スウェーデン料理「ヤンソンさんの誘惑」に挑戦したが・・・ヤンソンさんに怒られそう。

公開日:2016年12月23日  関連分類: 

今朝、「ヤンソンさんの誘惑」についてブログを書きました。
ヤンソンさんの誘惑?!スウェーデンの家庭料理に挑戦するか!

 

で、こんなものを買ってきたんですよ~。

 

アンチョビではなくてアンチョビソースw

アンチョビの缶詰を探していたのですが、アンチョビソースになってしまいました(汗)

 

 

ちなみにこちらはスペイン産。

北欧産ではありません。

まあ、同じヨーロッパということでお許しを。

 

先程、「ヤンソンさんの誘惑」に挑みました。その行程を写真付きでお見せします。

 

 

 

【使った材料】

    • じゃがいも 5個
    • たまねぎ 1個
    • アンチョビソース 適量
    • 生クリーム 180ml
    • オリーブ油 大さじ1

 

 

 

じゃがいもを太めの千切りにしました。

たまねぎは粗めのみじん切り。

 

 

たまねぎをオリーブ油でやや色付くまで炒めました。

 

で、耐熱皿に材料を入れようとしたところ・・・

 

耐熱皿がない!」という事態が発覚!

 

ただいま私、母親が入院している関係で実家暮らしをしています。耐熱皿のひとつやふたつあるだろうと勝手に思い込んでいました。

 

ところが、食器棚をいくら探してもそれらしきお皿がないではありませんか!

電子レンジに使えるお皿なら大丈夫かな?と思ったのですが、どれもこれも薄いんですよ。

 

「ヤンソンさんの誘惑」はじゃがいも・たまねぎ・アンチョビが入ったグラタン。つまりはオーブンで焼くんです。

 

だから焼きたいんです。

でも、皿がなきゃ焼けないじゃん!!

 

 

うーん・・・

下ごしらえはしてしまったので、なんとかせねばというわけで自己流で進めました。
料理がたいして上手くないくせに自己流に走ってしまったんですね。

 

フライパンに材料を全て放り込みました。

 

 

入れたら最後、火を通すしかありません。

 

グツグツグツグツと音がし始めました。

 

「これってグラタン風になるのかな?」と不安がよぎりましたが、もう後戻りできません。

 

グツグツグツグツと更に音が聞こえてきました。

 

これさぁ・・・煮物ですよね?

 

 

煮汁(?)がほとんどなくなり完成!

 

ヤンソンさんの煮物です。

 

 

グラタンじゃない・・・
まるでグラタンじゃない・・・

 

ヤンソンさんに怒られます。

 

でも、責任をもって食べましたよ。
家族には料理名を言わず、黙って食べさせましたよ。

 

そのお味は?

 

な~んとこれが美味しかったんですよw

アンチョビソース、旨みがあってサイコーでした。

 

「ヤンソンさんの煮物」としてクックパッドにあげてみようかしら?
なんて勇気はなく、とりあえずブログでコッソリ。

 

まあ、みなさん。気が向いたら試してみてくださいw

 

関連記事

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら