5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の彗星(2)

公開日:2017年12月12日  更新日: 2018年06月21日 関連分類:  

珍しい昆虫を捕まえようと穴から全力で引っ張り出したが、昆虫ではなく、ムーミン、スニフとスナフキンの3人です。

 

ヘムレンさんはこの場所がどこか、天文台がどこにあるか、彗星は何かも知らず、昆虫にしか興味がありません。

 

天文台はどこ?

コーヒーポットや他の荷物を地の底に失った3人はパンケーキを食べて近い山の山頂から天文台を探すために歩き出しました。

 

その途中、スナフキンはムーミンによく似ているスノークフローレンの話をしました。

ムーミンはフローレンのことをバカにしながらも気になっていました。

 

翌日、山道を登る3人は鷲に襲われながらも無事に登り、崖に金の輪を見つけ、ムーミンはそれがフローレンのものではないかと思いました。

 

山頂に登ったら天文台を無事見つけることができました。

※原作書籍より撮影して引用。

 

衝撃の事実

3人は天文台に着き、彗星のことを聞こうとしたが、学者から足輪を探すムーミンらしい人が来ていたことを知り、フローレンが近くにいるとムーミンは感じました。

 

その後、彗星のことを尋ね、まさかの4日後に地球に衝突するとの情報を確認しました。

この事実を知り、ムーミンは急いで家に帰ろうとしました。パパとママに知らせなくちゃ!って。

しかし、同時に足輪を渡したいのでスノーク達も探したいそうです。

 

 

 

帰り道

3人が帰り道に急ぐとスニフは重い荷物や食べ物がないことにぶつぶつ文句を言っていました。

となると、突然悲鳴が聞こえ、ムーミンはそれに向かって全力で走り出しました。

 

ムーミンのような形のした女の子が食虫植物に襲われていました。

ムーミンがスナフキンからナイフをもらい、食虫植物の枝を切り落とし、女の子を助けました。

ムーミンは金の足輪を彼女に渡し、彼女は喜んで体が黄色になりました。

 

※商品ページ:幻の ムーミン シート: フローレン / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

 

学者のスノーク

フローレンのお兄さんスノークはすぐに彗星についてどうすればいいのかについて会議を開きました。

 

彗星はいつに到着するか、どこに行くべきか、それぞれどのような利点と欠点があるか、仕事の分担をどうするかなどについて議論したがっていました。

 

しかし、話が全くまとまらず、とりあえずムーミン谷に行くことになり、フローレンの提案により夕食の準備が始まりました。

 

フローレンはジューススープを作り、みんな食べた後一緒に眠りました。

 

※原作書籍より撮影して引用。

売店?

翌日5人はずっと歩き、夕方に「この道」「売店」「野外ダンス場」の看板が立っているところに着きました。

 

フローレンは外で待つが、売店に入ったみんなそれぞれほしいものを選んでいました。

スニフはレイモン水、スノークはノート、スナフキンは古いズボン。ムーミンはフローレンに渡すものを悩んでいる間、フローレンが入ってきました。

 

「水たまりでしか自分を映せないので、かがみがないかな」と聞きました。

 

売店のおばちゃんが素早く見つけたかがみをこっそりムーミンの手に握らせました。

 

更に「メダル」がほしいので、売店のばあちゃんはクリスマストリーの上にある星をメダル代わりに渡しました。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

 

そして、勇者の象徴であるメダルとかがみがムーミンとフローレンのそれぞれのプレゼントに。

 

会計する際、誰もお金持っていないことに気づき、スナフキンの新しすぎるズボンをその対価として交換しました。

 

※ちなみに、お金の単位として使われたのはマルクとペニーですね。まさにフィンランド当時の貨幣の単位です。

 

その後みんなは満足して野外ダンス場に移りました。

 

※参考書籍(写真引用を含み):「ムーミン谷の彗星」講談社 青い鳥文庫、トーベ・ヤンソン/作・絵、下村隆一/訳、2014年発行(新装版)

 

続きはこちら

原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ダイジェスト記事ムーミン谷の彗星、第二弾!ヘムレンさんはこの場所がどこか、天文台がどこにあるか、彗星は何かも知らず、昆虫にしか興味がありません。珍しい昆虫を捕まえよう…...続きを読む


5分で読むムーミン小説「ムーミン谷の彗星」の第3弾です。一緒にムーミン谷の洞窟に隠れて避難しないかとヘムルを誘い、ヘムルはムーミン谷への旅に加わりました。しかし、ムー…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミン谷の彗星もいよいよ最後になりました。彗星の衝突時間(夜8時42分)を知ったムーミンパパ、ムーミンママは急いでスニフの見つけた洞窟へ避難する準備…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む

 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら