5分で読むムーミン小説:ムーミン谷の仲間たち(5)

公開日:2018年3月20日  関連分類:  

静かなのが大好きなヘムレンさんの話の次は「目に見えない子」の話です。

果たしてそれはどのような話でしょう。

 

目に見えない子のニンニ

ある雨が少し降っている暗い日の夕方にムーミン一家はベランダのテーブルを囲んで森から採ったキノコについている土を落としていました。

 

その時、おしゃまさん(トゥーティッキ)がある女の子を連れてムーミン屋敷を訪ねました。

 

ムーミン一家がどう見ても女の子の姿が見えず、おしゃまさんが説明しました。

「この子は『ニンニ』というの。おばさんからひどくいじめられて毎日皮肉を言われ、徐々に自分の姿が見えなくなりました。見えないから世話できないとの言い訳で、そのおばさんはこの子を私へよこしたの」

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ニンニは姿が見えないだけではなく、口もきかないです。

彼女を確認する唯一の方法はおばさんが彼女の首につけた鈴とそこから発した音だけでした。

 

おしゃまさんは、ニンニがムーミン一家と一緒に生活したら、ニンニも元の姿を取り戻せるのではないかと思い、彼女をムーミン屋敷に連れてきたわけです。

 

これでニンニが暫くムーミン屋敷で生活することになりました。

 

ムーミン屋敷で新しい生活を始めるニンニ

ムーミン一家は姿が見えず、話もしない子には興味津々でしたが、気を使って普段通りの雰囲気で生活していました。

ムーミンママはニンニの部屋や食べ物を準備し、自分のおばあさんが残してくれたお薬手帳を確認し、姿が見えなくなった時に飲む薬の処方箋を見つけ出し、ニンニのためにお薬まで準備しました。

 

このようにやさしくされているうちに、ニンニの足が見えるようになりました

しかし、リトルミイのストレートにきつい言葉を言ったことによってニンニの足の色がまた薄くなってしまいました。

 

※商品ページ:ムーミンエコバッグ:リトルミィ(レッド) / Blue House / フィンランド 北欧

 

その後、ムーミンママは自分の昔の服を取り出し、小さい服に作り替え、余ったきりで大きいなリボンもこしらえました。

翌日その服を着たニンニは首まで見えるようになり、初めて話しました。

「みなさん、いろいろとありがとう」

 

ムーミンとリトルミイはニンニに遊びを教えようとしたが、ニンニはあまり慣れず、うまくいきませんでした。

 

それから時間がたち、ニンニはずっと顔が見えないままでした。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ムーミン一家と海辺に行ったニンニに何か起こった!?

ある日ムーミン一家は海辺に出ることになり、ニンニもついていきました。

海辺で色んなことをやったら、ムーミンママは桟橋に腰を掛け、最近面白い事件が何も起こらなかったなと言いました。

 

それを聞いたムーミンパパはちょっといたずらでもやろうと思い、ムーミンママの背後に忍び寄りました。

その瞬間、ニンニが走ってきてムーミンパパのしっぽに噛みついて言い出しました。

「おばさんをこんなに大きくて怖い海に突き落とそうとしたらきかないから!」

 

ムーミンパパは海に転び落ち、足が底について立ち上がったら両耳は泥だらけになりました。

 

見えたよ。見えたよ。とてもかわいい子だよ!」とムーミンが言いました。

 

 

今まで笑ったことがないニンニはムーミンパパの姿を見て笑い出しました。

おしゃまさんはムーミンママに言いました。

あんたがたはあの子をすっかり作り替えちまったようね。ニンニの性格がリトルミイよりも悪くなったわね。でも、肝心なのは、もちろん、あの子が見えるようになったってことだわ

 

「それはみんな、おばあちゃんのおかげですよ」とムーミンママは言いました。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

 

ニョロニョロの秘密(ムーミンパパと)

ある日、ムーミンパパは突然家を出ていきました。何も前兆なしに。

ムーミンママはムーミンパパが必ず帰ってくると信じて家で待っていました。

 

その日よりも少し前のことだが、ムーミン一家はある海辺にピックニックに行きました。

帰りに岬のほうから白い船が出てくるのが見え、ヘムレンさんがそれはニョロニョロだよと言っていました。

その日からどうしようもない憧れと憂鬱がムーミンパパを襲ったのでした。

 

※写真は書籍より撮影して引用:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ムーミンパパはずっと西に歩き、海辺に着きました。

何もないと思ったら1そうの小さい白いボードがゆっくり岸に沿って進んできたのです。

ボードには3人のニョロニョロがいました。

 

ムーミンパパとニョロニョロ達の旅

ムーミンパパは話をかけてみたが、ニョロニョロは手を振るだけで何も返事しませんでした。

ムーミンパパは昔にニョロニョロはそんなに危険な生き物ではないと昔に聞いたことがあり、船に這い上がり、ニョロニョロと一緒に海に出ました。

 

ボードの上でムーミンパパはずっとニョロニョロに声をかけていたが、返事がないので途中でやめてニョロニョロと同じようにずっと遠い水平線を見ることにしました。

 

夜にとても小さくて険しい島に着きました……

 

続く。

 

※参考書籍:『ムーミン谷の仲間たち』講談社、トーベ・ヤンソン/作・絵、山室静/訳、1990年発行

 

ムーミン童話小説全8巻もいよいよ6巻目になります。(別巻も入れると、7巻目になりますね)   今回は『ムーミン谷の仲間たち』のダイジェスト記事をご紹介します。  …...続きを読む


家を出たホムサは敵も泥蛇も幽霊馬車もすべて本当だと信じていました。 彼は南極を発見した沼地に戻り、沼地のずっと向こうに明かりが一つともっていることに気づきました。 &nbs…...続きを読む


外に飛び出たフィリフヨンカは気が付いたら砂の上に座り込んでいました。 嵐は相変わらず荒れ狂っていました。   ところで、気が付いたらあのやましい音は消えてしまい、嵐…...続きを読む


ムーミン小説/童話『ムーミン谷の仲間たち』の中にある9個の小物語の5個目の物語はあるヘムレンさんのお話です。 ちなみに、ヘムレンは種族の名前で、今回登場するヘムレンさん…...続きを読む


静かなのが大好きなヘムレンさんの話の次は「目に見えない子」の話です。 果たしてそれはどのような話でしょう。   目に見えない子のニンニ ある雨が少し降っている暗い日の…...続きを読む


島に着いた3人のニョロニョロは島に上陸し、島のてっぺんに立っていました。 ムーミンパパも島に上陸したが、島全体が大量且つとても小さい赤いくもに覆われていることに気づき…...続きを読む


病院から戻ってきておばさんは考えました。 「若い時にアマゾン川を探検したみたいと思ったこともあったし、孤児達に大きくて綺麗な家を建てようと考えたこともあったし、噴火し…...続きを読む


全部9作あるムーミンの小説童話のダイジェスト版作成はいよいよ最後の2冊となりました。 今回は『ムーミンパパ海へいく』のダイジェストバージョンをご紹介していきます。 &nbs…...続きを読む

 

お薦めムーミングッズ

かわいいムーミンが色々な形で登場します!是非参考にご覧ください。








ショップコンセプト

1.フィンランド 北欧というと?

フィンランドもしくは北欧というと「幸福度が高い」「社会福利が充実」「なんかみんな楽しく生活している」というイメージを持つのでしょうか。ただし、実際に見て感じてみると、合致する部分もそうではない部分も見えてきます。良いと思う部分をうまく取り入れ、そうではない部分も積極的に理解することが大切だと思います。そのため、キートスショップは「フィンランドもしくは北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことの実現を目指していきたいです。

2.フィンランド・北欧のデザイン

北欧にあるフィンランドは毎年冬が寒くて暗いです。家の中で生活する時間が非常に長いフィンランド人はちゃんと室内の生活を楽しもうと発展してきたのは生活製品のデザインです。そんなフィンランドデザインの特徴は「シンプル」「スタイリッシュ」「温もり」「ナチュラル」「鮮やか」。デザイン性の高さに加え、機能性にも優れているのが更なる魅力です。また、フィンランド出身の原作者トーベ・ヤンソンが作り出した「ムーミン」の背後にある原作者の思いや哲学もフィンランド代表の一つです。

3.「隠れ」デザインの魅力

人気ブランドのマリメッコやイッタラ、アラビアなどは知られており、キートスショップは日本の方々に届かない製品を届けるサービスを提供しております。また、優れたものを作りながら知られていない小さなメーカーやデザイナーがフィンランドもしくは北欧に多数存在しています。良い製品・作品が埋もれてしまうのは、とてももったいないこと。

キートスショップは、そのようなメーカーやデザイナーの製品・作品を発掘しながら応援活動も行っております。まだ知られていない北欧雑貨を日本の方々へ届け、より幸せな生活を送って頂きたいという思いです。

4.運営に「誠実」と「感謝」

「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」目標に目指しながら、キートスショップは感謝の気持ちをベースに「誠実に対応する」ことを運営の第一事項にしております。いかなることに関しても最大限誠実な対応を致しますので、ご意見・ご質問は随時お問い合わせください。遅くても24時間以内にご返答致します。お問合せフォーム、メール:ken@kiitos.shop。

5.キートスショップの名前

Kiitos」はフィンランド語で「ありがとう」を意味する言葉。『フィンランドには優れたデザインや製品を提供してくださることに、日本の方々には外国の文化を理解して頂くことに感謝し、ショップ経営に取り組んで行きたい』そのような思いから、ショップ名を「キートスショップ」にしました。

キートスショップは、「フィンランドや北欧と日本の交流を促進し、人々により幸せな生活をして頂く」ことが実現されるよう努めてまいります。

キートスショップスタッフ一同より(フールバージョンはこちら