5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の冬(1)

公開日:2018年2月15日  関連分類:  

夏が終わったムーミン谷は新しい世界に変貌しました。

果たしてムーミンたちは新しい世界でどのような冒険を経験し、どのように人に出会うのでしょうか。

 

真っ冬のムーミン谷に突如起こった不思議なこと

空がほとんど真っ黒で、月の光を浴びた雪はきれいな青い色に光っていました。

小動物たちは深く眠り、周りはすごく静かでした。

春がまだ遠く、新年を過ぎたばかりの頃でした。

 

谷間には雪に埋まった一軒家が立ち、とても寂しそうな姿をしていました。

家の中は暖かくてとても気持ちよさそうでした。

ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのです。

 

静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。

ムーミンが目を覚まし、それっきり眠れなくなってしまったのです。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

しょうがなく起き上がったムーミンはムーミンママのベッドのところに行き、ムーミンママの耳を引っ張ったりしてもママは目を覚ましません。

 

青白い月の光に照らされた暗闇の中でムーミンはとても寂しくなったのです。

「世界中がどこかへ行っちゃったよ」

とムーミンはムーミンママの布団を引っ張って言いました。

 

ムーミンはスナフキンが残した手紙を探して何回も読みました。

「チェーリオ。よく眠って元気をなくさないこと。春がやってきた最初の日にぼくは戻てくるよ。それまでにダム作りを始めないでね」

 

※商品ページ:幻の ムーミン シート: スナフキン / ヴィンテージ品 / フィンランド 北欧

 

お腹が空いたムーミンはキッチンに行ったが、調理台の下に動物がいることに気づき、寂しいから何度も呼びました。

しかし、いくら呼んでも出てきませんでした。

 

あきらめたムーミンは南へ行ってスナフキンに会いに行きたいと思ったが、ドアも窓もすべて凍り付いて空きませんでした。

最後に煙突掃除用の引き戸を開けて屋根の上に這い出しました。

 

新しい冬のムーミン谷と綺麗なしっぽを持つ子リス

冷たい空気の波が彼を包み、ムーミンは思わず息が詰まって足を滑らせ、屋根の上を転がり出し、耳まで雪の中に埋まったのです。

 

谷間は、一種の灰色の薄明かりに包まれ、緑というものはどこにもありません。白一色です。

生き物の音は一つもしません。

 

歩き出したムーミンはこの世界は死んだんだと思い込んでいました。

 

 

ずっと西のほうの海の近くに一匹の「素晴らしい尻尾を持ったリス」だとうぬぼれていた子リスがいました。

 

子リスは自分の敷布団を探しに海辺の洞窟に入りました。

中で一つの段ボール箱を見つけ、中に頭を突っ込んでみたらふわふわした暖かいものが入っていたので、自分の敷布団にしたいと噛みついて引っ張り出そうとしました。

 

やっているうちに、箱から怒ったような顔つきが出てきて子リスを睨んで言いました。

「こんなことをしたのはお前なの?」

「そうかな、僕よく知らないんだ。」

と子リスは答えたが、リトルミイはそれを見抜き、怒って小さな雪玉を作って子リスの頭に投げました。

 

※写真は参考書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

起こされたリトルミイは洞窟から出ていき、冬のがけ、山とスロープを見て調べ、考えたら「そうだ、いいことを思いついたわ。」と言い出しました。

氷の上で6回も滑ってリトルミイは今度洞窟に戻り、おねえさんを箱から追い出し、段ボール箱で滑ろうとしました。

 

 

ムーミンは南に向かって歩き出したが、深く積もった雪で足がうまく前に進みませんでした。

森に入り、目の前には山々が聳えています。

「山の向こうにスナフキンがいるだろう」と思いました。

 

ムーミン谷の冬の住人:おしゃまさん(トゥーティッキ)が初登場!

しかし、日が暮れて暗闇が降りてきて寒くなりました。

その時、小さな足跡を見つけ、胸が熱くなったムーミンは足跡に沿って歩きました。

 

そしたらとても小さな明かりを見つけました。

1本のろうそくが森の地面に立ち、周りは雪玉に囲まれています。

まるで小さな家みたいな感じです。(雪のランプですね)

 

その雪のランプの向こうには人がいました……

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の冬』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

ムーミン一家のみんなは11月から4月まで冬眠するのですが静まり切ったムーミン屋敷で突然今まで起こったことのないことが起こりました。それはムーミンが目を覚まし、それっき…...続きを読む


ムーミン谷の冬では、冬眠から目が覚めてしまったムーミンが赤と白のセーターを着たおしゃまさん(トゥーティッキ)と出会います。冷たい言葉に通じて愛を伝えるおしゃまさん(ト…...続きを読む


突然の声「よけろ!そこをどけっ!」に反応できず、何かのものがムーミンにぶつかりました。ムーミンは雪に埋まり、笑い声を聞こえました。そう、リトルミィの登場です。そうして…...続きを読む


ムーミン谷の冬。ダイジェスト版も中盤に差し掛かりました。ムーミンは山に着いて出会った人物とは?ただ木の山は下から上まで燃え盛ってライオンのようなうなり声を上げました。…...続きを読む


冬の間に起きてしまったムーミンとリトルミィ。素晴らしいスキーを見たリトルミイは樽を壊し、板を足につけて自分も滑り始めました。そして初めてスキーにチャレンジするムーミン…...続きを読む


ダイジェスト版、ムーミン谷の冬もとうとう最後になります。暗くて寒いムーミン谷も春をむかえようとしています。しかし、アイススケート場が氷の島々になってしまいリトルミィが…...続きを読む


ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になります)9つのミニストリーをご紹介していきます。和訳のタイトルはムーミン谷の様々な人々を…...続きを読む

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら