5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(2)

公開日:2018年4月22日  関連分類:  

フィリフヨンカが屋根で四つ這いの状態で体を少しずつずらしながら窓のほうに近づこうとしているとき、急に風が吹きつけて窓が閉まってしまいました

 

開こうとしても丸っきり手をかけるものがなくつるつるで掴んで引っ張ろうにも引っ張ることができません。

 

フィリフヨンカはヘアピンを使って、それで窓をこじ開けようとしてみました。しかし、ヘヤピンはぐにゃっと曲がってしまいました。

 

雑巾!そうだ、雑巾は窓縁のところにかけていました。

雑巾の端が窓の縁からほんの少し外にはみ出しています。

 

フィリフヨンカは用心深く雑巾の端を掴み、引っ張りました。

切れがちぎれませんように……頼む……

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

ようやく窓を開け、転がり込むように窓の中に飛び込みました。

 

「死ぬなんてとんでもない。私は死にっこないんだから」とフィリフヨンカは思いました。

 

それからフィリフヨンカは家中のカーテンを引き下ろし、衣装戸棚を開きました。

中にスーツケースが置いてありました。

 

それを目に留まった時、やっとフィリフヨンカはこれからどうすればいいのかわかってきました。

 

よその家を訪ねるのです。人に会いに行くのです。

 

そういう人たちって、そう、ヘムレンさんではないわ。ミムラ姉さんでもないわ。

違う違う、ムーミン一家の人たちよ。

 

スナフキンのハモニカと五つの音色

秋も末になり、スナフキンは南へ南へと旅を続けていきました。

 

ある日の夕方、スナフキンはハモニカをリュックから取り出し、この8月にムーミン谷のどこかで彼の頭にひらめいた五つの音色を思い出しました。

 

五つの音色で雨の曲を作ろうと思ったらあの五つの音色が出てきませんでした。

じっと待てば出てくると思ったが、出てきませんでした。

 

あの五つの音色はムーミン谷に置いてけぼりになったんだとスナフキンは思い、ムーミン谷に帰らなくてはならないと思いました。

 

※商品ページ:幻の ムーミン シート: スナフキン / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

自分のことが嫌いなヘムレンさん

ヘムレンさんは毎日毎日繰り返し繰り返し過ごしている自分が嫌いです。

 

ヘムレンさんは自分のヨットを持っていますが、操縦することを習う時間もなく、いまだにヨットを海に出したことがありませんでした。

 

この嫌な思いを変える方法を一生懸命考えているうちに、大昔のある遠い夏にあったムーミン谷の思い出が蘇りました。

 

ムーミンの家の南の客間です。あそこで浅めを覚ました時に楽しくてたまらかなったことでした。

窓は開いていました。そよ風が吹くと白いカーテンがひらひら風になびきました。

何をするにも急ぐ必要がありませんでした。

ムーミンパパのことは、いくらかはっきり覚えていました。

ムーミンパパのヨットのことも覚えている気がします。

 

ヘムレンさんはリュックも傘も待たずに家を出ていきました。

 

ヘムレンさんはムーミン谷、ムーミン屋敷にやってきました。

ムーミン屋敷はどこかいつもと違っていました。

 

「そうだ!今は夏じゃなかったんだ。秋だったんだよ。どう?」とヘムレンさんが大声をあげました。

なんとなくムーミン谷というといつも夏のこときり考えていなかったんです。

 

何回声かけてもムーミン屋敷の中から返事がありませんでした。

 

魔法の水晶玉

ホムサ=トフトはムーミン谷に行ったことが一度もないが、迷子になりませんでした。

 

森の匂いは素敵でした。ヘムレンさんのヨットよりもっといい匂いでした。

 

※写真出典書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

川が目の前に近づき、川に橋がかかっています。

橋を渡ると庭がありました。

ホムサのお話に出てきた庭にそっくりでした。

 

薪小屋に上がる階段にヘムレンさんが斧を腕に抱えて腰かけていました。

「やあ、僕はムーミンパパが来たと思ったよ。みんなどこへ行ったか知ってるかい?」とヘムレンさんは言いました。

 

「そんなこと知らないよ」とホムサは答えました。

 

ヘムレンさんはホムサに薪を台所に運んでもらうようにお願い、自分はコーヒーを沸かしました。

 

コーヒーを飲んだ二人は家を出て庭にある水晶玉の前に来ました。

水晶玉はムーミン谷の光をみんな集まっていました。

谷間に住んでいるものの姿はいつも水晶玉に映っていました。

 

その後、二人は家に戻り、食糧部屋に入り、航海用の乾パンを見つけました。

ある日にヘムレンさんも自分のヨットに乗って海に出たいと言いました。

 

 

トフトは家を出て水晶玉のところに行き、覗き込みました。

 

一番奥にぽつんとほんのかすかに青い色の点みたいな光がともりました。

パかっと光って消えました。

またピカっと光って消えました。

 

灯台の明かりみたいに、同じ間をおいて光ったり消えたりしました。

 

その遠い光は何だろうとホムサは思いました。

 

台所にいるヘムレンさんは何者かが応接室に入ってきたと気付きました。

「そこにいるのは誰だ!」

 

「お前さんなんかにゃ教えるもんかね」と、とてもしゃがれた気味の悪い声が跳ね返ってきました。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の十一月』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、鈴木徹郎/訳、1984年発行

 

ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。 より短く、より早く読めるように、物語の要点が漏れないように心掛けて製…...続きを読む


フィリフヨンカが屋根で四つ這いの状態で体を少しずつずらしながら窓のほうに近づこうとしているとき、急に風が吹きつけて窓が閉まってしまいました!   開こうとしても丸っ…...続きを読む


その人は気味の悪いくらい年寄りでした。   なんでも忘れてしまうスクルッタおじいさん おじいさんはとても忘れん坊でした。 人の名前も自分の名前までも忘れてしまいます。…...続きを読む


フィリフヨンカがベランダに行ったら、スナフキン以外のみんなはベランダでコーヒーを飲んでいました。 フィリフヨンカはいきなり台所から薪を取って応接間のストーブに入れて火…...続きを読む


どんどん日が短くなり、寒さも増してきました。   フィリフヨンカに起こる変化とお話を自分で作るホムサの想像力 フィリフヨンカは屋根裏部屋に行き、ホムサの名前を聞いた…...続きを読む


ムーミン谷に集まった6人のパーティーで行われる余興が始まりました。   ホムサは本を読みました。 「動物の体形……生理学的……肉食動物…R…...続きを読む


一日中雪が降りました。   ご先祖様としゃべりたくてスクルッタおじいさんは腰を掛けて話し始めました。 「こんにちは。雪ですね。どうしてちっぽけなことしか起きなくなっ…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら