ムーミンパパ、ニョロニョロと旅をする(その1)

公開日:2018年4月11日  更新日: 2018年06月04日 関連分類:  

今回お話しするのは、不思議ないきものとして知られているニョロニョロに対して関心を抱いた、ムーミンパパのお話です。

 

何を考えているのかもわからない、不思議ないきものニョロニョロ

 

謎の多き彼らのことが気になったムーミンパパは、どのような行動をとり、そして、どのように感じるのでしょう。

 

 

ちなみに、ニョロニョロが、ムーミン谷の住人たちからどのように思われているかについては、以前『ニョロニョロとムーミン谷の住人たちの関係は? ニョロニョロが悪く思われている!?』という記事でお話ししています。今回のテーマは、ここからつながるお話ですので、もしよければこちらも読んでみてくださいね。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : クリスマスマグ 2004~2005年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

その旅は、ムーミンパパの退屈から始まった……

「ベランダでのんびりしている父」……そんな自分に飽きてしまったムーミンパパの元に現れたのは、ニョロニョロでした。

 

退屈していたムーミンパパは、得体のしれない存在であるニョロニョロたちに興味を抱きます。

 

どこを目指しているのかもわからない、終わりのない旅を続けているニョロニョロたち。

 

そんな彼らがボートで海へ漕ぎ出していくのを見て、冒険家魂に火がついてしまったムーミンパパは、ニョロニョロたちの不思議な旅についていってみることに決めました。

 

誰にも告げずに旅立ったムーミンパパは、いずれムーミン谷に帰ってこようとも考えなかったようでした。

 

ニョロニョロたちと旅をする、という決意は、とてもとても固いもので、単なる暇つぶしの一環などではなかったようです。

 

 

 

 

ムーミンパパと、ニョロニョロの旅路はどこへ?

得体のしれないニョロニョロたちの、得体のしれない旅に同行することを決めたムーミンパパ。

 

しかし、ご存知の方も多いでしょうが、ニョロニョロたちは何かを話したりすることはありません。それは、ニョロニョロ同士でも変わることはなく、彼らはただ静かに、ユラユラと揺れながら、誰が決めたのかもわからない旅路を行くばかりです。

 

ムーミンパパは、なんとか彼らとコミュニケーションをとろうと試みました。

 

しかし、ニョロニョロたちが返してくれるのは手を振ったりお辞儀をしたりという動作だけ

 

しかも、それらもムーミンパパのアクションにはまったく関係のないもので、コミュニケーションとしてはまったく成立していなかったのです。

 

そこには、ムーミンパパが大好きな、ドキドキやワクワク、ロマンの詰まった冒険なんてありません。それどころか道中に楽しい会話が交わされることもないし、ましてやケンカになってしまうことだってありません

 

 

※商品ページ:ムーミンエコバッグ:リトルミィ(レッド) / Blue House / フィンランド 北欧

 

そんな退屈な旅路にムーミンパパが耐えられるはずもなく、それこそ楽しめるはずなどもなく。

 

これは退屈から始まった旅であったはずなのに、その旅すらも退屈だなんて、ムーミンパパはきっと思いもしなかったはずです。これでは、せっかく火がついた冒険家魂だって、力なくしぼんでしまうことでしょう。

 

 

こんな、とんでもない旅に参加してしまったムーミンパパ。

 

この後、ムーミンパパはいったいどうなってしまうのでしょうか。

 

続きは『ムーミンパパ、ニョロニョロと旅をする(その2)』でお話しますので、こちらもぜひ読んでみてくださいね。

今回は、『ムーミンパパ、ニョロニョロと旅をする(その1)』の続きになるお話です。   前回の記事では、ムーミンパパがニョロニョロたちと旅をすることになった経緯、そし…...続きを読む

人間であれば、誰でも憧れを持ったことがあるでしょう。   その憧れは人気者の同級生であったり、格好いい先輩であったり、尊敬されるグループのリーダーであったり、輝く芸…...続きを読む

 

 

関連記事

 

 

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。













ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら