5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(4)

公開日:2018年3月19日  関連分類:  

ムーミン小説/童話『ムーミン谷の仲間たち』の中にある9個の小物語の5個目の物語はあるヘムレンさんのお話です。

ちなみに、ヘムレンは種族の名前で、今回登場するヘムレンさんをムーミンアニメで登場したヘムレンさんと勘違いしないようにしてくださいね。

 

静かなのが好きなヘムレンさん

ずっと昔のことですが、あるヘムレンさんがある遊園地で働いていました。

彼は遊園地の入り口で入場券にパチンと穴をあけて入場券が二回も使われないようにするお仕事でした。

 

遊園地は他の遠い親戚であるヘムレンさんたちが共同経営しているが、入場券をパチンとする仕事をしているヘムレンさん(本文で「ヘムレンさん」というのは全てこの人を指します)とは近い関係ではありません。

 

ヘムレンさんは静かなのが好きで、何がすごい仕事をするとかの目標がありません。彼の夢は年金生活だけです。

それで、年金生活の夢を見ながら毎日入場券をパチンパチンとする仕事を淡々と続けていました。

 

商品ページ:ムーミンエコバッグ:ムーミン原画(ブラック) / Blue House / フィンランド 北欧

 

大雨と洪水に破壊された遊園地とヘムレンさんの行方は?

しかし、ある日から雨が降り続き、なんと8週間も降り続いていました。

 

雨がずっと降っているせいで遊園地が水没し、遊園地の「鏡の部屋」は崩れ落ち、「不思議の庭」のピンク色の紙のバラが水に浮かんで流されていき、何でもかんでも壊れていきました。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

子供たちは絶望に陥り、すごく悲しんでいました。

ヘムレンさんは仕事を休まざるを得ないことになりました。

 

しかし、遊園地を経営している他のヘムレンさんたちは悲しむところか、上機嫌で遊園地をスケートリングに作り替えようと計画していました。

 

経営しているヘムレンさんたちはヘムレンさんとお話をして「スケートリングができたらまた入場券パチン係をさせてやるよ」と慰めたが、ヘムレンさんはただ静かな場所で老年年金をもらって生活したいと返事したら、ヘムレンたちから「じゃ、あの使われていないおばあさんの大きいな公園をやるよ」と言いました。

 

公園に引っ越して静かな生活を始めたヘムレンさん

ヘムレンさんはそれでおばあさんの公園に引っ越すことになりました。

その公園はずっと前から廃棄され、整備されていない状態でしたが、ヘムレンさんは公園にあるおばあさんの古い家に住むことにしました。

 

翌日の朝、小さい動物のホムサが経営者のヘムレンさんたちからヘムレンさんへ届ける弁当を持ってきました。

その際に、ホムサはヘムレンさんにある秘密を伝えました。

「子供たちはとても悲しんでいるよ。スケートリングが作られても我々冬には冬眠するし、どっちみち使えないよ」

「しかし、我々子供たちは遊園地から流されたものを全て拾って修理し、フィリフヨンカの小屋に入れたよ」

 

 

ヘムレンさんに起こった不思議な変化と行動

ヘムレンさんは子供たちのことをすごくかわいそうだなと思いました。

そして、その日にヘムレンさんはおばあさんの家の後ろにあるあずま屋の修繕に取り掛かりました。空が暗くなって見えなくなるまで止まることがありませんでした。

 

翌日公園の門の外に子供たちが修理した遊園地の品物を持ってきて置いていました。

それを見たヘムレンさんはあずま屋の修繕仕事を続けたが、突然天井が落ちてヘムレンさんがすごくがっかりしてこの仕事をやめようとしました。

 

しかし、少し経ったら、ヘムレンさんは外に行って遊園地のものを全て公園内に引っ張り込みました。

 

ヘムレンさんはそれから何日間も続けてメリーゴーランドをカルーセルに作り替えたり、ローラーコースターを作ったりしていました。

必要な材料と食事を経営者のヘムレンさんたちから調達し、ヘムレンさんたちも快く資材をくれました。

 

ヘムレンさんは毎日疲れ切っていたが、心はとても満ち足りていました。

 

※商品ページ:ムーミン マグ カップ : ストックマン150周年 2012年 限定 / Arabia / フィンランド 北欧

 

新しい遊園地と新しいヘムレンさん

その後、子供たちも手伝ってくれるようになりました。

他の人々も鍋、カーテン、キャラメルなど様々なものを持ち寄ってくれました。

 

公園がどんどん不思議な形になっていき、ようやく出来上がりました。

ここは遊園地ではなく、沈黙の園なんだ」とヘムレンさんが言いました。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

それを聞いた子供たちは新しい遊園地を迎え、楽しく「静かに」遊び始めました。

ヘムレンさんはフィリフヨンカさんのハンモックで寝ようとしました。

 

しかし、周りがすごく静かで、もしかしたら子供たちはつまらないからもう帰ってしまったのかと思い、起き上がって公園を見渡しました。

子供は静かに楽しく遊んでいました。誰も帰っていませんでした。

 

ヘムレンさんは思いました。

「明日はこう言おう:『きみらは笑ってもいいし、少し歌ってもいいよ。でもそれ以上はだめだよ』」

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(1)
公開日:2018年2月28日 
ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になりますね)   今回は『ムーミン谷の仲間たち』のダイジェスト記事をご紹介します。  …...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(2)
公開日:2018年3月2日 
家を出たホムサは敵も泥蛇も幽霊馬車もすべて本当だと信じていました。 彼は南極を発見した沼地に戻り、沼地のずっと向こうに明かりが一つともっていることに気づきました。 &nbs…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(3)
公開日:2018年3月3日 
外に飛び出たフィリフヨンカは気が付いたら砂の上に座り込んでいました。 嵐は相変わらず荒れ狂っていました。   ところで、気が付いたらあのやましい音は消えてしまい、嵐…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(4)
公開日:2018年3月19日 
ムーミン小説/童話『ムーミン谷の仲間たち』の中にある9個の小物語の5個目の物語はあるヘムレンさんのお話です。 ちなみに、ヘムレンは種族の名前で、今回登場するヘムレンさん…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(5)
公開日:2018年3月20日 
静かなのが大好きなヘムレンさんの話の次は「目に見えない子」の話です。 果たしてそれはどのような話でしょう。   目に見えない子のニンニ ある雨が少し降っている暗い日の…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(6)
公開日:2018年3月21日 
島に着いた3人のニョロニョロは島に上陸し、島のてっぺんに立っていました。 ムーミンパパも島に上陸したが、島全体が大量且つとても小さい赤いくもに覆われていることに気づき…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(7)
公開日:2018年3月22日 
病院から戻ってきておばさんは考えました。 「若い時にアマゾン川を探検したみたいと思ったこともあったし、孤児達に大きくて綺麗な家を建てようと考えたこともあったし、噴火し…...続きを読む


5分で読むムーミン小説:ムーミンパパ海へいく(1)
公開日:2018年4月14日 
全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。 今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介していきます。 &nbs…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。










ショップコンセプト

1.北欧・フィンランドというと?

北欧・フィンランドというと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.北欧・フィンランドのデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。フィンランド出身のムーミンの背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表デザインの一つになります。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーが北欧・フィンランドに多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォームはこちら、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「北欧・フィンランドと日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら