5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(4)

公開日:2018年4月17日  関連分類:  

落ち込んだムーミンパパを励ましたいムーミンママは窓にカンテラでも吊るしたいと言い出したが、モランが来てしまうと恐れたムーミンはそれを止めました。

 

何日経ってもしつこい東風は止みませんでした。

でも雨は止んだので、ムーミン一家は島を見回ることにしました。

 

※写真出典書籍:『ムーミンパパ海へいく』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

なかなかうまくいかないムーミンパパの島での新生活

ムーミンパパが石を落として作った防波堤が消えてしまい、ムーミンママが海草を運んで土を作ろうとした場所にある海草も消えてしまいました。

全てが波に持っていかれたのでした。

 

ムーミンパパはひどく落ち込んでいました。

「道を作ろうとしても無理だね。ここの石が大きい過ぎてだめなんだ。桟橋を作るのも無理だろう。」

ムーミンママは灯台の中でも色んなことができ、物が作れると慰めたが……

 

現実を直視しようとしなかったムーミン

ムーミンパパとムーミンママが灯台に帰るのを見送り、ムーミンは茂みにある自分の空き地に行きました。

 

アリが一匹もいません!

雨に流されたのかなと思って草の中を見ると、灯油のにおいがしました。

 

ちゃんと見ると、大量なアリが灯油漬けになっていました。

ムーミンはリトルミイを思い出しました。

 

「だって、アリって蚊と同じようなものでしょう。だからアリをやっつけるのはいいことじゃないの。どっちにせよ、あなたは私がありに何をするか、ちゃんと知っていたはずよ。あなたは私がそれを口に出さないことを願ってただけだわ。あんたったら、本当に自分自身を騙すのが上手ね!

 

ムーミンは答えることができませんでした。

それから丸二日、ムーミンはムーミンママと網から海草を取り除いたのでした。

 

 

新しい環境でやる気を失いつつあるムーミン一家

雨がまた降り出しました。

灯台の中はあっちこっち雨漏りでした。

 

ムーミンパパはうんざりして釣りに出かけました。

黒い池で釣りしてもぜんぜん釣れず、海岸のほうに移り、漁師に出会いました。

 

漁師に灯台守りの話をしても相変わらずなんでも忘れちゃったとしか返事がきません。

ムーミンパパは1匹の魚を釣り上げ、持ち帰りました。

 

それからムーミンパパは毎日釣竿を持って釣りをしていました。

釣り以外には全く興味を失っていました。

 

ムーミンパパやムーミンママはいつも考え事があってムーミンが何をやっているに気づかなかったです。

リトルミイは何をしているか、何を考えているか誰も知りませんでした。たいていは漁師の後を追いまわしているのでした。

 

うみうまに夢中するムーミンとカンテラの明かりに夢中するモラン

ムーミンはよくカンテラを持って浜に降りていました。

ムーミンにとってモランは危険というより不思議だけでした。

モランはいつもカンテラの明かりを見つめていました。

 

※写真出典書籍:『ムーミンパパ海へいく』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

ある夜、2匹のうみうまが来ました。

カンテラを蹴っ倒して月の光の邪魔だと言いました。

 

ムーミンは1匹のうみうまの足にかなぐつがないことに気づき、ママから取り戻して返してあげると言い出しました。

うみうみは(来るのを)「また別の夜にね」とだけ言って去っていきました。

 

その後の日々に、ムーミンはカンテラを持たずに海辺に行くようになりました。

モランは来ますが、うみうまは姿を現しませんでした。

 

ムーミンはモランに「あなたに構っている暇ないんだよ。ここはパパの島なんだ。もう来ないで!」と言って帰りました。

 

茂みのはずれですべてを見たリトルミイは言いました。

「あの子は、今度こそ、にっちもさっちもいかなくなったわ。モランとかかわりあったり、うみうまと友達になろうとするから、ああいう目にあうのさ。」

 

ムーミン一家がばらばらに送るようになった生活

灯台の家に魚が溢れ、ムーミンパパは釣りにうんざりになり、竿を置いて散歩に出かけました。

ムーミンパパは黒池まで行き、色々想像したら、興奮して黒池を調べることになりました。

 

ムーミンは自分の空き地で転がり、茂みに三つもの出入り口を作りました。

アリのことも、モランのことも気にしなくなり、うみうまのことばかり考えていました。

 

ムーミンママは家中を綺麗に片づけたが、ある日からたきぎを島中から集め始め、ずっとのこぎりを引いていました。

気が付けば、ムーミンママは薪の山に囲まれるようになりました。

ムーミンママは自分の仕事を見つけたようです。

 

ムーミンママは薪集めで砂浜で貝を見つけ、ムーミンパパに持って行って見せました。

しかし、ムーミンパパは池のことと海のことをもっと調べるべきのことにしか興味がありませんでした。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : ドルフィンダイブ 2007年 夏限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

夜にムーミンはカンテラを灯さずに銀のかなぐつを持って砂浜に降りていきました。

ムーミンの目が暗さに慣れてくると、うみうまが1頭霧の中から出てきました。

 

うみうまは貴婦人がよくやるようなさりげない様子でかなぐつに足を突っ込みました。

ムーミンはうみうまに声をかけ、話しましたが、うみうまは聞いていませんでした。

 

ムーミンが話を続けているときにモランが現れ、うみうまは去っていきました。

モランはムーミン目掛けてやってきました。

ムーミンは家に戻るように走りました。

 

しかし、今回モランは海辺で止まらず、島の中に入って追いかけてきました

ムーミンは家の扉をバタンと閉め、ベッドに入り、想像の夜の遊びである「救助ごっこ」に逃げ込みました。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミンパパ海へいく』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(1)
公開日:2018年4月14日 
全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。 今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介していきます。 &nbs…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(2)
公開日:2018年4月15日 
ムーミン一家が話に答えてくれない漁師をちょっと変だなと思っていた直後に、ボートは砂浜に突っ込みました。 みんなは島の熱い息を感じることができました。   島へ到着!…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(3)
公開日:2018年4月16日 
ムーミンパパは灯台への道に手すりを作り、小さいベッド二つも作り、海辺から樽を拾ってきました。 その後ずっと灯台の上の部屋で明かりがつくように何かをやっていましたが、ど…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(4)
公開日:2018年4月17日 
落ち込んだムーミンパパを励ましたいムーミンママは窓にカンテラでも吊るしたいと言い出したが、モランが来てしまうと恐れたムーミンはそれを止めました。   何日経ってもし…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(5)
公開日:2018年4月18日 
翌日の朝に起きたムーミンパパはカレンダーを探していました。 日付を知らないといけないとか、観察したものをちゃんと記録しないといけないとか言っていました。   ムーミ…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(6)
公開日:2018年4月19日 
ムーミンママとムーミンパパは、森が確かに灯台に近づいてきていることを午後になってからやっと気が付きました。   「これは一体どういうことなの。」ムーミンママがムーミ…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の十一月(1)
更新日:2018年4月22日 
ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。 より短く、より早く読めるように、物語の要点が漏れないように心掛けて製…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。










ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら