フローレンとミムラねえさんの乙女ごころ

公開日:2018年3月8日  更新日: 2018年05月31日 関連分類: 

ムーミンの物語の女子代表としてフローレンミムラねえさんを観察してみると、似ているポイントがあることに気が付きました。

 

それは、ふたりともとっても『夢見がち』であるということ。

だから、気が合うことも多いようで、ふたりで突っ走っていくことがよくあるんです。

 

そこで今回は、彼女たちの乙女ごころがキュンとときめいてしまうポイントはどこなのかについてご紹介したいと思います。

 

※商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Bluehouse / フィンランド 北欧

 

少女マンガや映画に出てくるような、非日常にときめくふたり

非日常に憧れるのは、ムーミン一家にも通ずるところがあるのですが、フローレンとミムラねえさんがときめくのは、中でも『少女マンガや映画に出てくるような』非日常です。

 

それは、冒険や事件というよりも、お姫様気分を味わえるような悲劇だったりします。

 

たとえば、以前にも少しご紹介したことがある、コミック版『おさびし島のご先祖さま』というお話の中での出来事。海賊に囚われていたミムラに出会うところから始まりました。

 

難破した海賊船からミムラねえさんを助け出したムーミン。それを見て、はじめは「このひとのどこが美女なの?」なんて不機嫌を露わにしていたフローレンですが、海賊が追ってくるから逃げなきゃ!と言われたふたりは、「ロマンチック!」「見に行きましょ!」などと言い出し意気投合。

 

「海賊にさらわれるなんてどんな気分?」

「サイコーよ!」

「わたしもさらってもらってもいい?」

「海賊が同意するならね!」

 

なんて盛り上がり、しまいには海賊を見たフローレンが「とってもダンディでワイルド!」なんて言い出したりも。

 

 

 

この時のふたりは、その後の危険なんて少しも考えていないのがわかります。

 

海賊にわざと見つかっては「海賊だわ!」「助けて!」とわざとらしく叫んで逃げ出し、「追ってきてる?」「…だといいわね」なんて言いながら、この非日常を完全に楽しんでいる様子です。

 

それを目撃したムーミンはふたりを助けようと、難破船で見つけた花火を使って海賊を攻撃するのですが、そんなムーミンに対してフローレンとミムラねえさんは「かわいそうな海賊を攻撃するなんて!」と非難しました。

 

ふたりは、わるい海賊から守ってくれたムーミンにときめくことはなく、自分たちをさらってくれるかもしれない海賊にけがをさせたことに腹を立てるのです。

 

 

フローレンを取られた時のムーミンの戦い方はかしこかった?

フローレンのこういった様子をみていると、ムーミンが正々堂々と自分の魅力で勝とうとはせず、相手を下げる方向に奮闘するのも納得できる気がしませんか?

 

だって、ムーミンがフローレンのために!と頑張っても、結局あしらわれてしまったり、海賊事件の時のように怒られてしまったりするんですもの……。

 

(『ムーミンとフローレンの恋模様』という記事の中で、ほかの人にときめいてしまったフローレンに対してムーミンがとる行動として、相手をおとしめてフローレンに幻滅させようとする様子をご紹介しましたので、よかったらご覧になってみてくださいね!)

 

商品ページ:木製ツボ押し(マッサージ器) :フローレン / ISOISÄN PUULELUT/ フィンランド 北欧

 

フローレン、そしてミムラねえさんを観察していると、ふたりの乙女ごころにムーミンが相当振りまわされていることがわかります。

 

そんな彼がかわいそうで、がんばれ!と声をかけてあげたくなるのでした。

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら