アラビア2018ムーミンマグカップ:新キャラクター登場! 飛行おに、トフスランとビフスラン

公開日:2018年1月16日  更新日: 2018年05月29日 関連分類:  

アラビアムーミンマグカップシリーズ製品に2018年に新たなキャラクターが加わります!

 

「飛行おに」と「トフスランとビフスラン」です!

 

個別のムーミンキャラクターをテーマとするアラビアムーミンマグカップは1999年から発売され、それ以来人気商品として販売されてきました。

 

今回はそのキャラクターの追加です。

それぞれマグカップ、プレートとボウルの3種類製品で販売され、2018年2月中旬発売の予定です。

 

※写真はMoomin.comより引用。

飛行おにのムーミンマグカップ

「飛行おに」は『たのしいムーミン一家』一作に登場し、自分の姿を自由に変えることと他人の願いを叶えることができることがおそらくどのムーミンファンでもよく知っているでしょう。

 

そんな飛行おにはいつもルビーの王様を探しています。

 

もうなん百年も探しています。

しかも地球だけではなく、月まで、海王星まで行って探しています。

 

ずっと探し続けて疲れて月で休んでいるときに突如地球に赤い光が見えました!

王様のルビーからの光です!

物語の続きはぜひ下記「ムーミン小説ダイジェスト」をご覧ください。

 

※写真はMoomin.comより引用。

今回のムーミンマグカップのデザインはまさに飛行おにがルビーを探している姿を描いています。

 

黒豹に乗って宇宙でルビーを探している姿と、月で休んでいる飛行おにの姿が描かれています。

 

限定品ではなく、キャラクター継続販売品のムーミンマグカップの中で暗い雰囲気を出すデザインはなかなか珍しいです。暗めのデザインはモランくらいでしょうね。

 

 

トフスランとビフスランのムーミンマグカップ

『たのしいムーミン一家』で初めて登場したトフスランとビフスランは体がとても小さな夫婦です。

 

トフスランとビフスランは常に一緒に行動しています。

いつも一つのスーツケースを肌から離さず持っています。

気が弱くていつも何かに怯えている様子です。

 

そんなトフスランとビフスランは誰にもスーツケースの中身を話したことも見せたこともありません。常にスーツケースを守っています。

※写真はMoomin.comより引用。

スナフキンの冬の旅立ちによって落ち込んだムーミンを励ますため、トフスランとビフスランは初めてスーツケースを開けました。

 

中にあるのは誰の想像もはるかに超える大きさのルビーでした。

物語の続きはぜひ下記「ムーミン小説ダイジェスト」をご覧ください。

 

今回アラビアムーミンマグカップは2005年に発売されたトフスランとビフスランのキャラクタームーミンマグカップのリニューアル版です。

 

今回の新デザインはトフスランとビフスランが自分の大切なスーツケースを開けた瞬間が描かれています。

 

実はこの大きいなルビーには原作者トーベ・ヤンソンの秘密が隠れています……是非下記の関連記事をご覧ください。

 

※写真はMoomin.comより引用。

製作に関する逸話

下記はアラビアのスタッフが作り、Moomin.comで公開された記事をもとに翻訳編集した今回の2018年ムーミンマグ(キャラクターデザイン)に関する逸話です。(原文はこちらです。)

 

今回キャラクターデザインのアラビアプレートを製作するにほぼ2年間の時間を要しました。

 

顧客からフィードバックをもらいながら修正するのはもちろん、未来のトレンドを見据えて色の使い方も工夫しています。

 

アラビアのムーミンシリーズ製品のデザインを手掛けるトーベ・スロッテ(Tove Slotte)は原作者トーベ・ヤンソンのデザインと物語に忠実に反映しながらアラビアのムーミンプレートをデザインしています。

 

「原作の絵からキャラクターを取り出し、背景を新たに描いた上でキャラクターと合わせて製品全体をデザインしています」

とトーベ・スロッテが話しました。

 

デザインはすべてトーベ・スロッテによる手書きで線一本ずつ書かれました。

色付けには柔らかい先端を持つブラシみたいな漫画ペンを使って行われています。

原作の絵はすべて白黒であるため、色付けはトーベ・スロッテに色を自由に遊べるようにさせてくれました。

「色扱いはすごく原作の絵に合致しただけではなく、キャラクターの個性までも強調してくれました。」

とアラビア本体会社フィスカルス(Fiskars)のビジネスディレクターのノラさんが加えつけました。

絵が完成したら、グラシン紙にカラフルと白黒の2バージョンで転写され、スキャンされてデジタル調整も行い、最後に磁器の表面に転写されます。

 

アラビアムーミンマグカップ情報

ムーミンシリーズ製品は1990年代から始まったもので、これまで多くの製品が発売されており混乱しやすいため、ここでわかりやすく写真と名前を一覧形式にまとめてみました!ま…...続きを読む


2018年10月1日からの冬季季節限定発売される「ライトスノーフォール」(Light Snowfall)はムーミンが人生初めて雪に出会ったシーンが描かれています。デザインには195…...続きを読む


個別のムーミンキャラクターをテーマとするアラビアムーミンマグカップは1999年から発売されていますが今回新しいキャラクターが加わりました!マグカップとキャラクターだけでな…...続きを読む


我々が馴染みのあるムーミンマグシリーズは1990年代から始まったもので、アラビアはそれ以前の1950年に実はムーミンマグカップを発売したことがあるのです。線の描き方や色塗り、…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら