5分で読むムーミン小説:ムーミンパパの思い出(1)

公開日:2018年1月17日  更新日: 2018年02月16日 関連分類:  

ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。

 

この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を書き残し、本にする内容です。

 

果たして、ムーミンパパの若い時はどのような冒険をしたのでしょうか?

 

 

ムーミンパパの辛い捨て子ホーム時代

小さいごろのムーミンパパは紙袋に入れられ、ムーミン捨て子ホームの階段に置かれていました。

 

このホームの経営者ヘムレンさんが維持した環境及び規則の中でムーミンパパは生活し、成長していました。

 

 

※ここのヘムレンさんはヘムリ族の一人で、『たのしいムーミン一家』に登場したヘムレンさんとは別人です。アニメの中では「ジェンおばさん」という名前で登場しています。

 

ムーミンパパは小さいごろから好奇心旺盛でどんなことに対しても「なぜ?どこで?誰が?どのように?いつ?」を考える習慣がありました。なぜ物事はこうなっているのか?なんで反対にならないのか?なぜムーミンはムーミンでヘムレンになっていないのか?とか。

 

しかし、ヘムレンさんが経営するムーミン捨て子ホームの人々は規則に沿って生活し、物事に疑問を持つような考え方がありませんでした。

 

恐らく、ホーム経営者のヘムレンさんが「規則・規律第一」という原則でホームを運営しているからでしょうね。ムーミンパパにとって捨て子ホームの生活は憂鬱な時代でした。

 

※写真は書籍より撮影して引用。参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

自分の人生を自分の手で変えてやる決心の時

ある年の春、ムーミンパパは春の到来が来した独特な空気を吸い込み、ヘムレンさんに怒られる可能性を知りながらも海辺へ行きました。

 

滑らかに凍って光っている氷からムーミンパパは初めて自分の全身像を見ました。

 

透明な氷から海底の世界が暗く映っていました。ムーミンパパは氷の薄さを確認しながら進んでいましたが、一瞬氷が割れ、ムーミンパパは冷たい海に沈んでしまいました。

 

体の力を振り絞り、氷の上によじ登って最後に無事に家に帰りましたが、体が震えても誰一人自分になぜ震えているかって聞いて来る人がいませんでした

 

このようなことがムーミンパパに決心させました。

 

商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

第一歩を踏み出すムーミンパパ:家を出る

その日の夕方、ムーミンパパはお別れの手紙を書きました。

「ヘムレン様、大きな使命が、私を待っているような気がします。それに、ムーミンの命は短いのです。ですから私は、ここを出ていきます。さようなら。悲しまないでください。

私は栄冠を飾って、戻ってきます!なお、マッシュカボチャ1缶もらっていきますよ。さようなら。ふんがわりのムーミンより」

 

一晩中、ムーミンパパはマッシュカボチャを持ちながら見知らぬ恐ろしい景色の中を彷徨い歩きました。

怖くても捨て子ホームに戻らなかったです。なぜならお別れの手紙を書き残したからです。

 

ムーミンパパの新しい人生と初めての自由

歩いていると、夜が明けました。一日目の朝です。清々しい朝で、ムーミンパパの朝、ムーミンパパだけの朝でした。

 

初めて自由を手に入れたムーミンパパはとても嬉しかったです。

体を洗わせられることがなければ、時計が5時になったからというだけで食事をする必要もないです。

一日目のムーミンパパはこの特別な気分を味わいながら、自分のことを考え、手に入れた自由について考え、楽しかったです。

 

その時、ムーミンパパは有名な冒険家になろうと考えました。

朝に目が覚めると、真上に鮮やかな緑の世界を見ました。木々は目が回るほど高く、槍のようにまっすぐに、緑の天井を支えていました。すごくきれいな世界でした。

 

※商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

家を持つムーミンパパの夢とムーミン屋敷

森を進めるムーミンパパが初めて出会った話せそうな相手はヤマアラシさんでした。

森の話、ヘムレンさんの話などを話したいのに、ヤマアラシさんはあまり興味を持ってくれませんでした。

 

少し腹立ったがムーミンパパは再び考え始めました。森は誰のものでもあるというのは自分のものでもあることです。

 

自分の場所でもあれば、自分の家を建てようではないか!と。自分の家!自分だけの家!

 

少し前の場所には小川が流れ、緑の空き地がありました。ムーミンパパはそこで自分の家のデザインを想像し始めました。一階には広い広間、二階や三階にはいくつかの部屋とバルコニー、屋上には金色の玉で飾るなど。

 

※写真は書籍より撮影して引用。参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

金色のペンキが必要でヤマアラシに借りようとしたが、自分の想像力が強すぎで既に家は立ってあると思い込み、ヤマアラシを自分の家を見に来るよう誘いました。

ヤマアラシが来たら、当然そこに何もなく、ヤマアラシは文句を言っているようにぶつぶつ言いながら帰りました。

 

そこでムーミンパパは気づきました。家を建てると、冒険ができなくなることと、一生その親切ではないヤマアラシとお隣さんでいなければいけないこと。

ムーミンパパはそこで家を建てることを諦め、冒険を続けました。

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミンパパの思い出』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、小野寺百合子/訳、1990年発行

 

 

大自然・森であれば誰でも自由に入って楽しめる北欧コンセプト

「この美しい場所は、誰のものなのですか?」

「誰のものでもないの。みんなのものよ。」

「じゃあ、僕のものでもあるわけですか?」

「ご勝手に。」

森に入ったムーミンパパとヤマアラシとの会話です。

 

北欧の大自然に対する考え方が現れています。

 

大自然や森は誰が所有しているにも関わらず、誰もが自由に入り、その環境を自由に楽しむことができると北欧諸国では法律で定められています。

詳しくはこちら:フィンランドの自然享受権とは?

 

このような考え方もムーミンの物語に反映されています。

 

「大自然はみんなのもの」ですと。

 

続く。

ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ダイジェスト、ムーミンパパの思い出第二弾です。家を建てようとしたこと、あきらめたことを自分の最初の大きな経験として数えたムーミンパパは小川に沿って進みました。ムーミン…...続きを読む


ダイジェスト版ムーミンパパの思い出も第三弾です。冒険に真逆なヘムレンおばさんが突如に登場!突如のことにムーミンパパは思わずしっぽを45度の角度に立ててしまいました。ム…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミンパパの思い出第4弾。嵐のど真ん中に海のオーケストラ号は激しく揺れました。ムーミンパパは手あたり次第のものに必死に捕まっていながら自分は「ヘムレ…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミンパパの思い出も第5弾に突入しています。いよいよムーミンパパの冒険はクライマックスを迎えます!果たしてどのようなことが起こったのでしょうか?夏至…...続きを読む


ムーミンパパの思い出、ダイジェスト記事もとうとう最後の第6弾です。深海の大ピンチを凌いだムーミンパパたちは帰り道に着きました。その途中に、まさかあの気弱なロッドユール…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら