5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(5)

公開日:2018年4月25日  関連分類:  

どんどん日が短くなり、寒さも増してきました。

 

フィリフヨンカに起こる変化とお話を自分で作るホムサの想像力

フィリフヨンカは屋根裏部屋に行き、ホムサの名前を聞いたり、何をしているかを聞いたり、寒くないかを聞いたりしてホムサのことを気にかけていました。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

その後ホムサは家を出て「動物」が雷なしでもどんどん大きくなっているのを感じました

 

ホムサスナフキンのテントに行き、スナフキンからお茶をもらい、話していました。

ムーミンママに会いたいんだ」

 

「ムーミンたちは必ず帰ってくるよ」とスナフキンは話してハーモニカを吹き始めました。

フィリフヨンカはごみバケツをそばに置いてムーミン屋敷のドアの前でハーモニカの音を聞いてじっと立っていました。

 

全員バラバラの食事会

ある日曜日の午後、スナフキンは食事に呼ばれました。

フィリフヨンカは食事を作ってくれて食事会を開きました。

 

みんなそれぞれ話を始めました。

 

スクルッタおじいさんはなぜ食事会は寒い外でやるんだと、家の中はだめかと文句を言いました。

ヘムレンさんは木の上の小屋の屋根をどうするかを話し、ホムサは別にムーミンパパは必ずしも屋根を求めるとは限らないと反論し、ケンカになってしまいました。

 

ミムラ姉さんフィリフヨンカに食事を外に移したってムーミンママになれないと言いました。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

その後、ムーミンからの手紙を見つけたけど、どこに置いたか忘れたと話し、みんなから「思い出してください」と問い詰められ、機嫌を損なって怒ってお腹が痛いと言って部屋で寝ころびました。

 

お腹が痛い人はまず靴を抜くのだとヘムレンさんが言い、ホムサがスクルッタおじいさんの長靴をほどいて抜かせました。

 

そうしたら、靴の中から手紙を見つけ、スナフキンが読みました。

「どうぞ、ストーブの火をたかないでくださいね。ご先祖様が住んでいますから。 ムーミンママ

 

大パーティーの準備

ミムラ姉さんは台所に入ってパーティーを開くことをフィリフヨンカに伝えました。

そして、ヘムレンさんから「台所の飾りをしてほしい。フィリフヨンカは芸術家だから」の伝言を伝えました。

フィリフヨンカはすごく興奮し、ドキドキし、喜びました。

 

ヘムレンさんはパーティーのことを「家族の夕べ」と呼び、みんな一人ずつ何か余興をしなくてはいけないことになっています。

 

 

その日曜日の昼食会の後、ヘムレンさんは一人で木の家を作るようになりました。

ホムサを呼ぶのは気まずいと思ったからです。

 

ホムサはなんでその日曜日にそんなに怒ったかは自分もよくわからなかったです。

ホムサスナフキンのテントに行き、スナフキンのことを考えました。

「なんでスナフキンはみんなに尊敬されるだろう?」

 

その後、ホムサは橋を通りました。

橋に座っていたスクルッタおじいさんは言いました。

「パーティー!私のためにパーティーをやるぞ!ご先祖様は私の親友で百年以上もパーティーをやってないんだ。ご先祖様を呼ばないとわしはパーティーに参加しないぞ!」

 

「はい、わかりました」と言ってホムサは去りました。

 

ベランダでミムラ姉さんに出会いました。

ミムラ姉さんはパーティーでどのようなことをやるのと聞いたが、ホムサは何をやるかわかりませんでした。

ミムラ姉さんはホムサの髪をとかしました。

 

ホムサミムラ姉さんに聞きました。

「もし君が大きいな動物で、腹が立ってらどこに行くの?」

「家の裏の森に行くわ。ムーミンたちならそうするわ」

ミムラ姉さんは答えました。

 

フィリフヨンカは台所をすごくきれいに芸術的に飾り、食卓も用意しました。

余興には「帰ってきたムーミン一家」の影絵を用意しました。

 

商品ページ:ムーミングッズ

 

絵に描かれたヨットには四人が座っていて二人は大きいな人、一人はちょっと小さく、もう一人はまるっきりちびでした。

 

絵が出来上がると、それを切り抜き、ほうきの柄に釘でしっかり打ち付けました。

 

スクルッタおじいさんはやってきました。

まだ全然早いが、早くご先祖様を迎えに行くべきとか言いました。

 

シーツの上に「冒険号」が走る

さあ、提灯にすっかり明かりが灯りました。

お客様が台所に入ってきました。

みんな楽しそうに挨拶を交わし、着席しました。

 

でも、ヘムレンさんだけは腰かけずに言いました。

「このパーティーは私たちみんなが一つの家族であるしるしに催す家族の夕べであります」

その後、この特別な時及びムーミンパパに敬意を表すため、書いた詩を読みました。

 

それは幸せ、自由と人生に関する詩でした。

 

ヘムレンさんはムーミン家族のために、ムーミン家族からもらった食糧のために30秒静粛しようと提案し、みんなは静粛しました。

しかし、スクルッタおじいさんは本来自分のためのパーティーであることを思い、ブツブツ言っていました。

 

静粛が終わると、みんなが乾杯し、余興を始めました

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。 より短く、より早く読めるように、物語の要点が漏れないように心掛けて製…...続きを読む


フィリフヨンカが屋根で四つ這いの状態で体を少しずつずらしながら窓のほうに近づこうとしているとき、急に風が吹きつけて窓が閉まってしまいました!   開こうとしても丸っ…...続きを読む


その人は気味の悪いくらい年寄りでした。   なんでも忘れてしまうスクルッタおじいさん おじいさんはとても忘れん坊でした。 人の名前も自分の名前までも忘れてしまいます。…...続きを読む


フィリフヨンカがベランダに行ったら、スナフキン以外のみんなはベランダでコーヒーを飲んでいました。 フィリフヨンカはいきなり台所から薪を取って応接間のストーブに入れて火…...続きを読む


どんどん日が短くなり、寒さも増してきました。   フィリフヨンカに起こる変化とお話を自分で作るホムサの想像力 フィリフヨンカは屋根裏部屋に行き、ホムサの名前を聞いた…...続きを読む


ムーミン谷に集まった6人のパーティーで行われる余興が始まりました。   ホムサは本を読みました。 「動物の体形……生理学的……肉食動物…R…...続きを読む


一日中雪が降りました。   ご先祖様としゃべりたくてスクルッタおじいさんは腰を掛けて話し始めました。 「こんにちは。雪ですね。どうしてちっぽけなことしか起きなくなっ…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら