秋のフィンランド・ヘルシンキの6つの楽しみ方

公開日:2018年8月12日  更新日: 2018年09月22日 関連分類: 

フィンランドも日本と同様に四季があります。

フィンランドとなると夏と冬がメインのようにも思いますが、その間の秋も特別な景色を堪能することが実はできるんです。

 

秋は9月から11月末ごろまでの約80から90日間のことをさしており、気温は平年では2度から15度ほどで少し肌寒く感じる温度ですね。

 

筆者はもちろん暖かくて晴れたフィンランドの夏が大好きですが、少し肌寒くて特別な雰囲気が漂うフィンランドの秋も大好きです。

特にその湿った土壌から朝によく匂う土の匂いと全てがゆっくり静まっていく雰囲気がたまらないです。

 

もし縁があって秋にフィンランドに来られたら是非この独特な雰囲気をゆっくり味わって頂きたいですね。

 

 

森の国フィンランドの広大な紅葉景色

「秋」といえば日本では紅葉のシーズンですよね。

フィンランドにも紅葉があるのをみなさんはご存知でしょうか??

日本の真っ赤なもみじとは少し違った、木々の色の変化をフィンランドでは楽しめます。

 

フィンランドでは紅葉のことを「ruska(ルスカ)」といいます。

 


 

ヘルシンキでも紅葉の様子は楽しむことができますが、北に行けば行くほど壮大な景色を見ることができるのでとくに美しい景色を見るための最高のスポットは北の大地「ラップランド」です。

 

ラップランドと聞くと、サンタクロース村いぬぞりのために行くのであれば冬でしょ!と思うかもしれませんが、秋は冬とは全く違った景色を楽しむことができるんです。

 

またトレッキングハイキングにも適した季節です。

 

少しひんやりした空気の中で、広大な大自然の中で歩き、いくら歩いても疲れを感じないという特徴があります。

また、歩いている途中に突如現れる湖と向こう側に広がる黄色の大地が深く印象に残るでしょう。

 

ハイキング中に魔法瓶に暖かいコーヒー、紅茶をいれてシナモンロールと一緒に食べるのも幸せの一時ですね。

 

秋だからこそオーロラ観測

オーロラといえば冬に見れるイメージがありますが、実は秋のシーズンでも北にある「ラップランド」に足を運ぶと見れることもあるそうです。

 

昼間は紅葉を楽しみ、夜はオーロラをみることができたらとても素敵ですね。気温も冬と比べて比較的寒すぎないので、外でオーロラを待つ時間も少しは快適に感じられそうです。

 

フィンランドの北に位置している「Äkäslompolo」という場所で9月に見れたオーロラが紹介されています。

 

また、秋初期の9~10月は冬よりも曇りにくいですので、冬よりもオーロラが見れやすいかもしれません!

 

こちらの記事でもう少し詳しくご紹介しています。

オーロラを観測するには最も良い季節は冬ですが、実に春と秋もオーロラ観測に非常に適しています。その理由は二つ:「夜の長さ」と「天気」です。また秋にフィンランドでオーロラ…...続きを読む

 


※写真出典:VisitFinland.comより引用

 

 

 

9~10月はきのこ狩りシーズン

森に入ると、アンズダケポルチーニに出会うことができます。

 


※写真出典:VisitFinland.com

 

フィンランド、北欧では「自然享受権」よばれる権利があり誰でも森に入って、きのこやベリーを摘むことが許されています。

 

自然享受権」について詳しくはこちらの記事をご参考ください:

北欧、フィンランドの「自然享受権」という権利の基では土地の所有権は誰であろう、誰でも大自然の森に入り大自然を楽しむことが許されます。そのコンセプトについて、そして自然…...続きを読む

 

きのこにはビタミン、ミネラルが豊富に含まれており、中には野菜より多くふくまれている種類もあったりします。

 

 

 

大自然の恵み:ベリー摘み

フィンランドには様々なベリーが夏から秋にかけ、実ります。

ブルーベリーは7月下旬から9月上旬まで実り、摘むことができます。

 

また、実る季節が少し遅めのリンゴンベリー(コケモモ)でしたら、9月~10月までも摘むことができます。

 

筆者としては、パイと言えばブルーベリーパイジャムと言えばリンゴンベリージャムというほどベリーが大好きでよく食べます。

 


 

 

北欧スタイルのカフェでのんびり読書

食欲の秋」、の次に思い浮かぶのは「読書の秋」ではないでしょうか?

 

すこし肌寒い季節なので、暖炉の前で読書するのもどうでしょうか?

 

特に少しひんやりした新鮮な空気は頭や体を少し冷やしてくれるので、気持ちも自然と落ち着きやすいと感じます。

 


 

ヘルシンキにはのんびりできる素敵なカフェがたくさんあります。

キートスショップでもたくさん紹介していますが、その中で読書をしてのんびりできそうなカフェをピックアップしてみました。

ウスペンスキ寺院の後方にある旧レンガ倉庫に位置しており北欧の雰囲気満載のカフェです。夜になるとオレンジ色のライトがレンガ壁と道を照らし更にいい雰囲気を味合うことのできる場所です。

カンッピ(Kamppi)ショッピングセンターから徒歩約10分にある、様々なテーマのアイテムが上手く融合したカフェ。広いスペースでのんびりとした時間を過ごすことができます。是非立…...続きを読む

ヘルシンキの雰囲気を楽しめて、市民の生活を身近で自然に見れることができる「都会のオアシス」のようなレストラン・カフェです。中央駅から徒歩15分またはハカニエミ駅から6分…...続きを読む

 

 

ヘルシンキ市内のもみじ公園を散策

天気がよく、気温も少し暖かい日は外に出かけてみてはいかがでしょう。

 

ヘルシンキの市中心は3面海に囲まれ、ほとんどの場所から海までとても近く、緑地や海浜公園もたくさんあり、気持ちのいい散策スポットも盛りだくさんです。

 

その中でもヘルシンキ中央駅から徒歩10分程度で行ける海に面している公園、「Hesperianpuisto公園」は秋を感じられるスポットです。

 

近くにフィンランド国立博物館フィンランディアホールフィンランド国立オペラ座などの施設があり、ついでに観光するのにも適しています。

 

北欧フィンランド・ヘルシンキでのお散歩♬ :Hesperianpuisto公園(秋のフィンランドが見える!)

 

 

ヘルシンキから近くにある国立公園に出向いて、森を散策することももちろんおすすめです。

フィンランドには40個もの国立公園が設置されており、国土面積の2.7%を占めています。その中でも今回は首都ヘルシンキから100キロ圏内にある四つの国立公園(ヌークシオ…...続きを読む

ヘルシンキから日帰りで行けるヌークシオ国立公園、フィンランドらしい雰囲気を味合うにはもってこいの場所ですね。ヌークシオ国立公園までは非常に便利で、電車1本とバス1本で…...続きを読む

 

 

「フィンランドの秋に旅行に行っても何をしたらいいんだろう?」と思っていた方もこの記事を通して、秋に旅行するのもいいかもしれないと思っていただけましたか?

 

もちろん美術館、教会などの観光場所もたくさんありますが、外に出て散歩を楽しんだり、森の散策に出かけて自然に触れることもできます。

 

その他にもヘルシンキからアクセスが便利な、公園の散策についてご紹介しているので参考にご覧下さい!

 

ヘルシンキ散策シリーズ

ヘルシンキ中央市街から徒歩わずか15分でたどり着けるKatajanokka海浜公園。昔は絨毯洗濯場があったエリアで島全体を歩くとわずか30分から1時間程度です。散歩後におすすめのカフ…...続きを読む


5月から9月の夜におすすめの散歩道。「ローカルフィンランド人の生活に近接する」「ゆっくり気楽にお散歩」「綺麗な夕日が見られる(天気が良ければ)」が特徴のルートです。


ヘルシンキ中央駅からトラムで15分で到着。スオメンリンナもみれるこのルートではおすすめのカフェやレストランもあるので散歩の休憩にどうでしょうか。天気が良くて風が強すぎな…...続きを読む


ローカルの人々の散歩エリアにもなっている片側が海で片側が霊園のルートです砂浜でビーチバレーを楽しんでいる人々の様子もみれます。またミニゴルフもあるので時間ある方は散歩…...続きを読む


観光スポットでもあるシベリウス公園を含めたおすすめ散策ルート「シベリウス公園」→「Regattaカフェ」→「ヒエタニエミ散策」のご紹介。シベリウスについても紹介しているので公…...続きを読む


ヘルシンキ市中心にあるオアシス散歩道の紹介です(所要時間は約30〜45分)。中央駅からは徒歩10分がスタート地点。石造建築、植物園もあり水、緑、歴史としてローカルの人々の生活…...続きを読む

 

ヘルシンキ中心街の観光地情報

ヘルシンキに来たら、やはり「ヘルシンキ大聖堂」は外せない場所ですよね。そんなヘルシンキ大聖堂の建物について歴史や建築様式などを紹介していますので訪問前に読んでいただきたい記事です。


ヘルシンキ大聖堂とセットで見る観光スポットと言っていいほど有名な場所はこちら「ウスペンスキー寺院」です。   西ヨーロッパ全体に最大な正教会(Orthodox Church)と言…...続きを読む


オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む


周辺にたくさん観光地のあるカウッパトリマーケット広場。早朝から店が立ち並ぶので早起きしてみるのも良し、観光途中で小腹が空いた時に立ち寄るにも便利ですね。


ヘルシンキの二大繁華街エリアであるヘルシンキ中央駅の駅前エリアとカンッピエリアの間にあるにもかかわらず、中はとても静かな礼拝堂。観光地巡りで疲れた時などに是非立ち寄っ…...続きを読む

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら