北欧のザリガニ・パーティー!ザリガニは北欧の名物料理?!

公開日:2017年1月15日  更新日: 2018年06月08日 関連分類:

 

スウェーデン人と結婚した友達の話によると、スウェーデンでは大晦日にロブスターを食べる方が多いそうです。

 

ちなみに、友達はスウェーデン在住。

 

クレフトシ―ヴァ ザリガニパーティー!

 

2016年の大晦日にも、彼女は自宅でロブスターを食べたとのこと。
ロブスターとは一般的にオマール海老を示しますが、ウミザリガニなどとも呼ばれています。

 

スウェーデンでロブスターを特別な日に食べるのは納得。

なぜならばスウェーデンは「ザリガニ料理」が有名なんですね!このザリガニ料理はお隣のフィンランドでも名物料理。

 

夏に北欧諸国ではザリガニパーティーが開かれます。

これはザリガニ料理を味わう大盛況なイベント!家の食卓に並ぶだけではありません。

 

パーティーはもっと規模が大きく、学校や町でも開催されます。しかも歴史のあるイベントなのですよ。

もともと16世紀くらいからザリガニメニューは存在していました。

当時は高級食材で王族が楽しんでいたそうです。それが時代の流れと共に、一般市民にも普及。

 

今では立派な国民食となり、ザリガニは北欧の食生活に欠かせない食材なのであります。

 

クレフトシ―ヴァ ザリガニパーティー!

なぜパーティーは夏に開かれるのかと言いますと、ザリガニ漁は8月から2ヶ月間だけ解禁となるからです。

 

日本の鮎のように 乱獲を防ぐために期間が決まっています。期間が限定されているからこそ、今の楽しみを謳歌しようと盛り上がるのかもしれませんね!

 

最初の話に戻りますが大晦日は冬。

「解禁されていない冬にロブスターを食べてるの?」と疑問を抱かれた方もいるでしょう。

 

ザリガニは冷凍で大量輸入されているのです。こちらならばいつでも食べられます。

 

注目したいのがその食べ方。塩とディルでゆでることが多いようです。北欧好きの方はディルをよくご存じかと思いますが、中には馴染みのない方もいるでしょう。

 

ディルとはハーブの一種。スウェーデンやフィンランドでよく料理に使われます。

香りが独特なので苦手な方もいるかもしれませんが、ハマルと抜けられない風味。

イケアへ行くと、ディル風味のポテトチップスなどもあるので興味のある方は挑戦してみてくださいね!日本のスーパーでもたまに見かけます。

 

以前はディルなんて近所で買えませんでした。これって北欧人気の影響ですよね?

 

夏に北欧を旅行する方はザリガニパーティーをチェックしてくださいね。

 

現地ではザリガニパーティーはKräftskiva(クレフトシ―ヴァ)と呼ばれています。

 

これを話題にすれば地元の人と会話も盛り上がるはず!ちなみに北欧の方々は英語を話す人が多いので、英語で「ロブスターパーティー」と言っても伝わりますよ。

 

 

今回は日本スタッフのYが北欧のザリガニ話題をお届けしました。

 

最後まで読んでくれてありがとう!

 

 

ちなみにフィンランドとなると有名な料理って何だろう?って思う方もいるでしょう。

また日常生活においてスーパーで買い物をするとどのくらいかかるのか気になりませんか?

 

そんな疑問に答えるのにおすすめの記事をまとめました!

 

関連記事

フィンランドの最も代表的な食品として選ばれるほど、フィンランドには欠かせない「ライ麦パン」。何だこの硬くてすっぱくてあまり味のしない黒いパン!」と思う方もいるかもしれ…...続きを読む

フィンランドのサーモンスープ(Lohikeitto、ロヒケイット)!平凡な見た目を完全に裏切った驚異的な旨さ!材料さえ揃えればあとは切って煮込むだけと、とても簡単に作れちゃいます…...続きを読む

北欧やフィンランドと聞くと税金が高いイメージがありますよね。そのため物価水準も高いだろうと思われるかもしれません。そこで!!今日は実際にスーパーで買った基本的な食料品…...続きを読む

 

 

お薦めの北欧キッチンタオル

是非使う目的、場所に合わせて自分に合う一枚をお選びください。



ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら