森の中でリラックス フィンランド人の休日の過ごし方

公開日:2018年5月26日  関連分類:    

フィンランドにお越しになったことがございますでしょうか?

 

もし筆者がフィンランドに行ったことがなく、フィンランドに行く旅行計画を立てようとするときに恐らくネットで観光情報を集め、図書館からガイドブックも借りて参考にするでしょう。

 

となると、おそらくヘルシンキ市中心の主要観光地であるヘルシンキ大聖堂ウスペンスキー寺院石の教会カンッピ礼拝堂マーケット広場スオメンリンナもしくは北部ロヴァニエミのサンタクローズの村などを中心に回るでしょう。

 

観光としてこのような内容は不足なく、とても充実した内容だと思います。

しかし、筆者が本当に日本の方々にご紹介したく、感じて頂きたいのは「フィンランド人の休日の過ごし方」です。

 

 

森と湖に囲まれる時間がとても大切で幸せ

文字で表せばとてもシンプルです。

森と湖に囲まれて静かに過ごす

これだけです。

 

これで満足感、充実感と幸福感を感じられるのです。

 

大げさではありません。

もちろん、「できるだけ多くの観光地を回りたい」方には向けない内容ですが、フィンランド人はなぜ幸せに過ごせるかを知りたい方には是非お薦めしたいのです。

 

 

 

 

森と湖に囲まれる休日の過ごし方の特徴

森と湖に囲まれる「フィンランド人」の休日の過ごし方にはいくつかの特徴があります。

 

  • 家から近い(遠くて30分~1時間程度)
  • 人が少ない
  • 視野が広い
  • 静かな場所
  • 準備がシンプル

 

人口が少なくて(550万人)土地が広い(面積は日本の85%)フィンランドでは、自然が自宅からアクセスしやすく、人が少ない場所が多く、静かな場所が多いという特徴があります。

 

そのため、大自然に入り、大自然に接するにはアクセスのストレスが少なくどこに行っても人が多くて疲れることが起こりにくいのです。

 

人が少なければ、周りの環境音も自然と鳥や風から生じる音が聞こえてきて心が穏やかになりやすくなります。

 

 

もう一つは「フィンランド人」特有の特徴です。

フィンランド人は森に行くに多く準備しません(比較的に)。

 

ライター、着火剤、ソーセージ、パン、飲み物くらいです。

国立公園や市立公園の休憩場所には大体燃料用も木材が用意されており、バーベキュー場もあります。

 

 

ソーセージは地面から枝を拾えばそのままソーセージに差し込み、スティックの代わりに使います。

バーベキュー場に備え付けの網(鉄板)は何回も使用されたもので、炭を擦り落としたら、そのまま上にパンとかを置いて焼きます。

 

衛生面では完璧ではないですが、スタイルはとてもシンプルで準備も楽。

 

筆者は一度国立公園の休憩場であるフィンランド人がサーモンを針金使って木の板に縛って固定すればそのままたき火でスモークサーモンを作ることを見たことがあります。

 

 

実際にヘルシンキ近郊の森に踏み込み、フィンランド流の休日を味わう

筆者はすでに何回かフィンランドの森に入ったことがありますが、今回はフィンランド人友人の案内の元、何人かの友人と一緒にヘルシンキ近郊の森(市立自然公園?)へ行ってきました。

 

ハイキングルートは1キロ~5キロなど様々なコースがあり、主に二人の湖の周りを歩く形になります。

 

途中に大きいな岩からなった丘があり、湿原があり、バーベキュー場備え付けの休憩所もいくつかあります。

泳ぐ際に必要な簡易更衣室もあるのです!

 

とても新鮮な空気を吸い込み、悩みを暫く置き去り、大自然の中で生きる時間を楽しむのみです。

 

筆者としては是非感じて頂きたいと思いますね。

 

※ブルベリーはもうすぐですね!

 

関連記事

 

外出・旅行がより楽しくなるアクセサリー

外出や旅行をする時に「サイズが小さい」「色んなシーンに似合う」「フィンランドデザイン」「自然木材」のピアスアクセサリーはいかがでしょうか。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら