5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の彗星(3)

公開日:2017年12月14日  更新日: 2018年06月21日 関連分類:  

5人は売店を離れる前に売店のおばちゃんに「一緒にムーミン谷に避難しにいかないか」と誘ったが、「地下室に逃げ込むよ」と断られました。

 

彗星の下でダンス

スノークが「彗星が来るからダンスする暇なんてないよ」と言っていたが、フローレンはダンスの話を始めました。

 

そしたら5人は野外ダンス場へ行きました。そこは一つの空き地でした。イナゴ、小さいな虫たち、水の精、木の精など多くの人々がいてダンスの始まるを待っていました。

 

スナフキンはイナゴに音楽を教え、スナフキン以外の4人はそれぞれ相手を見つけてダンスを始めました。

それから歌を歌ったり、話をしたりして楽しんでいました。

疲れたらその場で寝ていました。

 

※商品ページ:幻の ムーミン シート: スナフキン / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

灼熱の海底

翌日森を出た5人は砂丘に着きました。砂漠だと思ったら、海藻や貝殻などがあちこちにあり、海が消えた海辺ということに気づきました。

悲しい気持ちになったが、悲しむ時間もなく、早く帰る方法を考える会議をスノークが開きました。

 

最終的にスナフキンが提案した「竹馬」が採用され、みんな竹馬を作り、竹馬に乗って乾き切った海底を渡ることになりました。

海底には海藻が地面に絡まり、岩山が点在しています。6人は海底の景色に驚かされながら前に進めます。

スニフは宝箱を見つけたが、持って行けないので残念ながら断念。

 

※原作書籍より撮影して引用。

海底の難破船

歩き続けると、昔に海底に沈んだ難破船に遭遇。

スニフは輝いているものを発見し、取りに行くと、短剣でした。

フローレンもそれを見に行くと竹馬をうまくコントロールできず、難破船の窓から転び入りました。

ムーミンが急いで助けに行くと難破船の中で巨大タコに遭遇!

危機一髪の時、フローレンのかがみが彗星の赤い光を反射し、その光がタコの目に映り、タコはびっくりして逃げていきました。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ナイトセーリング 2010年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

 

海底の夜

一日中海底を歩き続けました。

人と同じ大きいさの巨大貝もありました。巨大貝から音が出ていることに気づくと、「海の音」だよとスナフキンが言いました。

ハーモニカを取り出して吹こうとすると、傷んだことに気づき、困った顔をしました。

 

夜が近づいてきました。周りは思えないほどの静けさです。

夜風にそよぐ木の葉の音や小鳥の音や帰宅に急ぐ足音はすごく懐かしくなりました。

みんな近くの一番高い岩に登り、そこで寝ることにしました。一番安全な気がするからです。

スノークから残った少しの乾パンをみんなで分け合って食べて交代で見張って眠りました。

 

 

 

 

ムーミン谷へ

翌日朝ごはんを食べていると、ムーミン谷から逃げてきた大勢の人々を目にしました。

ムーミンが声をかけても急いでいるせいか、あまり返事をもらえません。

 

6人は続けて進めるとようやく海の向こう側の岸辺に着き、森に入りました。

しかし、ムーミン谷は思ったよりもずっと遠いです。

 

一匹のヘムルに出会いました。切手集めが大好きなヘムルです。

※ここでわかったのは「ヘムル」は一族の名前で、昆虫集めのヘムルと切手集めのヘムルがいて二人はいとこ同士ということです。

 

一緒にムーミン谷の洞窟に隠れて避難しないかとヘムルを誘い、ヘムルはムーミン谷への旅に加わりました。

 

軽気球

突然イナゴの大群が森から飛んできました。何万匹の大群です。ムーミンたちは岩の後ろに隠れていました。

その後みんなは歩き続け、夕方になると風が吹き始めました。しかもどんどん強くなり、人が立てないくらいの暴風になりました。

 

ヘムルの切手も風に飛ばされ、みんな窮地に立たされてしまいました。

ムーミンはアイディアが生まれ、ヘムルの長いスカートを利用し、気球を作りました。

全員はこの気球につかまり、風の力を利用して一瞬にしてムーミン谷の近くの森に着き、大きいな木の上で夜を過ごしました。

 

※原作書籍より撮影して引用。

 

※参考書籍(写真引用を含み):「ムーミン谷の彗星」講談社 青い鳥文庫、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、2014年発行(新装版)

 

続きはこちら

ダイジェスト版、ムーミン谷の彗星もいよいよ最後になりました。彗星の衝突時間(夜8時42分)を知ったムーミンパパ、ムーミンママは急いでスニフの見つけた洞窟へ避難する準備…...続きを読む

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら