5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の彗星(4)

公開日:2017年12月15日  更新日: 2018年06月21日 関連分類:  

この日、全然風がなく、とても暑いです。

 

誰も起きたくなかったです。

 

ムーミンが先に木から降りました。

 

 

ムーミン谷!

森には緑も花もありました。昆虫と動物はほとんど隠れましたけどね。

6人が前に進めると目の前にムーミン谷が開けました。出発した時と変わらず静かで、青いムーミン屋敷も立っています。

 

ムーミンママはムーミンの帰りを歓迎するケーキを作っています。ムーミンパパはムーミンがなぜまだ帰ってこないのかを心配していました。

じゃこうねずみはムーミンが帰ってきたことをパパとママに伝えると、パパとママは急いで外へ出ていきました。

6人はようやくムーミン谷、ムーミン屋敷に到着し、ムーミンは興奮してムーミンパパとムーミンママに旅の冒険を説明し、他の新しく来た4人もムーミンパパとムーミンママと話し、自分のことを紹介していました。

その中でヘムルは自分の切手アルバムがムーミン谷に飛ばされ、ムーミンパパが保管したことを知り、大喜びで、スニフは大好きな子ネコのことをずっと気にかけていました。

 

※商品ページ:スマホクリーナー :ムーミンママ / ISOISÄN PUULELUT / フィンランド 北欧

 

 

洞窟へ避難!

彗星の衝突時間(夜8時42分)を知ったムーミンパパ、ムーミンママは急いでスニフの見つけた洞窟へ避難する準備を始めました。ちょっとしたお引越しです。

 

手押し車を何台も何往復もしてようやく夕方6時半に運ぶ必要あるものを全て運びました。

スニフは子猫のことがすごく気になり、探しに行きました。

子ネコは自分の体を舐め、スニフが一緒に洞窟へ避難しようと誘ってもあまり反応しませんでした。

 

洞窟の入り口に毛布をドアの代わりに使ったが、スナフキンは地下の火の精からもらったどんな熱でも耐えられる油を毛布に塗り、強くしました。

 

時刻は8時。もう少し時間があることでムーミンママが作ったムーミン歓迎ケーキを食べようとすると、見つからず、じゃこうねずみに座られていると気付いたが、じゃこうねずみは体を動かしたくなく、みんなはすごくがっかりしました。

 

※原作書籍より撮影して引用。

 

おまけに、スニフは誰も自分のことを考えてくれないこと、ケーキも自分へのものではないこと、子ネコのことも考えてくれないことを拗ねて駆け出していきました。

 

時間がもう8時25分、衝突まで残り17分。ムーミンは心配でスニフを探しに行きました。

森でスニフを見つけたら残りわずか6分で一生懸命洞窟に向けって走るだけでした。

洞窟に戻ってスニフがみんなに子ネコのことを紹介し始めるとたん、彗星が地球に突っ込みました。

 

石油ランプがひっくり返って洞窟の中は真っ黒になりました。

山全体がぐらぐら揺れて辺り一面が震え、彗星が悲鳴をあげました。(それとも地球が)

みんなは体を縮め、洞窟の奥に引っ込んでいました。時間が恐ろしく長く感じ、誰もが心細くてたまりません。

暫くしたらスナフキンがすっかり治ったハーモニカで子守りの歌を吹きました。

この夜、誰も洞窟から出ることがありませんでした。

 

※原作書籍より撮影して引用。

最後

翌日、ムーミンが外へ出ると、すべてが同じで色もなく音もしません。しかし、地面に恐ろしい衝撃の穴もありませんでした。

 

その後、スナフキンが「彗星は地球に衝突せずにかすって行っただろう」と推測しました。

 

少し時間が経つと、遠くから海が戻ってきました!

光もどんどん強くなり、いつもの太陽が現れました。

海の生き物も森の生き物も徐々に出てきました。

 

そして、ムーミン一家とみんなはムーミン屋敷が残っているかを見に行くことにしました。

 

終わり。

 

 

※参考書籍(写真引用を含み):「ムーミン谷の彗星」講談社 青い鳥文庫、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、2014年発行(新装版)

 

ムーミン谷の彗星

原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ダイジェスト記事ムーミン谷の彗星、第二弾!ヘムレンさんはこの場所がどこか、天文台がどこにあるか、彗星は何かも知らず、昆虫にしか興味がありません。珍しい昆虫を捕まえよう…...続きを読む


5分で読むムーミン小説「ムーミン谷の彗星」の第3弾です。一緒にムーミン谷の洞窟に隠れて避難しないかとヘムルを誘い、ヘムルはムーミン谷への旅に加わりました。しかし、ムー…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミン谷の彗星もいよいよ最後になりました。彗星の衝突時間(夜8時42分)を知ったムーミンパパ、ムーミンママは急いでスニフの見つけた洞窟へ避難する準備…...続きを読む

 

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら