寒い冬にはフィンレイソンムーミンブランケットで暖めてゆっくり過ごしませんか?

公開日:2019年1月26日  関連分類:   

 

今年の冬は寒いですよね。

日本の太平洋側で広範囲で雪が積もり、ヘルシンキでも1月末の週末に(日曜日の明日です!)最低気温-17度の寒波を迎えます!(風によって体感温度がー22度になるそうです!)

 

そのような寒い日々ですが、部屋にいても寒くてずっと布団の中にいたいものです。

しかし、大きくて重い布団を常に持ち歩くわけにもいかないので、一枚ブランケットで羽織ってみるのも体を暖める一つの方法です。

 

 

今回ご紹介したいのは体全体を覆うことができ、冬の寒い部屋でも暖かくして生活できるフィンレイソンのムーミンブランケットムーミンママのローズガーデン」と「ムーミン谷マップ」の2商品です。

 

 

ムーミンファンが見逃せないアイテム

ムーミンファンでしたらこのアイテムは見逃せません!

 

ムーミン谷の全体図をムーミン原作者トーベ・ヤンソンが描いた原画がスウェーデン語表記のままデザインになったブランケットです。

 

 

中にはムーミンたちの生活の中心が描かれています。

 

ムーミン一家が毎日生活しているムーミン屋敷、ムーミン屋敷の内部配置、近くを流れる川、スナフキンと彼が張ったテント、一緒に歩くムーミンスノークのお嬢さん、海辺には水浴び小屋、さらに遠いとことにはムーミンたちが冒険に行った島などすべてがこのブランケット一枚に凝縮されています。

 

 

ムーミン谷のマップがデザインとしてされた製品があまりないので、貴重なアイテムとも言えるでしょう。

 

 

ブランケット:ムーミン谷マップ 2017 / FINLAYSON / フィンランド 北欧

 

 

もう一種類のブランケットはムーミンママを中心にデザインされています。

 

ムーミンパパ海へ行く』一作の中でムーミンママはムーミンパパについて遠い島に行き、その島でムーミン谷にある自分のバラ園が懐かしくなり、灯台の壁にバラの絵を描き始めたシーンです。

 

そのシーンには想像の世界に浸かっているムーミンママ、そのムーミンママとバラを凝視しているリトルミイとムーミンママが想像したバラの世界が広がっています。

 

そのようなシーンが描かれたブランケットに身が包まれることで冬の中で心の安らぎも感じやすくなるでしょう。

 

 

ブランケットの上で生きるムーミンの世界を是非ムーミンファンたちに一度触ってみてほしいです。

 

 

ブランケット:ムーミンママとローズガーデン 2017 / FINLAYSON / フィンランド 北欧

 

 

落ち着きやすくて上品なデザイン

フィンレイソンのムーミンブランケット二種類「ムーミンママのローズガーデン」と「ムーミン谷マップ」は共に白黒の色使いがされています。

 

原画とほぼ同じ配色で本来の味をそのままで表現しています。

家に既に決まって様々なインテリアスタイルにも合わしやすいデザインです。

 

色もブランケットの両面で逆となりますので、白ベースで見せるか、黒ベースで見せるかを自由に選ぶことができます。

 

白と黒の2色だけ使うことで安定感があり、ブランケットを使うと気持ちも落ち着きやすくなります。

 

更に、安定感があるムーミン原画のデザインに上品さもあり、プレゼントにも相応しいアイテムです。

 

30~60代の男性でしたらブランケット「ムーミン谷マップ」がお薦めです。

30~60代女性もしくはご家族であれば、ブランケット「ムーミンママとローズガーデン」がいいでしょう。

 

 

ブランケット:ムーミン谷マップ 2017 / FINLAYSON / フィンランド 北欧
ブランケット:ムーミンママとローズガーデン 2017 / FINLAYSON / フィンランド 北欧

 

 

実用性が高く活用しやすいアイテム

フィンレイソンのムーミンブランケットのサイズは幅130センチ、長さ170センチの大きいなサイズなので、使いやすいです。

 

春や秋の時期に少しの昼寝や横になって少し休みたい時に体全体を覆うことができるので、布団代わりになります。

また、二つ折りにすれば、上半身だけ覆うサイズになるし、四つ折りにすれば膝掛けにもなるので、使用目的に合わせて様々な形で活用できます。

 

1枚の重さも1キロ程度で重すぎずに体の負担にはなりにくいです。

 

素材は100%コットンですので、保温性が高く、触り心地がとても柔らかいです。

 

 

是非このようなフィンレイソンムーミンブランケットで体を暖めて冬の日々を過ごしませんか?

 

 

 

 

関連記事

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。












ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら