5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(5)

公開日:2018年1月28日  更新日: 2018年02月16日 関連分類:  

いよいよムーミンパパの冒険はクライマックスを迎えます!

果たしてどのようなことが起こったのでしょうか?

 

新しい冒険の始まり!「新・海のオーケストラ号」の誕生!

夏至を過ぎたごろ、ミムラの末っ子が生まれ、「ミイ」と名づけられました。(これはリトルミイがムーミン童話小説での初登場です)「ミイ」は「一番小さいもの」という意味だそうです。

 

事件のない平和な日々が続きました。

 

ロッドユールは王様とボタンの遊びをし、国民たちはお化けの驚かし方に飽き、ミムラの娘は嘘をつけるのがうまくなり、竜のエドワードは偶に来て我々に怒鳴りつけるが、ヨクサルに怒鳴り返されていました。

ヨクサルと言えば、食べているか、寝ているか、日向ぼっこをしているか、ミムラと笑ったり木登りしたりしているかです。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

そんな時、突然フレドリクソンが操舵室小屋に来てドアの前に立っていました。船長帽をかぶっていながら。

 

空飛ぶ船、新・海のオーケストラ号が完成しました!

 

その日の午後に除幕式と試験飛行が行われます。

フレドリクソンは誰よりも王様よりも先にムーミンパパに言いに来てくれました。

 

試験飛行を準備する際に、排気管からオートミールが出てきました。

どうやらリトルミイが流し込んだらしいです。これがリトルミイがやった初めてのいたずらですね。

 

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

新・オーケストラ号の驚くべき新しい機能とは!?

空を飛ぶのが怖いロッドユールを除いて新しい自由村の人々は船に乗り込みました。

 

気が付いたらすでに船が飛んでいました。

空を飛ぶ気持ちのいい時間が短く、船は一瞬して海岸に向かい、まっすぐ海中へ突入しました。

 

海の中はとても静かで何一つ音がしませんでした。

 

 

しかし、徐々にかすかな音が聞こえてきました。

 

「うみいぬ、うみいぬ、うみいぬ……」

 

暗闇の中で数え切れないほど小さな影のようなものが見えました。それはウミヘビや魚たちでした。

魚たちみんな一つずつ鼻の上に小さなランプを乗っけていました。しかし、どのランプも光がついていませんでした。

 

ヨクサルは悪い予感をしたが、リトルミイは「わたしたちも、明かりをつけましょうよ。」と言いました。(これは恐らくリトルミイの初めての言葉です)

 

未知の深海で出会った恐ろしい怪物……その姿は?

無線聴音機から聞こえました。

 

「うみいぬだ。明かりを消せ。食べられてしまうぞ」

 

リトルミイはまた言いました。

「食べられてしまうわ」

 

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

そうしたら音がずっと近づいてきました。海のオーケストラ号は落ち着きなく揺れ出し、聴音機は怒った猫のような音を立て、私は首筋の毛が逆立つのを感じました。

 

「フレドリクソン、ランプを消せ!」とムーミンパパは言いました。

 

真っ暗になる直前に左舷のほうに、ちらとうみいぬが見えました。

なんとも言えない恐ろしい生き物でした。暗がりの中では、あとは空想するばかりでしたから、怖さがまた一層生ましたのです。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : スノーランタン 2007年 冬限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

海底の怪物がもたらした災難!ムーミンパパは無事だったのか?

うみいぬは舵を食べ始めました。

 

海のオーケストラ号は脱出を試みたが、うみいぬに持ち上げられ、ひっくり返され、船の中はごちゃごちゃになりました。オートミールや、メリケン粉や、コメや大麦が、みんなごっちゃにこぼれだしました。

 

ミムラの子供たちの長靴や、お化けの編みかけの靴下や、ヨクサルのたばこの缶もひっくり返って、もうめちゃくちゃです。

 

と、その時!

 

竜のエドワードは海に頭を突っ込み、窓から船の中を覗き込んでいました。

竜のエドワードはうみいぬを踏み潰しました。窓からうみいぬがバラバラになったのが見れました。

 

フレドリクソン、ムーミンパパ、ミムラ夫人は竜のエドワードに感謝したが、竜のエドワードはそれを疑いながらも「明日の朝コーヒーを飲みに来る」と言って去っていきました。

 

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

その瞬間、海全体が光り出しました。

何百万、何千万の魚が灯をつけました。シャンデリア、懐中電灯、ランプ、ろうそく(ろうそく!?海の中で?)、電球、アセチレン灯など様々なあかりでした。

 

みんな嬉しそうに感謝の踊りを踊りました。

それまで陰気だった海は、虹のように輝きだしました。海底は青々とし芝生のようで、その上に紫や赤や黄色のイソギンチャクの花が咲き乱れ、ウミヘビたちは、喜びのあまり、逆立ちをしていました。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ダイジェスト、ムーミンパパの思い出第二弾です。家を建てようとしたこと、あきらめたことを自分の最初の大きな経験として数えたムーミンパパは小川に沿って進みました。ムーミン…...続きを読む


ダイジェスト版ムーミンパパの思い出も第三弾です。冒険に真逆なヘムレンおばさんが突如に登場!突如のことにムーミンパパは思わずしっぽを45度の角度に立ててしまいました。ム…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミンパパの思い出第4弾。嵐のど真ん中に海のオーケストラ号は激しく揺れました。ムーミンパパは手あたり次第のものに必死に捕まっていながら自分は「ヘムレ…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミンパパの思い出も第5弾に突入しています。いよいよムーミンパパの冒険はクライマックスを迎えます!果たしてどのようなことが起こったのでしょうか?夏至…...続きを読む


ムーミンパパの思い出、ダイジェスト記事もとうとう最後の第6弾です。深海の大ピンチを凌いだムーミンパパたちは帰り道に着きました。その途中に、まさかあの気弱なロッドユール…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら