ヘルシンキ1泊トランジット お薦め観光プラン:二日目(最終日)

公開日:2017年9月10日  更新日: 2018年05月20日 関連分類: 

今回はフィンランド・ヘルシンキに到着した二日目で、トランジットで今日フィンランドを出ることを想定したプランを紹介したいと思います。

 

午後3時頃の便と想定し、昼12時ごろに空港に向かいたいところです。

 

となると、利用できるのは午前中の数時間ですね。

 

初日の天気にかかわらず必ず行ったほうがいいスポットと違い、二日目午前中の数時間は天気によって違うプランを立てたいと思います。

 

天気がいい時のプラン:スオメンリンナ若しくは西海岸散策+Cafe Regatta

天気が良くて外は気持ちよさそうであれば、是非外を歩いてほしいですね。

その時のお薦めは二つです。

 

一つは船を乗っていく海上の要塞世界遺産のスオメンリンナで、もう一つは綺麗な西海岸を散策し、フィンランドの森と海を見ながら北欧小屋風のCafe Regattaの観覧ですね。

 

世界遺産スオメンリンナ

ヘルシンキのフェリー乗り場から直線距離わずか2.5キロの海上要塞です。

 

スオメンリンナ自体は四つの小さな島で構成され、中には小学校も住民もいます。

 

歩きながらも住民に迷惑をかけないようにご注意くださいね。

 

ゆっくり歩くと一日中かかってしまうので、事前に回りたいポイントを絞っておいてくださいね。

 

観光スポットは下記の記事にまとめてありますので、是非ご参考ください。

ヘルシンキ観光では外せないスポットのスオメンリンナは1991年に世界遺産に登録されました。スオメンリンナまでは海の景色を楽しめるフェリーで約15分で到着。島内でのガイド付き…...続きを読む

スオメンリンナの観光ポイント、今回はテーマの異なる6つの博物館の紹介です。歴史だけでなく、おもちゃや税関がテーマの博物館もあるんです。ヘルシンキカードを所持している方…...続きを読む

 

西海岸散策とCafe Regatta

スオメンリンナより近い場所でゆっくり散策したいなら、お薦めはヘルシンキ西海岸とCafe Regattaです。

 

ヘルシンキ中央駅やKamppiエリアからゆっくり歩いていけるし、バス24番でも行けますので便利です。

 

西海岸の公園や散策路には観光客が少なく、在住の人が多く通行しますので、一般的な観光スポットよりは地元の住民の生活を身近に見ることができます。

 

また、もし疲れたら北欧らしい小屋で美しい海岸にあるCafe Regattaでコーヒー一杯飲むのもいいでしょう!

 

参考記事:

ローカルの人々の散歩エリアにもなっている片側が海で片側が霊園のルートです砂浜でビーチバレーを楽しんでいる人々の様子もみれます。またミニゴルフもあるので時間ある方は散歩…...続きを読む

トリップアドバイザーでヘルシンキカフェ・喫茶店部門、堂々の第1位であるカフェ・レガッタ。地元の人だけでなく海外観光客にも人気のスポットです。赤くて小さな小屋はとても可…...続きを読む

観光スポットでもあるシベリウス公園を含めたおすすめ散策ルート「シベリウス公園」→「Regattaカフェ」→「ヒエタニエミ散策」のご紹介。シベリウスについても紹介しているので公…...続きを読む

 

 

この2つのプランであれば2~3時間ほどで十分楽しめるでしょう。

 

天気が好ましくない時のプラン:博物館とカフェ巡り

雨や雪、強風、寒波の時には無理せずに近いところで回りましょう!

 

お薦めは「ヘルシンキデザイン博物館」です。

 

市中心から近く、デザイン大国フィンランドのデザインを色々覗けるので楽しいですよ。

 

参考記事:

主要な観光地と比べあまり知られていないヘルシンキ デザイン博物館。常設展示がほとんどないこの博物館では家具、インテリア、雑貨以外にもフィンランドデザインを色々な角度か…...続きを読む

 

 

デザイン博物館から徒歩6分ほどの場所に「Andante」という面白いカフェがありますので、宜しければ是非訪ねてみてください!

 

参考記事:

カンッピ(Kamppi)ショッピングセンターから徒歩約10分にある、様々なテーマのアイテムが上手く融合したカフェ。広いスペースでのんびりとした時間を過ごすことができます。是非立…...続きを読む

 

 

トランジット途中の滞在となると時間が限られてしまいますが、その中でも思う存分ヘルシンキを楽しめるプランになっていると思います。

 

トランジット初日の記事をまだ読まれていない方はこちらも参考にしてみてください。

ヘルシンキに午後に到着することを想定したプランです。トランジットを利用する方に向けて、短い時間でもヘルシンキを堪能できるよう、主要観光地を含めおすすめのカフェやレスト…...続きを読む

 

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



 

 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら