フィンランド世界遺産の旅 ヴェルラ砕木・板紙工場

フィンランドの森の奥にある世界遺産:ヴェルラ砕木・板紙工場

国土の多くは森に覆われ、木材資源が豊富な国だからこその世界遺産。

今日はフィンランドの木材工業の代表例にもなりえる世界遺産をご紹介します。

2008年に世界文化遺産に登録されたヴェルラ砕木・板紙工場が他の博物館と最も異なるところは、全ての展示物は昔のまま、何も移動していなく、持ってきていなく、なくしていない状態です。唯一ないのは作業員だけ。

[wp-svg-icons icon=”book” wrap=”i”] ヴェルラ砕木・板紙工場の歴史概要

ヴェルラ木材工場は1872年にフィンランド北部の町オウルから来たエンジンニア、ヒュゴ(Hugo Neuman)に設立されました。

しかし、わずか2年で火災によって焼失してしまいました。

その後、1882年に製紙職人であるGottliebとLouisによって再設立されたうえ、板紙工場も併設しました。

1906年に株式会社となり、法人化したのち、1920年にKissakoskiという木材加工会社に買収されました。

1922年に株式がKymi社に渡され、1920年代にダム、1954年に水力発電所が増設され、1960年代まで運営されてきたが、1964年の7月18日最後の職員も定年を迎えたことで運営は終息されました。

ただし、水力発電所は引き続き地元へ電力供給を続けました。

[wp-svg-icons icon=”stack” wrap=”i”] ヴェルラ砕木・板紙工場の生産と製品

ヴェルラは当時白色の紙ボードで名を知られていました。

フィンランド国内はもちろん、ロシア、東ヨーロッパ、更に南アメリカまでの箱や製本メーカーに輸出されていました。

現代化された製紙機械によって年間の平均生産量は2千トンに上ります。

ピーク時の1943年と1951年には年間生産量2900トンに達していました。

もちろん、現在の同じ体積を持つ新型機械だとわずか1年半だけでヴェルラの生涯81年間の生産量を作り出せますが、当時10人の手も必要とするヴェルラの機械はまだ「半分手作り」とも言えます。

当時板紙を必要とする製品が多く、例えば下記のようなもの:

  • クッキー箱
  • 本の表紙
  • ケーキ皿
  • 段ボール箱
  • チーズ箱
  • タバコ箱
  • マカロン箱
  • 包装用外箱
  • 靴箱

当時の製紙工程

ヴェルラの製紙工場が特別なところは、すべての機械と装置は19世紀初期から使われて残されてきたもので、終了した1964年から全く変わっていないことです。

その当時の製紙工程は主に下記の四つです。

裁断と樹皮の除去

最初は手作業で木材を50センチサイズの塊に切り、そして樹皮除去機械に入れます。

研磨(すりつぶす)

研磨機を使って木材の塊をすりつぶして紙の原料であるパルプを作ります。

研磨機は1903年製で研磨に使用している石はスコットランドから輸入したもので、3トンに達したりします。

研磨機は高所に設置され、それで研磨されたパルプは水と重力で運ばれるようにしています。

水研磨

パルプに水が加えられ、更に研磨し、紙の原材料になります。

その後、薄く敷かれ、紙の原型になります。

乾燥

濡れている紙シートは乾燥室にて乾燥されます。

この作業は主に女性で行われていました。

毎日40立方メートルの木材が燃やされ、室内温度が摂氏75度に達したこともあります。

燃料のコストを抑えるため、夏の乾燥室も建てられ、冬の乾燥室で大変な作業を行われてきた従業員にとって、この夏用の乾燥室での作業は「休みの軽作業みたい」と言われていました。

ヴェルラ砕木・板紙工場営業概要

  • オフィシャルウェブサイト
  • 開館時間:5~9月、火~日10am~5pm(夏至節除き)、7月毎日開館10am~6pm
  • 館内ツアー:毎時間ごとフィンランド語にて催行。英語などはリクエストによって催行。
  • 入場料:成人10ユーロ、学生・年金受給者8ユーロ、20名以上グループ:8ユーロ/名、18歳以下無料。
  • 売店:敷地にはランチカフェがあり、11am~3pm営業
  • 住所:Verlantie 295, 47850 Verla
  • 交通手段:ヘルシンキより北東約160キロ。レンタカーをお薦めします。バスしか通っておらず、週に2日しか運航していません(Matkahuolto)。
  • 地図

 

ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら