さなヘムルを見張り役にすればいいとのことで、ヘムルはおいの小さなヘムルに牢屋のカギを渡して芝居に行きました。

 

小さなヘムルは牢屋の前で編み物をしながら3人を見張っていました。

3人は彼女に声をかけ、話しました。

編み物は誰のためのことや、どういうものに編めばいいかなどを話しました。

 

 

牢屋がとても寒くて病気になって倒れそうとの話をスノークのお嬢さんが訴えたら、小さなヘムルは3人を自分の家に連れて行きました。

3人が死んだらおじさんは困ると。

 

紅茶とジュースを飲んで体も温めた3人は牢屋へ戻るつもりがなく、劇場に行きたいと言い出しました。

小さなヘムルは困ったが、3人は何も悪いことはやっていないと伝えたら、小さなヘムルはそれで納得して3人と一緒に劇場に行っておじさんに説明すると話しました。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : ナイトセーリング 2010年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

ビラもスナフキンへ……

スナフキンたちが泊っているお家にもビラが舞い降りてきました。

 

24人の子供がビラを取り合い、ビラが24枚に破られました。

子供たちは争って子供たちの服を洗っているスナフキンのほうに走っていきました。

 

24枚の紙をパズルのように何とか組み合わせてスナフキンは今晩劇が上演することを知り、小樽の豆を持って子供たちとリトルミイを連れて行きました。ボートも豆でレンタルしました。

 

劇場に行く途中に、なんと……

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の夏まつり』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、1990年発行

5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(1)
公開日:2018年2月4日 
ムーミン谷に住み始めて約3年目でしょうね。 『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。   穏やかなムーミン谷 『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトル…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(2)
公開日:2018年2月5日 
ムーミン屋敷の横に漂流してきた大きいな家にムーミンパパは声をかけたが、何の返事もありませんでした。 水がさらに増えてきたので、ムーミン一家たちは急いでこの家に引っ越す…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(3)
公開日:2018年2月6日 
朝を迎えた時、流された家ではムーミンパパとムーミンママはムーミンのことを心配で心配でご飯も食べれませんでした。   離れ離れ…… ホムサは家が流されたこと…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(4)
公開日:2018年2月7日 
浅瀬に乗って傾いている劇場の家のほうではムーミンパパは家具を固定するために釘を打っていました。   傾いた床で掃除がうまくいかないエンマにムーミンママが声をかけ、話…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(5)
公開日:2018年2月8日 
スナフキンが子供たちを劇場に連れて行く途中に、子供たちから何とスナフキンにプレゼントがありました!   子供たちみんなが頑張って刺繍した煙草入れでした。(ちなみに、…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の夏祭り(6)
公開日:2018年2月9日 
長い間、スナフキンはものも言わないでボートを漕ぎ続けました。 ムーミンは、あの古い帽子の懐かしい形が、夜空の中にくっきり浮かんでいるのと、パイプの煙が静かな大気のうち…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(1)
公開日:2018年2月15日 
夏が終わったムーミン谷は新しい世界に変貌しました。 果たしてムーミンたちは新しい世界でどのような冒険を経験し、どのように人に出会うのでしょうか。   真っ冬のムーミ…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら