ムーミンの裏側の話:原作者トーベ・ヤンソンの思う「愛」「戦争」と「ムーミン」とは?(一)

公開日:2017年11月5日  更新日: 2017年11月06日 関連分類:  

※本記事の内容はBBCより引用しております。イギリスBBCの記者Mark Bosworthがどのようにムーミンとトーベ・ヤンソンを見ているかを見てみましょう!

 

2014年にフィンランドではムーミンの原作者トーベ・ヤンソンの生誕100周年を盛大に祝いました。

 

フィンランド最も偉大な作家のひとりであるトーベ・ヤンソンは彼女自身の生涯に戦争や同性愛にもかかわっていましたが、それらの経験をムーミンに通じて信じられないほどの仕方で表現されました。

 

海外からの評価

物語の中でムーミントロール、ムーミンパパ、ムーミンママを含むムーミン一家はムーミン谷に住んでおり、ムーミン谷にはミムラ一家など他に様々な住民もいます。

 

トーベ・ヤンソンの書いたムーミン小説は44ヵ国語に翻訳され、数百万冊販売されています。

ライラの冒険の作者フィリップ・プルマンはトーベ・ヤンソンを天才とまで譬えています。

2012年ロンドンオリンピック開幕作家のフランク・コトレット・ボイスはこのようにトーベ・ヤンソンのことを話しています。

 

「その時は無我夢中でした。10歳のごろにリヴァープールの図書館で楽しいムーミン一家の本を見つけた後にです」

 

「その時、この物語は存在している本当の世界をモデルにしているとは思いませんでした。彼女はフィンランドを強くしたまで思います。フィンランドはナルニアのような世界で様々な特別な生き物が存在し、見ることもできます。話の多いヘムレンさんや細くて神経質のフィリフヨンカがまさにそうです」

 

※写真中の製品:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

トーベ・ヤンソンの生涯

トーベ・ヤンソンはヘルシンキにある芸術一家に生まれています。父親はスウェーデン語を母国語とするフィンランド人の彫刻家で、母親はスウェーデン人のイラスト画家です。

 

彼女の母親が仕事をしていると、トーベ・ヤンソンはいつも母親の横で絵を描いていました。

その同時に、絵にも文字を付け加えていました。

 

その絵と文字がそのまま「Sara and Pelle and the Octopuses of the Water Sprite」という本となり、出版されました。当時彼女は13才でした。

 

その後、ムーミンは最初どのように書き出されたの話が聞かれ、それは兄への見返しとして書いたと答えていました。

 

参考記事:ムーミン生まれの瞬間:原作者トーベ・ヤンソンが描いたムーミンの原形

 

トーベ・ヤンソンは芸術、アートをストックホルム、ヘルシンキ、パリとローマで学んでいました。二次大戦の直前にフィンランドに戻りました。

 

※写真中の製品:幻の ムーミン シート: スナフキン / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

 

戦争の影響

「戦争はトーベ・ヤンソンと彼女の家族に大きいな影響を与えました。彼女の一人の兄弟は戦争に行きました。彼はどこにいるか、生きているか、いつ帰ってくるかは全くわかりませんでした。」

 

とトーベ・ヤンソンの20年以上の友人の一人でストックホルム大学で文学教授を務めるBoel Westinが話しました。

トーベ・ヤンソンの1作目と2作目は「小さなトロールと大きな洪水」と「ムーミン谷の彗星」です。

 

この2作はトーベ・ヤンソンが戦争に対する不安と悲しみが表現されています。災難に関係するこの2作の作品はまさに彼女当時の心境を語ってくれます。

 

「子供向けの小説に洪水を書くことはよくあることではありません。ムーミン谷の彗星作品の中で、ムーミンとスニフは家を出て彗星がいつ来るか、ムーミン谷に来るかを調査するために家を出ました」

 

「家を出るムーミンの状況は当時ヘルシンキで多くの人々が家を離れ、避難していたことに似ています。彼女はその状況を小説の中で表現していました。」

 

続きは(二)をご覧ください。

 

シリーズ記事

 

5分で読むムーミン小説シリーズ

ムーミンのアニメはよく知られていますが、ムーミンの小説を読まれたことはありますか?ムーミンのことを知るなら小説を読むのがベストですが、全部読むとやはり時間がかかってし…...続きを読む


原作者トーベ・ヤンソンが正式にムーミン小説の1作目として発表したのは本作「ムーミン谷の彗星」です。10章に分かれ、原作237ページの小説「ムーミン谷の彗星」をダイジェ…...続きを読む


ムーミン童話2冊目の『たのしいムーミン一家』は原作者トーベ・ヤンソンが書いたムーミン物語の第三作目で、日本で製作したアニメの基礎となっています。日本語訳バージョンでは…...続きを読む


ムーミン小説・童話の第三作(別巻入れると第四作)は『ムーミンパパの思い出』です。この話は、ムーミン一家がムーミン谷に住み着いてから、ムーミンパパは自分の若い時の冒険を…...続きを読む


ムーミン谷に住み始めて約3年目で、『ムーミン谷の夏祭り』の物語が幕を開けました。『ムーミンパパの思い出』の中で初めて登場したリトルミイの出番が増えてきたのが本作『ムー…...続きを読む


ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介します。果たしてムー…...続きを読む


ムーミン小説ダイジェスト版の制作もいよいよ最終作『ムーミン谷の十一月』を迎えることになりました。最終作の小説では初めてムーミン一家の誰も登場せず、ムーミンたちに関係す…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。











ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら