ムーミンが歩いてきた軌跡(一):すべてが1914年から始まる

公開日:2017年9月11日  更新日: 2018年07月10日 関連分類:

フィンランドを代表するキャラクター:ムーミン。

 

実はムーミンの話は1914年から始まっています。

 

1914年トーベ・ヤンソン誕生

1914年8月9日にフィンランドのヘルシンキにある父が彫刻家で母が画家の芸術家一家で長女として生まれました。

 

兄弟の二人も芸術関係の道を歩みました。

 

弟のペル・オロヴは写真家になり、もう一人の弟ラルスは作家と漫画家になり、姉のトーベと一緒に13年間もムーミンの漫画を描き続けていました。

 

ラルスは日本で放映されるムーミンのアニメを監修するため、来日したこともあります。

 

ラルスの娘であるソフィアは現在ムーミンキャラクターズ社のクリエーティブディレクターを務めています。

 

参考記事:ムーミンを広める最前線の一人:ソフィア・ヤンソン インタービュー

写真出典:https://www.moomin.com/

 

1935年トーベ・ヤンソンが美術・芸術を勉強

トーベが成人となり、本格的に美術や芸術の勉強を始めました。

 

1930~1933年の間にストックホルムにて芸術、手工芸、デザインを学び、1933~1930年にフィンランドで現在芸術について学びました。

 

彼女が初めてムーミン関連の絵を描いたのは1943年にガルム雑誌に掲載されたイラストでした。

 

1945年ムーミン物語が初出版:「小さなトロールと大きな洪水」

スウェーデン語で書かれた初のムーミン物語「小さなトロールと大きな洪水」が1945年に始めて出版されました。

 

ムーミン谷に洪水が氾濫し、ムーミンとムーミンママがムーミンパパを探し、ムーミン谷に戻る道を探す物語です。

 

 

 

 

1946年二冊目出版:「ムーミン谷の彗星」

「ムーミン谷の彗星」は実にムーミン物語シリーズの第一作目とも思われています。

 

この物語の中でスナフキンやフローレンなどの主要なキャラクターが初めて登場し、物語の主体もムーミン谷にあるからです。

 

 

1948年第三作:「楽しいムーミン一家」

「楽しいムーミン一家」はムーミン物語シリーズの第三作ですが、英語に翻訳され、出版されたものとして第一作になります。

 

そのため、「楽しいムーミン一家」には異なる英語のタイトルがあります:「マジシャンの帽子」。

 

1980年代までに「小さなトロールと大きな洪水」も「ムーミン谷の彗星」も英語版が出版されていないので、1961年以降に「楽しいムーミン一家」にはムーミンママがムーミンのことを簡単に紹介する内容が加えられました。

 

「小さなトロールと大きな洪水」と「ムーミン谷の彗星」を読んだことのない英語圏の子供たちによりムーミンのことを理解してもらうためです。

 

 

1950年第四作:「ムーミンパパの思い出」

最初に出版されたタイトルは「ムーミンパパの輝かしい過去」ですが、トーベによって1968年に内容を大幅に書き換えられ、タイトルも現在の「ムーミンパパの思い出」に変わりました。

 

本作の内容は前作にも言及され、主にムーミンパパの過去のことについて書かれています。

 

今までの作品と異なり、「ムーミンパパの思い出」は書き換えられる前後の2バージョンとも英訳され、英語版が出版されていました。

 

1952年初のムーミン絵本

フィンランド人の作家によってスウェーデン語で出版されたムーミンシリーズの作品で初めての絵本です。

 

また、iPadのアプリにも製作された初めてのムーミン物語作品です。

 

物語の中でムーミンは牛乳をムーミンママに持って行く途中、妹のリトルミィを探すミムラねえさんに出会い、牛乳を届いた後にミムラねえさんと一緒にリトルミィを探し回る中で色々が起こりました。。。

 

参考記事:

北欧の小国フィンランドにいる一人の作家が作ったキャラクターであるムーミンはなぜ世界に広がったのでしょうか。世界にムーミン広まる大きな出来事となったのが1954年のロン…...続きを読む

 

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら