フィンランドのフィッシュアンドチップス!モトコクチマス揚げ

公開日:2018年7月18日  関連分類:  

前回、フィンランドでよくみるお魚をご紹介しましたが、その中で1つ「モトコクチマス」について詳しく紹介したいと思います。

 

また、モトコクチマスを使ったフィンランドの伝統的で特別な料理のレシピも一緒にご紹介していきます。

 

写真出典:Maretarium

 

他にどんな魚がよくフィンランドでみられるのかはこちらの記事をご参考にしてください。

日本の国土面積の約9割という広さを持つフィンランドにはなんと18万個以上の湖があります。そして、フィンランドの国土面積の10%が水域なのです!フィンランドのバルト海沿…...続きを読む

 

今回はヘルシンキタイムズの記事(2012年10月4日)の情報を参考にご紹介していきます。

 

 

モトコクチマス(Vendace)とはどんなお魚?

フィンランドは海に囲まれている、そして18万個以上もの湖を有しているため釣りの文化が根強くあります。

フィンランド語ではムイックMuikku)と呼ばれる小さいお魚であるモトコチマス(Vendace)が特に有名です。

 

モトコチマスは青魚などの魚の油に含まれているDHAも豊富で実は体にも良いお魚だそうです。

 

モトコクチマスは小さい魚ではありますが、下準備が簡単、そして揚げるとおいしいという利点からフィンランド料理にはとっておきの材料となりました。

 

イギリスの料理にちなんで、その名もフィンランドのフィッシュアンドチップスです!フィンランド語ではpaistetut muikut(揚げたモトコクチマス)といいます。

 

この揚げたモトコクチマスは、ほとんどの露天市場の屋台でチップスの代わりにマッシュドポテトとともに見られます。レストランのメニューでももちろんありますよ。

 

Sampoという方が1931年にフィンランドのクオピオの中心街で始めたレストランが、新鮮で、ボリュームも良い揚げたモトコクチマスを食べるのであればベストであると評判です。

 

モトコクチマスを釣りたい場合は南西部にあるPyhäjärviが、おすすめのポイントです。釣りにあまり興味のない方は、もちろんマーケット広場で買うこともできます。ハカニエミやカウッパトリヘルシンキでは有名です。

 

カウッパトリの紹介記事はこちら:

周辺にたくさん観光地のあるカウッパトリマーケット広場。早朝から店が立ち並ぶので早起きしてみるのも良し、観光途中で小腹が空いた時に立ち寄るにも便利ですね。

 

 

 

 

モトコクチマス揚げのレシピ

 

 

材料<4人分>

  • モトコクチマス 1キロ
  • 小麦粉
  • ライ麦粉(ない場合は小麦粉で代用)
  • 白胡椒
  • バターまたはマーガリン

 

作り方

  1. 小麦粉(2カップ)ライ麦粉(1カップ)を大きいボウルで混ぜましょう。塩と胡椒をお好みで適量加えましょう。
  2. バターまたはマーガリン(大さじ1)油(大さじ1)をしいて、フライパンを熱します。高温になりすぎないよう、火加減は調節しましょう。
  3. フライパンを熱している間に、モトコクチマスを1にまぶしましょう。
  4. 3をフライパンで両面ともに揚げます。片面3から4分程度揚げます。
  5. 必要であれば、バターまたはマーガリン、と油を加えて揚げましょう。

 

意外と簡単そうですね。マッシュドポテトと一緒に食べると、お腹もいっぱいになること間違いなし!

 

フィンランドに旅行に来られる際は、是非このフィンランドのフィッシュアンドチップス(モトコクチマス揚げ)を食べてみてください。

 

関連記事

3つあるヘルシンキの伝統市場(マーケットホール)内の1つであるヒエタラフデンホール。店舗は21つあり、10ユーロ前後で食事ができるのでヘルシンキの中ではリーズナブルでお得で…...続きを読む

オールドマーケットホールは1888年に建設、89年にオープンされた歴史のある建造物であり、市民の生活の場です。ヘルシンキ大聖堂からも近いので是非立ち寄ってみてください。中に…...続きを読む


スーパーは生活に最も密接したサービスの一つであり、最もよく通う商業場所の一つです。フィンランドのスーパーは日本とどのように違うのか、写真とともに見ていきましょう!特に…...続きを読む


ヘルシンキ中央駅から徒歩15分の距離にある旧レンガ倉庫にあります。レストランとバーの複合施設でメインディッシュは20~30ユーロで飲み物は約5~10ユーロで楽しめます。レスト…...続きを読む

ボリューム満点、安くておいしいSoppakeittiöを紹介!3つの種類のスープの中でもシーフードスープがおすすめです。今回はオールドマーケットホールにあるSoppakeittiöを訪れた時…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧スポンジワイプ

是非水回り、テーブル拭きなどにご活用頂きたいです。


二点以上のお買い上げでお得

2点のご購入で最大10%割引、5点のご購入で最大15%割引。詳細はこちら

 

 

ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら