5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(6)

公開日:2018年3月21日  関連分類:  

島に着いた3人のニョロニョロは島に上陸し、島のてっぺんに立っていました。

ムーミンパパも島に上陸したが、島全体が大量且つとても小さい赤いくもに覆われていることに気づき、とても気持ち悪くなって自分が先にボードに戻りました。

 

手を振るしか反応のないニョロニョロと謎な白樺の皮の巻物

暫くしたらニョロニョロが戻り、再び出航しました。

ムーミンパパは焦って怒った口調でニョロニョロに返事を求めたが、ニョロニョロは手を広げるだけで、何の返事もありませんでした。

 

ニョロニョロ達が白樺の皮の巻物を見つけました。

しかし、その巻物に何も書かれていないし、何か特別ということもありません。

一体この木の皮の巻物はニョロニョロにとってどんないみがあるでしょうか。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ナイトセーリング 2010年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

ニョロニョロからどうしても返事もらえないが、同じボートに乗っているムーミンパパは3人のニョロニョロに少しの仲間意識が生まれました。

 

あるとても暑い日に、夕方近くなるとムーミンパパは夕立が来そうな感じがしました。

ムーミンパパはいつも夕立が来るとすごく興奮します。

 

遠くの沖に巨大なウミヘビが鼻を鳴らしながら転げ回っていました。

しかし、彼らはニョロニョロを怖がっているようで近づいてきませんでした。

 

大量なニョロニョロに遭遇!?

暫くしたら、もやの中からたくさんのボートとたくさんのニョロニョロが出てきました。

7人乗っているボート、11人乗っているボート、5人乗っているボートが全て同じ方向に向かって進んでいます。

 

 

海はボートで埋まりました。

みんなが木が一本もないし、高い断崖もない、低い岩礁の島ほうへ向かって進んていました。

 

ニョロニョロはみんな上陸しました。

ムーミンパパと一緒にボートを乗った3人のニョロニョロも上陸し、一瞬にして姿が見えなくなりました。

ムーミンパパは急いで探したが、ニョロニョロはみんな似ていてどうしても見つかりませんでした。

 

全てのニョロニョロが島に集まると、突然全員赤い目でムーミンパパに向かいました。

ムーミンパパはニョロニョロ達が戦争する気だと思い、戦う構えをしました。

しかし、ニョロニョロは一人ずつ寄ってきてお辞儀をするだけでした。

 

夕立、稲妻と神秘なニョロニョロたち

夕立雲が高く空に昇り、近くの海で稲妻が光り、ニョロニョロは島の中央に集まり、夕立雲を待ち受けていました。

稲妻が光るたびに一人または一人と小さい電球みたいに光り始めました。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

夕立雲がぐんぐん近づき、ムーミンパパが手に弱い電気ショックを感じた時、空気中に雨が混じっていました。

その時、ムーミンパパは思いました。

 

「いけない。ぼくはいったいどうなるんだ?僕はニョロニョロじゃない、ムーミンパパなんだ。何をこんなところでしているんだ?」

 

ムーミンパパは周りのニョロニョロを見渡し、ニョロニョロに命を吹き込むには大夕立だけができることがわかりました。

 

ニョロニョロは素晴らしい自由な生き物だと考えたが、そうでもないと思いました。

彼らは喜ぶことも失望することもない。誰かを好きになることも怒ることもない。誰かの誕生日を祝うこともなければビールを飲みすぎて後悔することもないと思います。

 

「ぼく、家に帰るよ!すぐに出発するよ!」と言いました。

 

ムーミンパパは突然悟ったのでした。

家にいても、本当のパパがそうあるべきほどには、自分は十分自由で冒険好きでいられるのだ、と。

 

商品ページ:木製ツボ押し(マッサージ器) :ムーミンパパ / ISOISÄN PUULELUT/ フィンランド 北欧

 

スニフとセドリックのこと

ある日、スニフはひどく落ち込んでいました。

彼がムーミンの話を信じて自分の大好きな犬のおもちゃ「セドリック」をガフサ夫人の娘にあげてしまいました。

ムーミンはスニフに「本当に好きなものを人にやったら10倍にもなって帰ってくるよ」と言ったからです。

 

夜になってもスニフは眠れなくて川沿いに歩いたらスナフキンのキャンプ地に辿り着きました。

スナフキンはスニフを見て自分のお母さんのおばさんの話を始めました。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

「昔にある女がいた。彼女には子供がいなく、常にものを大切にし、生活に不自由がなかった。少しつまらなく感じるが」

 

「ある夜に彼女は骨付きカツレツを食べていた時、大きいな骨を飲み込んでしまった。その時からどうもお腹の調子が悪く、数日経っても治らないから医者に訪ねてみると、この骨を取り出すことができないと言わたんだ。」

 

「おばさんはもう長く生きられないと悟り、医師に確認したら、あと2~3週間ほどと言われた。」

 

それから彼女は考えました……

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


9つのミニストリーをご紹介しているダイジェスト版ムーミン谷の仲間たち。2つめのストーリーの:ぞっとする話(ホムサの想像の世界とリトルミイ)の続きと3つめのストーリー:こ…...続きを読む


9つのミニストリーをご紹介しているダイジェスト版ムーミン谷の仲間たち。3つめのストーリー:この世の終わりに怯えるフィリフヨンカの続きと、4つめのストーリーである世界で一…...続きを読む


9つのミニストリーをご紹介しているダイジェスト版ムーミン谷の仲間たち。ムーミン小説/童話『ムーミン谷の仲間たち』の中にある9個の小物語の5個目の物語はあるヘムレンさん…...続きを読む


9つのミニストリーをご紹介しているダイジェスト版ムーミン谷の仲間たち。6つ目のストーリーは「目に見えない子」の話です。その子の名前はニンニで、ニンニは姿が見えないだけ…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミン谷の仲間たちも7つ目のストーリーに突入です。「ニョロニョロの秘密(ムーミンパパと)」の続きと8つ目のストーリーである「スニフとセドリックのこと…...続きを読む


ムーミン谷の仲間たち、ダイジェスト版もこれで最後となります。8つ目のストーリーである「スニフとセドリックのこと」の続きと、9つ目、最後になる「もみの木(とムーミン一家の…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら