映画『雪の華』のフィンランドロケ地を巡ろう!

公開日:2018年12月29日  更新日: 2019年02月08日 関連分類:  

 

歌手中島美嘉の名曲『雪の華』が映画となり、2019年2月1日から上映されます。

 

ラブストリーである映画『雪の華』のロケ地の半分がフィンランドで行われたそうです。

しかも、夏のシーズンも冬のシーズンも撮影されたようですね。

 

 

今回はフィンランドヘルシンキ在住の筆者が今回映画『雪の華』にあったロケ地を紹介していきます!

 

 

映画『雪の華』のストリー概要

予告の内容に基いた概要ですので、ネタバレはしていませんよ!

 

小さいごろから病気になりやすい女の子美雪が突然余命1年と宣告されました。

そんな彼女と偶然に出会った悠輔はガラス工芸家を目指しながらカフェでバイトしています。

 

様々なことがあって美雪は悠輔に100万円をあげる代わりに1ヶ月の恋人になってほしいと願い、叶いました。

 

そんな二人がオーロラを見るためにフィンランドへ。

 

参考:映画『雪の華』オフィシャルサイト

 

 

 

 

ヘルシンキのシンボル:ヘルシンキ大聖堂

ヘルシンキのシンボルといえば「ヘルシンキ大聖堂」です。

 

映画『雪の華』の中でもカップルのお二人がヘルシンキ大聖堂前からデートが始まりました。

 

ヘルシンキ大聖堂はヘルシンキ現存の2番目古い教会です。

最も古い教会は木造のオールド教会です。

 

教会としての容量が足りなくなったことでヘルシンキ大聖堂が建造されたわけです。

 

ヘルシンキ大聖堂は高台にあり、元老院広場を俯瞰する場所にあり、たとえ最高点は思ったほど高くないですが、その雄大さに心は響くでしょう。

 

 

 

 

ヘルシンキを代表する公園の一つ:Kaivopuisto公園

ヘルシンキの南岸にあり、ヘルシンキ市最古の公園の一つであるKaivopuisto公園は夏になると人々で賑わいます。

ピックニックする人、日向ぼっこする人、散策する人、ビールを楽しむ人などがたくさんいます。

 

映画『かもめ食堂』の中に登場したラストシーンの「Ursulaカフェ」も近くにあります。

 

 

 

 

 

 

ヘルシンキの代表地:マーケットスクエア

 

 

映画『雪の華』の中でカップルの二人はヘルシンキ大聖堂周辺を散策し、屋台がたくさんあり、海に面している「マーケットスクエア」にも訪ねました。

 

マーケットスクエアは英語でMarket Square、日本語で市場広場、フィンランド語でKauppatoriと呼ばれます。

 

フィンランド料理の屋台、カフェの屋台や果物、お土産など様々ありますので、見回るとなかなか楽しいです。

 

近くにはオールドマーケットホールアッラスシープールなどの施設もありますので、楽しむポイントがたくさんあります。

 

 

また、世界遺産である海上要塞のスオメンリンナへのフェリーもマーケットスクエアの埠頭から乗船します。

 

 

 

 

 

 

ロマンチックなTokoinranta公園

 

 

Tokoinranta公園ヘルシンキ中央駅から徒歩僅か10分ほどで行ける場所です。

入り江の海を囲み、緑、海と石造建築エリアが絵のようになり、とてもロマンチックな場所です。

 

天気が良ければ入り江の海に沿って一周するのが楽しいです!

 

 

 

ヘルシンキのランドマーク:セントヨハネス教会

2本の高い塔が立ち並ぶのが特徴であるセントヨハネス教会はヘルシンキを見渡す際に必ず目に入る建築物です。

 

その薄緑の塔と赤色の教会本体はとても分かりやすいです。

 

セントヨハネス教会はヘルシンキ大聖堂に次ぐヘルシンキ3番目古い教会です。

 

セントヨハネス教会の容量が大きく、ヘルシンキ大聖堂の容量が足りなくなったため建てられたわけです。

 

 

 

 

Wikipediaより引用。

 

 

 

 

ピックニックのオールド教会公園

オールド教会はヘルシンキ内で最も古い教会です。

ヘルシンキの市中心に位置し、夏になると周りのオールド教会公園に多くの人々がピックニックして賑わいます。

 

今回映画の中でも主人公たちがピックニックしていた場所です。

 

 

 

 

オーロラとスキーの聖地:レヴィ

レヴィはフィンランド北部にあるウィンタースポーツ、ウィンターリゾートの聖地です。

 

フィンランド北部最大の町ロヴァニエミよりも150キロ北、首都ヘルシンキからは800キロも北の位置にあります。

 

 

冬になると見渡せない広大な雪原を見ることができ、少し歩くだけで光害から遠ざかり、オーロラを見ることができます。

 

参考記事:フィンランドのお勧めオーロラ観光地

 

筆者でもある日に訪ねてみたい場所の一つです。

冬にウィンタースポーツやオーロラを楽しみ、夏にはハイキングしに行きたいですね。

 

 

現在映画『雪の華』の予告や公開情報から得られたフィンランドロケ地情報はこのくらいです。

映画公開後に実際に観てみてからフィンランドロケ地の詳細を再度ご報告させて頂きます!

 

 

※ちなみに、こちらは正午12時の明るさです。

 

参考:映画『雪の華』オフィシャルサイト

 

 

関連記事

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら