5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(6)

公開日:2018年4月26日  関連分類:  

ムーミン谷に集まった6人のパーティーで行われる余興が始まりました。

 

ホムサは本を読みました。

「動物の体形……生理学的……肉食動物……狩猟本能……」

 

スクルッタおじいさんはご先祖様のことばかり気になっていました。

 

次のミムラ姉さんスナフキンにハーモニカを合わせてもらいながら踊り始めました。

台所の中で音楽と動き回る気配でいっぱいでした

ミムラ姉さんの長い髪はきらきらと日の光が踊っているように見えました。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

スクルッタおじいさんはご先祖様が来るのを待たずにパーティーを始めてしまうなんてとても失礼だとかたくさん話したが、みんながご先祖様のために万歳したことで収まりました。

 

フィリフヨンカは「ふるさとへ帰る」というテーマで影絵をやり始めました。

フィリフヨンカはシーツを天井の穴あきパンを使ってぶら下げて自分のシーツの裏に入り、ランプを置きました。

 

スナフキンが風のささやき声のような静かな音楽をハーモニカで流しました。

 

白い光の中に、影が一つさっと飛び込んできました。

黒い影柄でした。

ヨットでした。

 

ヨットのへさきには、すごいおちびさんが一人座っていました。

髪の毛を球根みたいな形に結っていました。

 

ヨットは緩やかにシーツの海を滑っていきました。

 

ヨットにはみんな揃って乗っていきました。

ムーミンムーミンママ

ムーミンママはバッグを手すりに押し当てて座っていました。

 

ムーミンパパは帽子をかぶって舵を取っていました。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

幕は下りました。

音楽は止みました。

フィリフヨンカは台所ランプを吹き消し、台所の中は真っ暗になりました。

 

スナフキンはマッチを見つけてランプを灯しましたが、パーティーを続ける気のあるものは一人もいませんでした。

 

 

ホムサは暗闇の表に出ていきました。

動物はすぐその辺にいると感じました。

 

動物は森を走り、ホムサは追っていきました。

動物の進んでいく道で草むらが二つに割れました。

 

二人は水晶玉の前にやってきて、ホムサは動物に話しました。

「ぼくたちは噛みつかれて困るんだ。あいつらに噛みつくなんてことはいつまで経ってもできないんだ。僕のいうことを信じてくれ!」

「小さくなって隠れてしまえ!このままではお前さんはやっていけないんだ。」と続けました。

 

 

動物は小さくなって水晶玉に吸い込まれました。

 

 

台所に残されたフィリフヨンカは散らかった台所の真ん中に立ち、スナフキンが忘れたハーモニカを手に取って吹いてみました。

色んな音色を吹いてみながら耳をとがらせました。

フィリフヨンカは何時間も何時間も感じで音色を追いかけながらわれを忘れてハーモニカを吹いていました。

 

フィリフヨンカは両手の上に頭を乗せ、食卓のところで眠りました。

翌朝8時半に起き、周りも見て思わず言いました。

「まあ、なんて散らかっているんでしょう。さあ、今日は一つ大掃除をやらなくちゃ。」

 

新しい気持ちから生まれる新しい世界

また掃除ができるようになったフィリフヨンカはとても機嫌よく、気持ちよく掃除を始めました。

 

楽しそうに掃除しているフィリフヨンカを見ると、みんなも一緒になってお掃除がしたくなりました

水運びや絨毯ふるいや床磨きなど掃除に参加しました。

 

掃除が終わったら、フィリフヨンカはつぶやきました。

「さあ、今度は私の家へ帰って、私の家もお掃除しなきゃ。」

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

みんなはそろってベランダの前の階段に腰かけました。

夜になるととても寒くなりました。

みんな何となくわかれるのが名残惜しく、今までみんなで一緒に暮らしてきた生活が懐かしくなりました。

 

あくる朝、初雪がは降っている中、フィリフヨンカミムラ姉さんは橋の上でみんなとお別れの挨拶を交わしました。

「スクルッタおじいさんのお鼻に私からだと言ってキッスしてあげてね。それからおじいさんの好物は瓶詰キュウリで川は小川だってことを思い出してね」とミムラ姉さんは言いました。

(スクルッタおじいさんにとってムーミン谷の川は川ではなく「小川」であり、川っていうと怒られる)

 

「これからはおじいさんがちゃんと薬をお飲みになるよう、気を付けてあげてくださいね。」とフィリフヨンカは厳しい声で言いました。

 

フィリフヨンカは一度も振り返らずに橋を渡っていきました。ミムラ姉さんはその後からついていきました。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(1)
更新日:2018年4月22日 
ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。 より短く、より早く読めるように、物語の要点が漏れないように心掛けて製…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(2)
公開日:2018年4月22日 
フィリフヨンカが屋根で四つ這いの状態で体を少しずつずらしながら窓のほうに近づこうとしているとき、急に風が吹きつけて窓が閉まってしまいました!   開こうとしても丸っ…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(3)
公開日:2018年4月23日 
その人は気味の悪いくらい年寄りでした。   なんでも忘れてしまうスクルッタおじいさん おじいさんはとても忘れん坊でした。 人の名前も自分の名前までも忘れてしまいます。…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(4)
公開日:2018年4月24日 
フィリフヨンカがベランダに行ったら、スナフキン以外のみんなはベランダでコーヒーを飲んでいました。 フィリフヨンカはいきなり台所から薪を取って応接間のストーブに入れて火…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(5)
公開日:2018年4月25日 
どんどん日が短くなり、寒さも増してきました。   フィリフヨンカに起こる変化とお話を自分で作るホムサの想像力 フィリフヨンカは屋根裏部屋に行き、ホムサの名前を聞いた…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(6)
公開日:2018年4月26日 
ムーミン谷に集まった6人のパーティーで行われる余興が始まりました。   ホムサは本を読みました。 「動物の体形……生理学的……肉食動物…R…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(7)
公開日:2018年4月27日 
一日中雪が降りました。   ご先祖様としゃべりたくてスクルッタおじいさんは腰を掛けて話し始めました。 「こんにちは。雪ですね。どうしてちっぽけなことしか起きなくなっ…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら