ムーミンの裏側の話:原作者トーベ・ヤンソンの思う「愛」「戦争」と「ムーミン」とは?(二)

公開日:2017年11月6日  更新日: 2020年01月02日 関連分類:

※本記事の内容はBBCより引用しております。

 

戦争の時期と直後に出版されたトーベ・ヤンソンの2作品「小さなトロールと大きな洪水」と「ムーミン谷の彗星」は大きいな反響を得られませんでした。

 

それが1951年に「楽しいムーミン一家」が英訳され、出版されるまでです。

 

 

トーベ・ヤンソンの秘密

「楽しいムーミン一家」に新たに登場したトフスランとビフスランにはムーミン原作者のトーベ・ヤンソンの秘密が秘めていました。

 

トフスランとビフスランはいつも一つのスーツケースを抱えています。人に渡すこともなく、開けることもありません。

これはトーベ・ヤンソンとヴィヴィッカという女性との同性愛について表現されたものです。

 

当時フィンランドでは許されない同性愛について隠すしかありませんでした。

※フィンランドの同性愛婚姻は2014年に国会で承認され、2017年3月から正式発効となり、フィンランドは国として正式的に同性愛婚姻を認めることになりました。

 

物語の最後にトフスランとビフスランのスーツケースから現れたのが一つの大きくて綺麗なルビーでした。それはトーベ・ヤンソンとヴィヴィッカとの愛を表しているものです。

このスーツケースをずっと追い続けてきたモランもそのような愛を手に入れたいからだそうです。

「彼らは愛をスーツケースの中に隠していました。しかし、その中身をムーミン谷の皆さんに公開して見せる時にそれはとても美しい瞬間でした。」とBoel Westinが言いました。

 

※写真中の製品:ムーミン マグ カップ : ウィンター ナイト 2006年 冬限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

ムーミン漫画の成功

「楽しいムーミン一家」の成功はすぐにロンドンにある漫画コンテンツ配給会社の注意を引き、ロンドン新聞夕刊に週6回の漫画連載のチャンスを1954年に得られました。

 

その後、大ヒットとなり、世界中120社の新聞社がその漫画を転載し、千2百万の読者に届けることができました。

 

参考記事:

 

この時、世に知り渡れたムーミンによってトーベ・ヤンソンに様々ななコラボ案が降り舞ってきました。

その一つはディズニーが「ムーミン」という名前の使用独占権を求めてきたことです。トーベ・ヤンソンはその提案を却下しました。

そして、間もなくの間、トーベ・ヤンソンはムーミンの大ヒットに困ることもありました。

彼女は常にムーミンの漫画連載に新しいアイディアを考えなければいけません。そして、漫画を描き続けることで、彼女は絵画や小説執筆へ使える時間が無くなり、苦しくなった時もありました。

 

新しい出会い

1956年にトーベ・ヤンソンは新しい人に出会いました。

それはあるパーティの出来事でした。

トーベ・ヤンソンはアーティストの後輩である女性のTuulikki Pietilaに出会い、ダンスに誘いましたが、Tuulikkiは、女性は女性と一緒に踊らない社会慣習を理由にその誘いを断りました。

しかし、その後トーベ・ヤンソンはある冬の日にTuulikkiのアパートに訪ね、彼女と一緒にワインを飲んだり、音楽を聴いたりしていました。

トーベ・ヤンソンの次の著作はTuulikkiの影響を強く受けていることが明らかです。

 

ムーミン谷の冬」に登場したトゥーティッキはまさにTuulikkiです。

 

トゥーティッキはムーミンにとって冬の友人であり、冬の案内人でもあります。

この作品からTuulikkiはトーベ・ヤンソンにとってとても大事な存在であることがわかりやすく、この作品はTuulikkiに関する本でもあり、彼女のための本でもあります。

 

※写真中の製品:幻の ムーミン シート: ムーミン とリトルミィ / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

ムーミンと海

ムーミンと海は常に深い関係があります。それはムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンも海と深い関係があるからです。

 

トーベ・ヤンソンはよく家族と夏にフィンランド湾にある無人島Klovharuに行っていました。

 

「トーベ・ヤンソンは家族と海に航海し、島々を探検していました。」トーベの姪であるソフィア・ヤンソンが言いました。

 

「トーベは実際にそうしていました。島々に行って探検したり、キャンプしたりしていました。ムーミンの物語を読むとなんかすごいと感じますが、フィンランドでは島に行けば、このくらいのことをやるのは極一般的です。我々は今でもこのようなことをよくやっています」

 

続きは(三)をご覧ください。

 

シリーズ記事

 

関連記事

1964年にトーベ・ヤンソンとTuulikkiはKlovharu島に小さなコテージを建てました。水道も電気もないですが、彼らは夏の数か月にここを訪ね、何にも邪魔されずに仕事をしたりしてい…...続きを読む
ムーミンの原作者であるトーベ・ヤンソンはフィンランドの首都ヘルシンキ生まれ育ちです。ムーミンの物語は彼女の世界観に多く影響され、その世界観はもちろんフィンランド文化、…...続きを読む
ムーミンというキャラクターはどのように生まれたかって思ったことありませんか?原作者のトーベ・ヤンソンはどのようにムーミンを書き出したか、最初のムーミンはどういう感じで…...続きを読む
「ヤンソンさんの誘惑」ってスウェーデンの家庭料理をご存知ですか?実はクリスマス料理の定番でもあるんです。面白いネーミングですがどういうものかというと、じゃがいもとたま…...続きを読む
ヘルシンキに残されたムーミン原作者トーベ・ヤンソンの足跡の第二弾です!今回はトーベ・ヤンソンのスタジオ、デザイン博物館、ヘルシンキ美術館、アテネウム美術館そしてトーベ…...続きを読む
アンチョビソースで「ヤンソンさんの誘惑」に挑戦してみました。ところが料理の途中で耐熱皿がないことに気づき悩んだ末フライパンで作ることに。グラタンではなく煮物になってし…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.雑貨と現地ツアーに通じて幸せを増やしたい

「フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」という目的を果たすため、キートスショップ現在は「フィンランド雑貨販売」と「ヘルシンキ現地ツアー」の2軸で事業を展開しております。フィンランドの雑貨が好きな方により良い製品、より早く、より良い価格でご提供し、フィンランド雑貨をお客様が手に取る際の喜びを想像しながら事業を運営しております。また、実際にフィンランド・ヘルシンキまで旅をされた方々にはフィンランド文化の核心価値を実際にご体験頂けるヘルシンキ現地ツアーをサービスとしてご提供しております。

「キートスショップで買ってよかった!」「キートスショップのツアーに参加してよかった!」というお客様の声を糧に、より良い商品を提供できるよう、より良いツアーを提供できるよう進めていきたいと思います。

3.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop

4.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら