5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(3)

公開日:2018年2月16日  関連分類:  

突然の声「よけろ!そこをどけっ!」に反応できず、何かのものがムーミンにぶつかりました。

ムーミンは雪に埋まり、笑い声を聞こえました。

 

冬のムーミン谷で再開するリトルミイとムーミン

それはおしゃまさんの笑う声でしたが、もう一つの笑う声が聞こえました。

リトルミイだ!

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

※上記原画関連アラビアムーミンマグカップ:

商品ページ:ムーミン マグ カップ : スプリングウィンター 2017年 冬限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

 

銀のお盆が横にあり、リトルミイが雪の中に座っていました。卵入れの袋に頭を差し込み、両手を突き出し穴をあけて、卵入れの袋をセーター代わりにしました。

(ムーミン屋敷から消えた銀のお盆と卵入れの袋はリトルミイに取られたのですね)

 

ムーミンは興奮してこの冬で出会ったことをリトルミイに伝えようとしました。

しかし、リトルミイは冬の遊びや橇にしか興味なく、お盆にろうを塗ったり、帆をつけたりするなどどうやってもっと雪の上で楽しく滑れるかを考えていました。

 

ムーミン谷に氷姫の来訪

おしゃまさんが横まで来て言いました。

「今晩は家にいてね。氷姫様が来るから。」

理解したリトルミイは銀のお盆に乗って滑っていきました。

 

おしゃまさんはムーミン谷に道を取り、途中で「素晴らしい尻尾を持った子リス」に出会い、彼にも警告しました。

その後、ムーミン屋敷に行ってムーミンにも同じ警告を伝えました。

 

 

「氷姫ってどんな人?」とムーミンが聞きました。

「とてもきれいな女の人だが、顔を見ると凍り付いてしまうよ。そのため夜は外に出たらだめよ」と説明を加えました。

 

ムーミンは地下室のストーブに泥炭を詰め込み、眠っている家族に毛布を掛け、外に出ました。

水浴び小屋に着いたときにすでに空は緑色に近づいていました。

 

「もうじきね。でも心配しなくてもいいわ」とおしゃまさん(トゥーティッキ)が言いました。

もう少ししたらリトルミイもお盆に乗ってきました。

 

外はすっかり緑色になり、世界中がまるでガラスでできているように見えました。

 

凍った海の遠くのほうから氷姫が近づいてきました。

みんながストーブを囲んで座っていました。

「外を見ちゃダメ」とおしゃまさんが言いました。

 

氷姫は水浴び小屋のそばを通りかかり、氷のように冷たいものが部屋を通り抜けて真っ赤に燃えているストーブまで一瞬さあっと暗くなりました。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

氷姫は足を止め、雪の上にかがみこんでいました。

「あれ、リスくんだわ。あの人、家にいるのを忘れてしまったのね」とおしゃまさんが言いました。

氷姫の顔を見た子リスは凍り付いて四本の手足を空に上げたままそこに転がりました。

 

子リスの死とムーミン、リトルミイ、トゥーティッキによって開催した悲しい葬式

氷姫がさらに進んだ後に、おしゃまさんは気を付けて子リスを拾い戻し、ムーミンは子リスを自分の水着で包み、子リスの葬式をやろうとしました。

 

3人はムーミン屋敷に行き、ムーミンは家から黒いリボンを探し出し、白い馬の前に置いた子リスのしっぽに付けました。

地面に穴を掘ってお墓を作ろうと思ったが、凍り付いた地面が硬くて1センチも掘れませんでした。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ダークイェロー (リトルミィ) 1991-1996年 / Arabia / フィンランド 北欧

 

ムーミンががっかりして悲しんでいるときに白い馬は動き出しました。

白い馬は子リスを嗅ぎまわし、背中に乗せて走り出しました。

気が付いたら地平線の向こうまで行きました。

「お葬式はこれでよかったんだろうか?」とムーミンが言いました。

「これ以上何もできないわ」とおしゃまさんが言いました。

 

リトルミイには楽しい感情と怒る感情しかないので、ちっとも悲しみを感じませんでした。

 

静かなムーミン谷に開かれた賑やかな冬祭り

ある日、ムーミンは家の泥炭が盗まれていることに気づき、足跡についていくと山のところに泥炭が山のように積み重ねられていて、その上にムーミン屋敷の古いベンチも載せられています。

後ろからおしゃまさんが姿を現し、冬の歌を歌いました。

 

ムーミンは寒くて寂しい冬の歌を聞きたくなかったです。その気持ちをおしゃまさんに伝えると、こういわれました。

「だからこそ、今晩冬の大かがり火を燃やすんじゃないの?」

「あなたのお日様は明日帰ってくるはずよ」と。

 

 

リトルミイも破れた段ボールを引きずってきました。

ムーミンが燃やし始める時間を聞いたら、おしゃまさんが答えました。

「お月様が昇ったらよ」

 

ムーミンが家に戻って待つ間にムーミン谷はオーロラの光でほんのりと照らされていました。

(ムーミン谷はかなり北の高緯度エリアにあるのですね)

 

ムーミンは石油ランプを持って山へ向かいました。

庭も森もぼんやりした光とざわざわいう話声であふれています。

足跡という足跡は山のほうへ山のほうへと続いていました。

 

山に着いたその時……

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン谷の冬では、冬眠から目が覚めてしまったムーミンが赤と白のセーターを着たおしゃまさん(トゥーティッキ)と出会います。冷たい言葉に通じて愛を伝えるおしゃまさん(ト…...続きを読む


突然の声「よけろ!そこをどけっ!」に反応できず、何かのものがムーミンにぶつかりました。ムーミンは雪に埋まり、笑い声を聞こえました。そう、リトルミィの登場です。そうして…...続きを読む


ムーミン谷の冬。ダイジェスト版も中盤に差し掛かりました。ムーミンは山に着いて出会った人物とは?ただ木の山は下から上まで燃え盛ってライオンのようなうなり声を上げました。…...続きを読む


冬の間に起きてしまったムーミンとリトルミィ。素晴らしいスキーを見たリトルミイは樽を壊し、板を足につけて自分も滑り始めました。そして初めてスキーにチャレンジするムーミン…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミン谷の冬もとうとう最後になります。暗くて寒いムーミン谷も春をむかえようとしています。しかし、アイススケート場が氷の島々になってしまいリトルミィが…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら