5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(5)

公開日:2018年2月17日  関連分類:  

素晴らしいスキーを見たリトルミイは樽を壊し、板を足につけて自分も滑り始めました。

恐れることなく一直線に滑り降りました。

 

初めてスキーにチャレンジするムーミン。その結果は?

そうしたら、ヘムレンさんはムーミンにスキーを教えようと誘ってきました。

怖がるムーミンは断れずにスキー板の上に立ちました。

 

滑ったら全然いうこと聞かず、両足が開いて転びました。

ヘムレンさんからもう一回と言われ、ムーミンは頑張ってもう一回滑ったが、情けない姿をお客様たちの目の前に晒すだけでした。(お客様たちは盛り上がって喜んでいたが)

 

すっかり元気なくなったムーミンはヘムレンさんのもう一回の提案を断って家に帰りました。

 

毎日元気でやる気満々で冬が大好きなヘムレンさん、ついていけないムーミンと日々楽しむリトルミイ

お客様たちとムーミンはヘムレンさんの調子についていけません。

一部のお客さんたちはおしゃまさんと一緒に海の氷の下で釣りをしたり、一部はムーミン屋敷の中に引きこもったりしていました。

リトルミイだけはたっぷりスキーを楽しんでいます。

 

それでもヘムレンさんは諦めず、毎日ムーミン屋敷に行って冷たい空気を吸って外で活動するのは気持ちいいと説得しようとしていました。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

水浴び小屋に引きこもっためそめそは夜になると遠くの山奥まで行って狼が吠えるのを待って狼の吠え声を聞き、朝方に水浴び小屋に戻って昼間は寝ていました。

彼は兄弟のことを忘れられないし、忘れたくもないです。

 

その中で、ちょこちょこ走りのサロメちゃんがヘムレンさんが好きでたまらなくなったのは不思議なことでした。

サロメちゃんはもっとラッパの音楽が聴きたいです。

ラッパの音を追いつけようと、どんなに走ってもヘムレンさんに追いつきませんでした。

もちろん、ヘムレンさんもそのようなことに気づきませんでした。

 

 

元気すぎるヘムレンさんへの対応に苦悩するムーミンとおしゃまさん

ムーミンはおしゃまさんとムーミン屋敷で、ムーミン谷の平和を取り戻すためにヘムレンさんをどうするかについて話しました。

結果的にムーミンがヘムレンさんに「お寂し山のスロープが実に素晴らしくそこに行ったほうがいい」というウソの話をすることになりました。

 

しかし、この話はヘムレンさんが大好きなちょこちょこ走りのサロメちゃんに聞こえてしまい、サロメちゃんはヘムレンさんに言おうと走り出しました。

 

ムーミンは外に行って、お寂し山にもっと素晴らしいスロープがあることをヘムレンさんに言いました。

ヘムレンさんはそれを信じ、お寂し山に行くともうムーミンたちに会えないなと話したら、ムーミンは我慢できず、本当はお寂しい山はとても危険な山でやめたほうがいいと言い直しました。

それで、ヘムレンさんは感謝の言葉をムーミンに伝え、残ることにしました。

 

※商品ページ:幻の ムーミン シート: スナフキン / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

ムーミン谷の冬の両面:柔らかい雪と殴りつけてくる吹雪

話が終わったムーミンは水浴び小屋によって家に帰ろうとするときに雪が降り降りました。

初めて雪が降ることを見たムーミンはとても気持ちよく感じました。

 

夕方になって、雪がやみました。

海の上には青黒い雲の壁の間から夕陽の光が漏れていました。

徐々に気味の悪い風が凍った海から吹き抜けてきました。

吹き付ける風が激しくなってきました。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

しかも雪も再び降り始めました。

しかし、上からではなく、横殴りで押し寄せました。

手で触るもの、目に見えるものは全て飛び去ってしまいました。

 

ムーミンは四つん這いで這い続けました。

ムーミンがだんだん腹が立って吹雪に向かって叫びながら歩きました。

 

水浴び小屋に着いたムーミンに暖かいジュースが空を滑ってきました。(見えないとんがりネズミですね)

しかし、ちょこちょこ走りのサロメちゃんは吹雪の中へ消えてしまいました。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ウィンター ボンファイヤー 2008年 冬限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

雪森の中で危険な目に遭うサロメちゃんとめそめそは大丈夫か?

ヘムレンさんもいませんでした。

彼はサロメちゃんを探しに行ったのです。

 

ヘムレンさんはちょこちょこ走りのサロメちゃんがいつも何か自分に声をかけようとした様子を思い出しました。

しかし、自分はサロメちゃんに特別にやさしいくはなかったです。

 

自分のイグルーの周りにあった小さな足跡は橋を渡り、山のほうへ向かったまま消えてしました。

ヘムレンさんはその辺の雪を掘り、サロメちゃんを見つけ、連れ戻しました。

 

翌日の日曜日に雪がやみ、ムーミン谷一面はきれいな銀白の世界です。

お客様たちは雪世界で楽しく遊び、ヘムレンさんも元気な曲を吹きました。

 

そうしたらヘムレンさんはやはりお寂しい山に行くことにしました。

危険だったかもしれないが今はわからないと、また来年にムーミン谷に来てムーミンにスキーを教えに来ると言って行きました。

 

その夜めそめそはいつもの通りに山に登り、兄弟の吠え声を待っていました。

その時、突然周りに何かに囲まれました。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

夏が終わったムーミン谷は新しい世界に変貌しました。 果たしてムーミンたちは新しい世界でどのような冒険を経験し、どのように人に出会うのでしょうか。   真っ冬のムーミ…...続きを読む


雪のランプの向こうにいたのは赤と白のセーターを着たおしゃまさん(トゥーティッキ)でした。 彼女は歌っていました。 ムーミンは彼女が何かを歌っているのかを聞いてみました。…...続きを読む


突然の声「よけろ!そこをどけっ!」に反応できず、何かのものがムーミンにぶつかりました。 ムーミンは雪に埋まり、笑い声を聞こえました。   冬のムーミン谷で再開するリ…...続きを読む


ムーミンは山に着きました。 ただ木の山は下から上まで燃え盛ってライオンのようなうなり声を上げました。 雪が解けて暖かい水がムーミンの足の上を流れました。   とんがり…...続きを読む


素晴らしいスキーを見たリトルミイは樽を壊し、板を足につけて自分も滑り始めました。 恐れることなく一直線に滑り降りました。   初めてスキーにチャレンジするムーミン。…...続きを読む


めそめそを囲んだのはまさに彼の兄弟の狼たちでした。 しかし、どうやら狼たちはめそめそを受け入れるために迎えに来たわけではないようです。 めそめそは毎晩待ちに来ることを後…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になりますね)   今回は『ムーミン谷の仲間たち』のダイジェスト記事をご紹介します。  …...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら