5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家(1)

公開日:2018年1月2日  更新日: 2018年06月02日 関連分類:  

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となった部分です。

 

日本語訳の本作品は273ページありますが、このシリーズ記事にて簡潔にまとめてありますので、ダイジェストでムーミンの物語を読みたい方は是非ご参考ください。

 

※参考書籍(写真引用を含み):『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

彗星事件から冬を越して……

冬眠から起きたムーミン。隣で寝ていたスナフキンの姿が見えず、外に出たらスナフキンは川の橋にいました。※小説ではスナフキンもスニフも今はムーミン屋敷に住んでいます。

 

寝ていたスニフを起こし、ムーミン谷の皆さんに挨拶しながら山を登っていきました。3人は山頂に石を積み上げようと山を登ると山頂に転がっている黒いシルク帽子を見つけました。

 

帽子を家に持って戻ってムーミンパパの帽子にしたかったが、大きすぎるので紙屑箱にしました。

 

※参考図書から撮影して引用。

小さな雲

ムーミンたちが食べた後の卵の殻をシルク帽子に投げ入れてスノークの家に行きました。

 

スノークのお嬢さんと一緒に5人で帰ってきたらムーミン屋敷の前に雲ができていました。雲は形も変わらず、動きもせずずっとそこに。

 

スノークのお嬢さんは雲を触ってみて、気が付くと雲に乗ってしまいました。雲の操作の仕方もわかるようになり、みんなは雲に乗って遊びに。

 

ムーミン屋敷のてっぺんに行ったり、森の上に行ったりしてヘムレンさんにも会い、すごく楽しかったです。

 

 

 

 

ヘムレンさんの新しいコレクション

切手を集めていたヘムレンさんは切手のコレクションは既に完成し、やることがないと悩んでいました。ムーミンたちから様々なアイディアが出ても受け入れられず。

 

その後、ムーミンたちはヘムレンさんとムーミン屋敷の前でもう一度出会い、今度ヘムレンさんは「植物」を集めることに決めたそうです。

 

そして、雲を外に一晩置いたら翌朝に全て消えてしまいました。

 

 

ムーミンの姿が……

ある日、ムーミン谷に雨が降ってて、ムーミンたちは家でかくれんぼう。

 

ムーミンはいつも隠れている場所に飽きたので、デカい黒いシルク帽子に身を隠しました。

 

いつまで待っても誰も探しに来ないのでみんなに会いに行くと、誰もが自分を知らない顔をしていました。ムーミンはそれを「ムーミンが知らないふりをするゲーム」と勘違いし、勘違いしたまま会話していましたが、みんながムーミン自分の顔を「とても醜い」と言ってきたので、悲しくなりました。

 

最後、お母さんのムーミンママに泣き付き、ムーミンママも最初認識できなかったが、最後にこの醜い人に変わったのがムーミンだとわかった時に、ムーミンは本来の姿に戻りました。

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

アリジゴクを○○に変わった?

その黒いシルクの帽子が怪しいと思ったムーミンとスノークは帽子に実験をしようと思いました。

 

アリジゴクに地面に穴を掘る力を見せてほしいと言いかけ、あらかじめ地面の下に隠してあったビンの場所に穴を掘ってもらい、ビンの中に入ってもらい、閉じ込めました。

 

ビンごと転がしてムーミン屋敷の庭まで持って行き、中身を全て帽子の中に入れ、帽子の上に重い外国語の辞書を置いて待ってました。

 

そうしたら、外国語の辞書にあるたくさんの単語が虫になって這い出てきて、砂が水に変わり、溢れてきました。

 

アリジゴクは?

最後にハリネズミが出てきました。アリジゴクがハリネズミに変わったんですね。

 

 

帽子の運命は……

事情を知ったムーミンパパとムーミンママは帽子が危険だと判断し、川に流すことで捨てることにしました。

 

その夜、帽子が川下の小さな島に引っかかっていることを知ったスナフキンはムーミンを誘って小さな冒険に行きました。

 

※参考図書から撮影して引用。

帽子のところに行くと、帽子の中に流れ込んだ川水が赤い液体に変わって流れ出ているのを目にしました。

 

ムーミンがその赤い液体を確認すると、木苺のジュースでした。

 

二人はその帽子を取り、海辺の洞窟に隠しました。

 

続く。

 

 

※参考書籍(写真引用を含み):『たのしいムーミン一家』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


たのしいムーミン一家、ダイジェストの第二弾。ある朝ジャコウネズミはいつものように本を持ってハンモックの上に寝転がっていました。しかし、ハンモックの紐が切れ、ジャコウネ…...続きを読む


ダイジェスト版、5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家の第3弾です。嵐が過ぎ去り、ようやく穏やかを取り戻し、眠りに付いたころ、大量のニョロニョロがあらわれたり、…...続きを読む


ダイジェスト版、5分で読むムーミン小説:たのしいムーミン一家の第4弾です。6月末のムーミン谷はだいぶ熱くなってきました。天気が暑くなってやることがないので、ムーミンは…...続きを読む


早くもムーミン谷は晩夏の8月を迎えました!たのしいムーミン一家ダイジェスト版の第5弾です。ある朝早く、トフスランとビフスランの小さな夫婦が山越えして大きいなスーツケー…...続きを読む


たのしいムーミン一家ダイジェスト記事もこれで最後になります。ムーミン谷は夏の終わりを迎え、8月末になりました......トフスランとビフスランのスーツケースの中に何が入って…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む

ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む

全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む

ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら