「ムーミンパパ海へ行く」のモデルとなった島とは?

公開日:2017年9月2日  更新日: 2018年07月10日 関連分類:  

ムーミンパパが海に出て航海し、未知の島に上陸して探検するシーンは覚えていますか?

 

未知の島にある知らぬもの、生物、物語が秘めていたりします。

 

ムーミンの物語を読んでいると、ムーミンパパと一緒に冒険しているような気分になりませんか?

 

トーベ・ヤンソンが海に対する特別な感情

ムーミンの作者トーベ・ヤンソンは海、島と暴風雨に特別な感情を抱いています。

 

彼女は自分の島がほしくて、自分の灯台までほしかったです。

 

トーベは子供のごろから島々と海に多く接触しています。

 

 

夏になるとスウェーデンの島々で家族と一緒に生活していました。1919年からポルボー近くの沖にあるペッリンキ島に移りました。

 

その後、1960年代にトーベはフィンランド湾でクロヴハルという新しい島を発見し、生涯のパトナーと一緒にそこで小さなコテージを立て、30年間ほど夏は常にその島で過ごすことになりました。

 

三つの段階に分かれていますが、トーベの人生に常に島と海がありました。

 

 

「ムーミンパパ海へ行く」とSöderskär島

トーベ・ヤンソンが1965年に発表した作品「ムーミンパパ海へ行く」ではムーミンパパが家族が灯台が放棄された神秘な島へ行って探検する物語が描かれています。

 

Söderskär島とそこにある灯台はポルボー近くの沖にありますが、トーベが作品に書かれた座標とは違いました。

 

 

その座標はトーベのクロヴハル島にかなり近いです。

 

1862年に建造されたSöderskär島の灯台には広大な海の真ん中にしか感じられない静かさ、自分だけのスペースとそこからの創造性があります。

 

島に到着瞬間にわかるはずです。なぜトーベはこんなに島に強い感情を持っているかと。

 

 

Söderskär島の特別展示

2017年の6月からSöderskär島の灯台で「トーベと海」というテーマの特別展示が開かれています。

 

トーベの島での実際な写真と「ムーミンパパ海へ行く」の中にあるイラストをまとめて展示しています。

 

この展示では初めてトーベの青年時代を表す数々のイラストが展示されます。

 

トーベがまだ子供の時に、彼女には冒険が大好きなおじさんハラルドがいました。彼は常に北欧諸国の海を航海し、冒険する日々を航海日誌に残していました。

 

トーベはおじさんの要望に応え、航海日誌の内容に基いてイラストをたくさん描きました。

 

航海日誌のイラストが展示されるのは今回が初めてなので、非常に貴重なチャンスです。

 

 

2018年もこの展示が継続して行われていることがニュースになっています。(Moomin.comブログ記事はこちら)

 

Söderskär島へ行く

Söderskär島はフィンランド湾にある多くの島々の一つで、ヘルシンキとポルボーの間にあり、ヘルシンキからおおよそそ30キロほど離れています。

150年の歴史を持つ灯台の島には現在定期便が運航しています。

 

 
 

詳細

 

Vuosaari:Aurinkoranta

  • 時刻表:Vuosaari 10:30→Söderskär島11:45、Söderskär島 13:00→Vuosaari 14:30
  • チケット:大人58ユーロ、6~12歳子供27ユーロ、6歳未満無料。
  • 乗り場地図

 

Helsinki:Kauppatori

  • 時刻表:Kauppatori 9:00→Söderskär島11:45、Söderskär島 13:00→Vuosaari 16:00
  • チケット:大人60ユーロ、6~12歳子供30ユーロ、6歳未満無料。
  • 場所:Linnanlaituri, Kauppatori, Helsinki
  • 乗り場地図
    ※正確な住所が公式サイトに記載されていませんでしたが、下記場所の周辺が目的地となっています

Söderskär島の場所

※本記事の内容と写真はMoomin.comより引用しております。

 

関連記事

ヘルシンキから東側にわずか50キロの距離にあり、フィンランドでは2番目に古い町Porvooのご紹介です。旧市街はそれほど大きくなく、ゆっくり歩いて回っても2~3時間で全てを…...続きを読む

ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンはフィンランドの首都ヘルシンキ生まれ育ちです。ムーミンの物語は彼女の世界観に多く影響され、その世界観はもちろんフィンランド文化、…...続きを読む

2014年にフィンランドではムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を盛大に祝いました。フィンランドで最も偉大な作家のひとりであるトーベ・ヤンソンは彼女自身の生涯…...続きを読む

全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。 今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介していきます。 &nbs…...続きを読む

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら